反対咬合のマウスピース矯正について気になる情報をご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

反対咬合のマウスピース矯正について紹介します

ボクシンググローブをつけている女性反対咬合は軽度なものから下顎が大きく突き出ている人など形状はさまざまです。そんな反対咬合を治療するのにマウスピースを利用している人は多く、早めに矯正施術をスタートすることによって改善することができるでしょう。

反対咬合の症状

もともと上の前歯は下の前歯より2mmぐらい重なるものですが、反対咬合はそれが反対になっている状態のことを言います。 下顎が上顎を受けるような形状で噛み合わさるのでいわゆる「受け口」とも言われていて、下顎が前に突き出すようになるので「下顎前突」とも呼ばれています。 上顎の成長が不十分だったり生まれつき上顎の方が小さく下顎が上顎より大きいことなどが原因になっていて、舌で下の前歯を押すようなクセも原因の一つです。

マウスピースで矯正するメリット

目立たない

反対咬合はマウスピースで矯正することができます。メリットとして目立たないことがあり、やり方は1日20時間以上装着することによって矯正していきます。 2週間ぐらいで新しいものと交換し、取り変える度に歯を少しずつ移動することが可能です。定期的に通信し経過をチェックしたり歯のクリーニングなどを同時に行います。 通常半年~2年ぐらいで施術を完了することができますが、歯がきれいに並んでも後戻りしてしまうことがあるので、「リテイナー」という保定装置をつけます。

費用が比較的安価

反対咬合を施術する際、マウスピースで矯正するメリットとして費用が比較的安価でリーズナブルな価格になります。 他の施術方法であるブラケットやワイヤーや外科手術と比べると費用が安く、メスや傷跡も付かないので便利です。他の施術方法と比べると施術期間は長くなりますが、周囲の人に矯正していることを知られずに施術を受けることができます。 食事中などに取り外すことができ、外出する際も外すことができるので衛生的且つ便利です。

取り外しが可能

反対咬合にマウスピースを使って矯正するメリットとして、取り外すことができます。食事の際などにも取り出すことができたり、特に子供も着用することができるので負担が少なく施術することが可能です。 結婚式や同窓会などのどうしても外したいようなイベントにも外すことができます。通常のワイヤー矯正の場合は装置が目立つことがありますが、マウスピースの場合は透明で薄くなっているので装着していてもほとんど分かりません。

反対咬合の症状の中で、マウスピース矯正を行うことが出来ない症状

重度の反対咬合

反対咬合の症状によってはマウスピース矯正を行うことができない場合があります。 例えば重度の反対咬合の場合、矯正してもあまり効果を得ることができないので他の美容整形施術が望まれるでしょう。医師と相談すると自分の反対咬合の状態に応じて、適切な施術に関するアドバイスを行ってくれるので相談してみると良いでしょう。

骨格の作りが原因

反対咬合の症状においてマウスピース矯正が適さない場合があります。例えば反対咬合の原因が骨格の作りの場合、骨格から治療する必要があるでしょう。 その場合、輪郭形成を行うことができるクリニックで、根本的に症状を改善する必要があります。

歯を移動させる施術を行う

歯を移動させる施術を行うと、マウスピースの形状が崩れてしまうので矯正することができなくなります。 施術中は他の施術ができなくなる可能性があるので、医師とよく相談し施術内容はもちろん施術スケジュールをきちんと組んでおくと安心です。

マウスピースは比較的早い段階(症状が軽度)での施術が大切!

クリニックの女性医師反対咬合をきれいに整えるためにマウスピースによる治療を行うなら、比較的早い段階や症状が軽度のうちに施術をスタートすると良いでしょう。 早ければ早いほどきれいな状態にする時期が早くなり、特に子供や若いうちに施術を受けることによって効率的に改善することが可能です。軽度であれば比較的早く美しい状態に整えることができます。

関連記事