ニキビ跡レーザー治療にかかる費用は?種類によって料金や特徴が違う!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビ跡レーザー治療にかかる費用について

たくさんの1万円札ニキビ跡を解消するために、レーザー治療がおすすめになってきます。とはいえ、レーザー治療にかかってくる費用はそれぞれのケースで異なってきます。 具体的にどのくらいの金額が必要になってくるのか、治療の種類も含めて今一度チェックしていく事から始めていきましょう。

ニキビ跡レーザーにはさまざまな種類がある

こめかみのマッサージをされている女性ニキビ跡の治療と一口に言ってもその種類には色々なものがあります。具体的にどの治療を選択するのかは人それぞれで異なってきますが、まずは自身の症状・状態にあった治療はどれなのか、チェックしていく事からはじめていきましょう。

代表的なニキビ跡レーザー①炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)

ニキビ跡の治療として用いられる代表的な治療として、炭酸ガスレーザー治療という方法が挙げられます。 この治療の特徴は、水分のより多い細胞に無差別に刺激を与えて色素沈着の跡を解消することが出来るという点です。炭酸ガスを用いることで破壊したい部位の細胞をピンポイントで炭化させていくことができます。 他の細胞を破壊することなく治療を進めていく事ができるので、患者にとっては非常にメリットの多い治療となってきます。

治療にかかる回数・期間・費用相場

炭酸ガスによるニキビ跡の治療について、この治療で1回の治療でも十分な効果を実感していく事が出来ます。施術自体はレーザーを患部に当てるだけ、ほんの数分の作業ですし、施術から1週間程度がたてば患部の炭化した細胞が自然と剥がれ落ちていきます。 費用相場は1回あたり数千円から1万円前後、利用するクリニックによってこの値段は大きく変わってくることになる為、治療の際には注意していくようにしましょう。

代表的なニキビ跡レーザー②Qスイッチレーザー

ニキビの跡を消すために行われる治療として、Qスイッチレーザーという方法もおすすめになってきます。この治療では、メラニン色素にのみ反応する特殊な光を肌に当てて施術を行っていきます。色素沈着が起こっている部位の細胞だけを破壊することが出来るので、体への負担を最小限に抑える事が出来ます。 この手軽さと負担の少なさがこの治療での特徴として挙げられていきます。しみやそばかす、蒙古斑、あざの治療にも用いられることがあります。

治療にかかる回数・期間・費用相場

Qスイッチレーザーによるニキビ跡の治療について、施術の回数は人によって異なってきますが1回だけでは十分な効果が得られません。最低でも複数回の施術を繰り返すことで、見た目に変化が得られることになります。 治療期間も人によって違いがありますが、多くは数か月から半年程度、費用相場は1回あたり1万円から3万円程度の値段が必要になってきます。

代表的なニキビ跡レーザー③フラクセル

ニキビ跡の治療として代表的なものであれば、フラクセルという治療の方法も挙げられます。フラクセルの特徴は何といっても、光を点状に照射することが出来るという点です。真皮層の細胞にまで刺激を与える事が可能になあるため、1回の施術でも肌の10パーセント前後の皮膚細胞を再生させることができるとされています。 1回の施術でこれだけの効果が得られるのですから、施術を繰り返せばそれだけ高い効果を実感していく事が可能になります。

治療にかかる回数・期間・費用相場

フラクセルによるニキビ治療の場合、先に挙げたように回数を重ねることで効果を実感しやすくなっていきます。人によって多少の違いがあるものの、施術回数は平均で3回から5回程度、数か月程度の期間が必要になってきます。 費用負担が1回あたり3万円から15万円ほど、施術を受ける範囲によってもこの値段は大きく変わってくることになります。

代表的なニキビ跡レーザー④クールタッチレーザー

ニキビ跡を改善するための治療として、クールタッチレーザーという方法もおすすめになってきます。この治療の場合、施術の際に感じる痛みや不快感、肌への負担を最小限に抑えていくことができます。 というのも、光の照射と同時に冷却装置が作動しているので、施術中の痛みを感じにくくなるというわけです。 肌の奥、真皮層の細胞に特殊な光で刺激を与えていくとなれば、必然的に患部に熱がこもりやすくなりますが、この冷却装置の存在によってその症状を緩和していく事が可能になっています。

治療にかかる回数・期間・費用相場

クールタッチレーザーによるニキビ跡の治療について、施術の回数は人それぞれで違いが出てきますが、多くの場合は数週間の間をあけて施術を繰り返していきます。薄いニキビ跡であれば3回から5回程度で効果が得られることになります。 費用相場は1回あたり5万円前後、治療の際にはトータルでの費用に注意してクリニック選びをしていくようにしましょう。

代表的なニキビ跡レーザー⑤サイトン

ニキビ跡の治療で用いられる方法として、サイトンという治療もおすすめです。サイトンの治療では、複数の波長の光を組合わせて作業を進めていきます。まず、光によって細胞の引き締め力を高め、同時に真皮層の細胞再生を促します。 この他、肌表面を浅く削っていく作業も平行して行われるため、凹凸のあるニキビ跡など、クレーター対策には打ってつけの方法となってきます。 色素沈着だけでなく、その他の症状もあらわれているという人は参考にしていくといいでしょう。

治療にかかる回数・期間・費用相場

サイトンによるニキビ治療の場合、1回の施術でも十分な効果を実感していくことが出来ます。ただ、皮膚を浅く削っていくことになるため、その分ダウンタイムが長くなる傾向にあります。中には数か月程度の期間が必要になることもあるので注意していきましょう。 費用相場は1回あたり10万円から30万円程度となってきます。

代表的なニキビ跡レーザー⑥ジェネシス

ニキビ跡の解消のために用いられる治療として、ジェネシスという方法もおすすめになってきます。この治療では肌の表面と真皮層、両方のケアを一度に進めていく事が出来ます。 肌表面の古い角質を落としていきながら、肌の奥を特殊な光によって加熱し、コラーゲンの生成を促していきます。 より自然な形で肌の状態を改善していく事が出来るので、周りにその変化をあまり知られたくないという患者にとってはうれしい治療方法となってくるわけです。

治療にかかる回数・期間・費用相場

ジェネシスによるニキビ跡治療では、通常複数回の施術を繰り返すことになります。決して効果が低いというわけではありませんが、3回以上は施術を受けないと十分な効果を実感できません。 治療期間は数か月程度、費用負担は利用する病院によって違いも出てきますが、多くは1万円から5万円前後の金額が必要になってきます。

代表的なニキビ跡レーザー⑦パールフラクショナル

ニキビ跡の治療として用いられる方法には、パールフラクショナルという方法もあります。この治療ではレーザーを点状に照射して肌の奥深くの細胞を引き締めていくことが出来ます。 同時にパールと呼ばれるピーリング機器を用いて肌の表面を綺麗にしていきます。二つの効果を同時に実感することが出来ますし、ニキビの跡だけでなくしわやくすみなど幅広い肌トラブルの解消にもおすすめの治療となってきます。治療の際にはこうした方法も参考にしていくといいでしょう。

治療にかかる回数・期間・費用相場

パールフラクショナルレーザーの場合、施術は複数回繰り返して行う必要があります。1回の施術で効果がないというわけではありませんが、施術を繰り返すことでその効果は高まっていきます。 治療期間は数か月程度、費用相場は人それぞれで異なってきますが施術1回あたり10万円から20万円ほど必要になってきます。 施術回数が多ければ多い程、費用は高くなるので注意していくようにしましょう。

ニキビ跡の状態や予算に合ったレーザーで治療を受けましょう

クリニックの女性医師こうしたレーザー治療を用いる場合には、自身の症状・状態によりあった方法を選択していくことが大切です。 値段の問題はもちろんですが、それ以外でもどの治療であれば効果がよりあらわれやすくなっていくのか、医師と相談をしながら判断していくといいでしょう。 素人だけで判断するのが難しいという場合には、出来るだけ早い段階でクリニックを受診し、相談していくのがおすすめになってきます。

関連記事