下唇が出てしまうことについて|原因・対処方法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

下唇が出ているのはなぜ?

顎をおさえている女性の口元 Eラインとは、鼻先と顎先を一直線上に結んだラインのことで、このラインよりも唇が内側に収まっていることが美しい横顔の条件と言われています。 しかし、下唇が出ていると美しい横顔にはならず、自信が持てないという方も少なくありません。 では、なぜ下唇が出てしまうのでしょうか。 今回は、下唇が出てしまう原因とその改善方法について紹介していきます。

下唇が出ている原因とは?

顎に手を置いて何かを考えている女性 下唇が出てる原因としてまず挙げられるのが受け口で、下の歯が上の歯にかぶさっているような状態です。 また、歯が正常な位置にあっても、下唇に極端な厚みがある場合にも、下唇が出てるように見えてしまうでしょう。 さらに、顎先に無駄な筋肉がある場合も下唇が出てしまう原因となります。

下唇が出ているときの対処法

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

①口運動・体操

下唇が出てる原因となる顎先の無駄な筋肉を落とすために行うのが、口運動・体操です。 舌を歯の外側を這わせるようにしたり、顎先を指の腹を使ってマッサージをするなどさまざまなものがあり、ネット上にも数多く公開されています。 どういった口運動や体操がどの程度の効果があるかは、顎先の筋肉の状態によってもそれぞれ違いますので、自分に合った口運動や体操を探してトライしてみるのも良いでしょう。

②メイクで目立たないようにカバーする

下唇が出てるのを目立たなくする方法として、メイク方法を工夫してみるといった方法もあります。 真っ赤な口紅などは下唇の厚さを目立たせてしまうので、ベージュ系などの肌に合ったナチュラルな感じを選ぶようにすると良いでしょう。 また、コンシーラーを使って下唇の輪郭の外側を消して、少し内側に唇のラインを書く方法もあります。

③歯科矯正

受け口によって下唇が出てる場合は、歯列矯正を受ける方法もあります。 歯並びを矯正するために、ブラケット矯正やインプラント矯正などを行います。 受け口を治すことで改善が期待できますが、効果の程度は個人差です。 また、費用も施術方法や矯正する歯の本数によって変わり、一般的には健康保険が適用されないので費用は高額になるでしょう。ただし、症状によっては健康保険が適用されるケースもあります。

④口唇縮小術

口唇縮小術は唇が厚いことで下唇が出てる人に効果が期待できる方法です。 口唇縮小術は下唇の余分な粘膜や筋肉を切除して縫合することで、下唇を改善することができるでしょう。 術後の腫れ・痛み・内出血は個人差にもよりますが、腫れが引くまでは外出を控えたり、マスクを着用したりする方が良いケースもあります。 費用は受けるクリニックによっても異なりますが、下唇のみで約20万円が相場になるでしょう。

歯列矯正や口唇縮小は慎重なクリニック・医師選びが重要

人差し指を立てて注意点を示している女性 美容皮膚科や美容外科で下唇の突出を改善するには、歯列矯正や口唇縮小などの方法がありますが、いずれも専門性・技術力が求められます。 そのため、この分野で信頼できる医師を選びましょう。 また、施術は医師選びだけでなく事前にカウンセリングも重要です。カウンセリングでしっかり医師とコミュニケーションが取れないと、術後の失敗・トラブルを引き起こす可能性が高くなるので注意してくださいね。

下唇が出ている場合には原因を知り適切な方法で改善しよう

鏡で口元を確認している女の子 下唇が出てるいるのにはさまざまな原因があります。 それらを改善するには、自分で手軽にできる方法から、専門性・技術力の高い医師による治療を受けた方が良いケースなど様々です。 まずは、下唇が出ている原因を知り、自分にあった改善方法を提案してもらうことからはじめてみてくださいね。

関連記事