片目のみの二重整形とは|受ける前に知っておきたいメリット・デメリットを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

片目のみ二重整形を受けることはできるの?

顎に手をついて考えている女性 二重整形は一般的に左右の目どちらも一緒に施術を行います。 ただし、片目だけ一重でもう片方の目がぱっちりとした二重である場合や、どうしてもダウンタイムが取れずに眼帯などで隠しながらダウンタイムを過ごしたいという場合には、片目のみ二重整形を受けることも可能です。 今回は、片目のみの行う二重整形の方法と、そのメリット・デメリットを紹介していきます。

片目のみの二重整形を受ける理由とは?

何かを思いついた女性 片目のみの二重整形を受ける理由とは、片目だけが二重まぶたでもう片方の目が一重や奥二重の場合などの方が受けることが多いようです。 また、どうしてもダウンタイムが取れず、眼帯などで隠して過ごしたいという方が片目ずつ受けるというケースもあります。 片目のみ施術を受けることも可能ですが、もう片方の目に合わせて二重を作ることは難しいということを理解しておきましょう。

片目のみの二重整形の方法

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目

埋没法

片目のみの二重整形の方法について、まず挙げられるのが埋没法による方法です。 埋没法では、上瞼の一部を手術用の糸で縫いつけていきます。糸を留めたところが起点となり、そこの上に皮膚が被さることで二重を形成します。 メスを使わない施術なので、身体への負担が最小限に抑えられるでしょう。 《ダウンタイム》 埋没法は他の二重整形よりもダウンタイムが比較的短い傾向の施術です。 ただし、ダウンタイムに必要な期間は希望したデザイン・術式・糸の止める強さ・個人差などで異なってきます。 一般的には強い腫れが3日〜1週間程度、腫れ・赤み・内出血などの症状が落ち着くまでには約1ヶ月はかかるといわれています。

部分切開法

片目のみの二重整形の方法として、部分切開法が用いられることもあります。 部分切開法は上瞼の一部を切開し、内部を縫合することで二重を形成します。 全切開法に比べて、切開する範囲が狭いため、ダウンタイムは短い傾向です。 もちろん、埋没法に比べるとその負担は大きくなりますが、埋没法よりも高い効果を期待したい・目元をぱっちりさせたいなどという場合に向いている方法になるでしょう。 《ダウンタイム》 全切開法よりも身体へかかる負担は少ないといわれていますが、範囲は狭くとも切開をしているため、埋没法より長いダウンタイムが必要です。 強い腫れは約1週間程度続くといわれています。その後も腫れ・むくみ・内出血が伴いますが、約1ヶ月〜3ヶ月でその症状は落ち着くでしょう。 ダウンタイムは個人差によって異なりますが、傷が回復するまでは無理な運動や患部への刺激は避けるようにしていきましょう。

全切開法

片目のみの二重整形の方法として、全切開法という方法もあります。 全切開法では、部分切開法よりも広範囲にわたって切開を行うため、身体への負担が大きくなりますが、より高い持続性とはっきりとした二重のラインを形成することができるでしょう。 1回の施術で高い効果が期待できるため、埋没法のように取れてしまって何度か受けなおすということが必要ないというのが魅力的なポイントといえそうです。 《ダウンタイム》 全切開法は他の施術に比べて切開部位の範囲が大きいため、その分ダウンタイムも長くなる傾向にあります。 一般的に1週間〜2週間程度の期間が必要ですが、個人差に人によっては症状が2週間以上続くこともあるので注意が必要になってきます。 全切開法を受ける場合には、仕事やプライベートのスケジュールをうまく調節するようにしましょう。

片目のみの二重整形でかかる費用・相場

施術にかかる費用と予算を比較して悩んでいる女性 片目のみの二重整形の場合は、両目よりも少し費用が安くなる傾向にあります。 埋没法であれば約3万円〜8万円程度小切開法であれば10万円〜15万円前後全切開法であれば20万円前後になることが多いようです。

片目のみの二重整形で起こりうるトラブル・リスク

びっくりして驚いている顔 片目のみの二重整形であれば、施術後に目元の左右差が出てしまうことがあります。 施術の際には、もう片方の目の状態に近づくように配慮されますが、 目元の状態が日々変化しているので左右非対称になってしまう可能性も起こります。 事前にそういったトラブル・リスクがあるということを理解した上で施術を受けることが重要です。

片目のみの二重整形は専門性・技術力のある医師選びが重要

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 片目のみの二重整形では、もう片方の目にデザインを合わせていく必要があるため、専門性・技術力が求められます。 もちろん、評価の高い医師であっても100%左右対称にできるというわけではありませんが、特に経験の浅い未熟なドクターほど、そのリスクを高めてしまうので、慎重な医師選びが重要です。

関連記事