デリケートゾーンの黒ずみ|美容皮膚科での治療方法とメリット・デメリットを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

美容皮膚科で行われているデリケートゾーンの黒ずみの治療方法とは?

何かを思いついた女性 デリケートゾーンの黒ずみが気になっている人は多いでしょう。 改善する方法としては、黒ずみ専用のケア用品や下着の素材などを変えるなどがあります。 しかし、あまり即効性は期待できず、白くするまでには時間がかかります。 セルフケアよりも比較的即効性が期待できる方法としては、美容皮膚科で治療を受けるということです。では、美容皮膚科ではどんな治療が行われるのでしょうか? 今回は、美容皮膚科で行われているデリケートゾーンの黒ずみ治療の方法とそのメリット・デメリットを紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみは色素沈着かも...

頭を抱えて悩んでいる女性 デリケートゾーンの黒ずみは色素沈着によって発生すると言われています。 色素沈着の原因となるメラニン色素は体内で作られるものであり、肌を守るという働きがあります。 しかし、作られ過ぎると色素沈着の原因となってしまうので注意しなければなりません。

デリケートゾーンに黒ずみが起こる原因

びっくりして驚いている顔

ホルモンバランスの乱れ

肌の黒ずみはさまざまな原因で発生してしまいます。 まず、考えられることとしては、ホルモンバランスの乱れです。 ホルモンバランスが乱れると黒ずみの原因となるメラニン色素の生成を促してしまいます。 また、肌の生まれ変わりにも密接しており、乱れると肌の生まれ変わりが遅れます。 これにより、増えたメラニン色素が生まれ変わりが遅くなっている肌に残ることで黒ずんでしまうでしょう。

刺激

デリケートゾーンは刺激が原因で黒ずんでしまうこともあります。 中でも、下着の締め付けムダ毛の自己処理は肌への刺激が強く、ダメージが蓄積されやすくなります。普段身に着けている下着のサイズが合っているか、ムダ毛の処理方法は間違っていない化などををチェックしましょう。

美容皮膚科で受けるデリケートゾーンの黒ずみ治療の方法

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

内服薬(トラネキサム酸やビタミン剤など)

メラニン色素が大量に作られてしまうと色素沈着の原因になってしまいます。 デリケートゾーンの黒ずみで美容皮膚科を受診すると内服薬が処方されることがあります。 内服薬としては、トラネキサム酸ビタミンCなどがあり、体の内側から肌の状態を改善することで、デリケートゾンの黒ずみも改善が見込めます。 《メリット・デメリット》 色素沈着は内服薬を使ってケアすることもできると言われています。 内服薬として使われるトラネキサム酸やビタミンCなどは安全性が高く、副作用のリスクはほとんどないことがメリットです。 デメリットとして、食欲不振・吐き気などが起こってしまうことがあるようです。多くの場合、一時的な症状なのであまり心配しなくても良いでしょう。 しかし、血栓ができやすい人はドクターに相談してから服用する必要があります。

外用薬(ハイドロキノン・トレチノインなど)

美容皮膚科では外用薬によるデリケートゾーンの黒ずみ治療も行っています。 よく使われるのはハイドロキノンという薬で、これはメラニン色素を減らす効果やメラニン色素を薄くするといった効果期待できます。 使用することで、結果として肌を白くすることが見込め、黒くなったデリケートゾンの改善ができそうです。 また、トレチノインという薬にはハイドロキノンの浸透をサポートする効果があると言われており、併用することで高い効果を見込めるかもしれません。 《メリット・デメリット》 外用薬は黒くなった肌のケアに比較的向いている方法で、手軽に使えるというメリットがあります。 また、効果が強力なので即効性も期待できると言われていますが、副作用のリスクもあることを知っておきましょう。 外用薬の副作用としては、赤み・痒みなどといったものが挙げられます。 さらに、効果が強すぎると肌が白くなりすぎてしまうというデメリットもあるため、取り扱いには注意しなければなりません。

デリケートゾーンの医療用ピーリング剤

美容皮膚科ではピーリング剤によるデリケートゾーンの黒ずみ治療を行っていることもあります。 ピーリングでは、肌の表面のメラニン色素が溜まっている角質を除去することで、黒ずみを薄くすることなどでができるでしょう。 また、ピーリングを行うことで肌のターンオーバーを促す効果も期待できます。それによって黒ずんだ肌の細胞を入れ替えることができるでしょう。 《メリット・デメリット》 不要な角質が肌に残っていると肌が硬くなってしまいます。ピーリング剤を行うと不要な角質が無くなり、肌がきれいになって柔らかくなるでしょう。 また、ピーリング剤には肌を白くするだけでなくターンオーバーを整えるというメリットもあります。 デメリットとしては肌への負担が大きくなるということが挙げられます。 また、刺激によって逆に黒ずみが悪化してしまうこともあります。

レーザー

美容皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみを解消したいという場合、レーザー治療を受けるという方法もあります。 レーザーといっても人体には無害で、肌の黒くなっている部分にしか反応しないということです。 レーザーを照射することで肌のメラニン色素を除去する効果が期待でき、手術ではないので比較的手軽に受けられるのも施術の魅力です。 レーザー治療は1回で完了するわけではなく、効果の出方に個人差がありますが、約5~10回程度の施術が必要にな流でしょう。 《メリット・デメリット》 レーザー治療は切開をしないため、体へかかる負担が少ないというメリットがあります。 比較的手軽に受けられる治療として人気の高い施術ですが、日焼け・妊娠中・授乳中の方は、この治療を受けられないので注意しましょう。 また、施術後に肌の赤みが出やすいというデメリットもあります。

小陰唇縮小

薬やレーザーでデリケートゾンの黒ずみが改善できなかった場合には、小陰唇縮小術という方法があります。 小陰唇が肥大して擦れてしまうことが原因で、デリケートゾーンが黒ずんでいる場合にこの方法が行われます。 また、小陰唇縮小術を受けることで、臭いの原因なども改善することができるでしょう。 《メリット・デメリット》 小陰唇縮小術を受けることで、肥大化した小陰唇を理想の形に整えることが期待できます。それによって擦れにくくなり、摩擦による刺激・黒ずみの改善も見込めるでしょう。 デメリットとしては、激しい運動をすると腫れやすくなってしまうため、安静に過ごさなければならないという点があげられそうです。

美容皮膚科での治療と合わせて注意すること

人差し指を立てて注意点を示している女性

下着やナプキンの素材を肌に優しいものに変える

デリケートゾーンの黒ずみを改善したいという場合、普段使用している下着やナプキンの素材に気を付ける必要があります。肌に優しい素材に変えれば肌への負担を軽減できるでしょう。

こするなどの刺激を最小限する

デリケートゾーンは皮膚が薄く敏感なので、できるだけ刺激を与えないようにすることが大切です。 入浴の際に力を入れて擦ってしまうと刺激が大きくなってしまい、メラニン色素が多く作られてしまいます。刺激を軽減することでメラニン色素の生成量を減らすことに繋がるでしょう。

自己処理でダメージを与えない

デリケートゾーンのムダ毛はカミソリや毛抜きなどで自己処理することもできます。しかし、これらは肌への刺激がかなり強く、メラニン色素の生成を促し、黒ずんでしまいます。 そのため、肌への刺激を抑えるには、肌へかかる負担が少ない電気シェーバーを使用するか、エステサロンや医療レーザー脱毛でムダ毛の処理を行いましょう。

デリケートゾーンの黒ずみは美容皮膚科で改善しよう

海の近くで水着を着ているスタイルのいい女性 デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法は様々です。 比較的短期間で改善をしたい場合には、美容皮膚科で治療を受けた方が良いでしょう。 ただし、美容皮膚科で治療するだけでなく、普段から自己処理や下着の素材などに気を使っていくことも重要です。

関連記事