ゴルゴラインを消すための5つの改善法!セルフで治す方法や美容整形も!

ゴルゴラインとは?改善できるの?

ゴルゴラインは目の下から頬の中央にかけてできる線のことです。この線があると老けた印象になってしまうのでなんとかして改善したいという人もいるでしょう。 改善するためにはまず、できてしまう原因を知っておく必要があります。 今回はゴルゴラインができる原因と、その改善方法について紹介していきます。

ゴルゴライン(ゴルゴ線)とは?

ゴルゴラインというのはしわではなく、頬の皮膚や筋肉がたるみ、脂肪が下がってしまうことで発生してしまうくぼみです。 これは加齢が原因になるだけでなく骨格や皮下脂肪の分布によってもできやすさが変わってきます。 一般的に頬骨が平らに近い人の方が出やすいと言われており、頬骨が出っ張っている人はあまりできないようです。ゴルゴラインがあると老けて見える・疲れて見えるといった印象を与えてしまうでしょう。

ゴルゴラインができる原因

①加齢・紫外線ダメージ・乾燥による肌のハリと弾力の低下

ゴルゴラインは乾燥による肌のハリや弾力の低下によってできてしまうことがあります。 他にも加齢紫外線を過度に浴びることでみコラーゲンやエラスチンの質が変質してしまいます。結果として真皮を支えることができなくなってしまうでしょう。

②目の疲労

ゴルゴラインは肌のたるみや筋肉の衰えだけでなく、目の疲労によって発生してしまうこともあります。 特に20代や30代で目立つ場合、目を使い過ぎていることが主な原因と考えられています。 仕事でパソコンやスマートフォンを長時間使っているという人もいるでしょう。しかし、目を酷使することで目の疲労が溜まるだけでなく、血流も悪くなってしまいます。 血流が悪くなると必要な酸素や栄養素がしっかり届かなくなるため、ゴルゴラインが目立ってしまうでしょう。

③表情筋の衰え

ゴルゴラインは表情筋の衰えが原因で発生してしまうこともあります。 人間の顔には数十種類もの筋肉が存在しており、表情筋は体と異なる働きをしています。表情筋の主な役割は顔の細かい表情を作り出すということです。 この表情筋は加齢によって衰えてしまうこともありますが、若くても普段から表情筋を使わない生活をしている場合は衰えやすいと言われています。 普段あまり笑わない人無表情で過ごすことが多い人などは注意しましょう。

自分でできるゴルゴラインの対処法

①セルフマッサージ

ゴルゴラインを改善するためには、自分でできる方法としてマッサージがあります。 まずは両手の人差し指と中指を使い、頬骨の下にある筋肉をしっかりしほぐしましょう。 次に小鼻の横から耳の方に向かって押していき、顎から上に向かって頬を引き上げていくというマッサージです。 マッサージはあまり力を入れずに行うことがポイントであり、力を入れ過ぎると悪化してしまうこともあるので注意しましょう。クリームなどを塗ってからマッサージをすると良いでしょう。

②表情筋を鍛えるエクササイズを行う

ゴルゴラインを自分で目立たなくさせたいという場合、エクササイズで表情筋を鍛えるという方法もあります。 年齢を重ねるごとに皮下脂肪が減ってしまう上に、目を酷使することで目の周りの筋肉が脂肪を支えられなくなってしまうと言われています。あまり表情を変えずに生活している人は表情筋が衰えてしまうでしょう。 そこでエクササイズを行うことにより、緩んだ筋肉を引き上げることができそうです。 普段から笑顔を意識するだけでも表情筋を鍛えることに繋がります。

美容医療で行うゴルゴラインの対処法

①フェイスリフト

ゴルゴラインの改善に効果を見込めるのが美容医療の中のフェイスリフトです。 フェイスリフトといってもその方法には、ヒアルロン酸などの注入系のもの、レーザーや高周波といったマシンによるもの、糸を挿入して上に引き上げる方法、切開をして直接上に引き上げるものまで様々です。 比較的リーズナブルな施術では10万円〜20万円、高い効果が見込める方法では、80万円〜100万円程かかるでしょう。 特に切開を伴う方法では半永久的な効果が見込めますが、その分、長いダウンタイムが必要です。

②ヒアルロン酸注入

比較的リーズナブルで手軽に行える方法として、ヒアルロン酸注入でゴルゴラインを改善したいという人もいるでしょう。 ヒアルロン酸注入はプチ整形の1つであり、ヒアルロン酸を気になる部分に注入することでふくらみを持たせゴルゴラインの改善に効果が期待できるという施術です。 ヒアルロン酸注入は注射のみの施術なので、傷跡が残るリスクが低く、ダウンタイムが短いこともポイントです。 そのため、比較的手軽に受けることができますが、効果の持続期間は半年程度でしょう。費用はヒアルロン酸の使用量や種類、クリニックによって異なっていますが、約10万円程度が相場と言われています。 ただし、ゴルゴラインが深い場合には、ヒアルロン酸注入では目立たなくさせることができないこともあると知っておかなければなりません。

③脂肪注入法

ゴルゴラインは脂肪注入法で改善するという方法もあります。 これは自身の脂肪細胞を注入してふくらみを持たせるという方法であり、脂肪は太ももなどから採取します。 ヒアルロン酸と比べてダウンタイムが長く、腫れや内出血などが出やすいという特徴があります。しかし、自身の脂肪を使うので定着しやすく、ヒアルロン酸よりも効果が長く続く可能性があるというメリットが挙げられます。 もちろん一度施術を行えば二度とゴルゴラインが出ないというわけではなく、年齢を重ねれば再び目立ってしまうこともあります。費用の相場は1回あたり15万円〜20万円程度かかるようです。

ゴルゴラインができる原因を知り、適切な方法で改善しよう

ゴルゴラインがあると老けた印象を与えてしまいます。 ゴルゴライン の原因は加齢だけでなく、目の使いすぎや表情筋の低下などが原因になっていることも少なくないと言われています。特に比較的若い年代の方でゴルゴラインができてしまうと老けた印象を与えてしまいますよね。 これを改善するにはセルフで行う方法から美容医療による方法まで様々です。 どの方法が一番効果期待できるというわけではなく、自分の症状・状態にあった方法で改善することが重要です。そのためには、原因を知ることからはじめてみてくださいね。

関連記事