まぶたの脂肪取りについて|受ける前に知っておきたいデメリット・リスクを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

まぶたの脂肪取りはデメリットが多いかも...

厚ぼったい・腫れぼったいまぶたに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 「目」は鼻と同様に顔の印象を決めるパーツでもあるので、改善するにはまぶたの脂肪取りが必要であると考えている方も多いです。 実は、まぶたの脂肪取りをしても思っている効果が得られなかったり、将来的にくぼみ目や上まぶたの凹みで悩んでしまったりする方もいるんです。 今回は気になるまぶたの脂肪取りについて、デメリット・リスクを紹介していきます。

まぶたの脂肪取りとは?

まぶたの脂肪取りは、実際には「吸引」ではなく「除去」です。通常、上眼瞼脱脂・上まぶたの脂肪取りなどと言われている方法です。 脂肪による暑いまぶたを除去することで、理想の二重を形成したり、ぱっちりとした目元に近づけると言われています。

まぶたの脂肪取りが向いている人とは?

重たいまぶたからぱっちりとした目元に近づくためには、まぶたの脂肪取りが必要になってきます。 まぶたの脂肪取りでは、眼窩脂肪と言われる脂肪を除去します。 この眼窩脂肪はしっかりとした厚みのある脂肪で、もともと眼窩脂肪が厚い方やまぶたが垂れ下がっている方などに向いている方法でしょう。 ただし、理想の目元にしたいからといってまぶたの脂肪取りをしても効果が得られないという方もいるので注意しなければなりません。

まぶたの脂肪取りはくぼみ・凹みを悪化させてしまうかも...

まぶたが腫れぼったく見えてしまう原因は様々ですが、その一つに眼窩脂肪の暑さが関係していると言われています。 しかし、この眼窩脂肪は年齢を重ねるごとに自然と量が減少していくとされており、加齢によってその悩みを解消できる可能性が出てきます。 ここで注意したいのが、まぶたの脂肪取り後です。若い頃に眼窩脂肪を取りすぎてしまうことです。加齢とともに、通常よりもくぼみ・凹みが目立ってしまうというケースも少なくありません。 そのため、本当にまぶたの脂肪取りが必要かどうかを見極めてもらうようにしてくださいね。

まぶたの脂肪取りを受けるなら慎重なクリニック・医師選びが重要

腫れぼったいまぶたは、マイナスな印象を与えてしまうことが多いです。そのため、まぶたの脂肪を無くしたいと思う方も少なくありません。 しかし、必ずしも腫れぼったいまぶたが脂肪だけとは限りません。眼窩脂肪よりも前にあるROOFや皮膚などの組織が原因となっていることも。この場合、まぶたの脂肪取りをしても、思っていたような仕上がりにならなかったということも出てきます。 また、将来、まぶたの脂肪取りをしたことで上まぶたのくぼみ・凹みが目立ってしまうこともあります。 そのため、本当に施術が必要なのかを含めて専門性・技術力の高い医師に見てもらう必要があります。失敗・トラブルにならないためにも、まぶたの脂肪取りを受ける場合には、クリニック・医師選びを慎重に行なってくださいね。

関連記事