理想の二重について|形や希望のデザインにする施術法をご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

理想の二重について紹介します

少し不機嫌そうな女性一重まぶたで悩んでいるの方の中には目が小さく見えてしまったり、アイメイクをしてもメイク映えがしないなどの理由で、クリニックで二重の施術を受けて理想の二重になりたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

二重は、様々なデザインと施術法がある!

一口に理想の二重と言っても二重の幅や形によってさまざまなデザインがあり、二重手術にはメスを使うものと使わないものがあります。それぞれ違った特徴があるため自分がなりたい二重のデザインと施術法から選ぶようになります。

二重瞼の種類

奥二重

奥二重はまぶたが腫れていたり厚みがあったり二重の幅が狭いなどの理由によって、二重のラインがまぶた隠れてしまっている二重です。 奥二重はぱっと見は一重に見えてしまうということがあります。すっきりとした目元が特徴で、クールで知的な印象を与えることもありますが、見る人によってはきつい印象を与えてしまうこともあります。

末広型

末広型は目頭から目尻に向かって二重の幅が広がっている形の二重です。可愛らしさや若々しくキュートな印象を与える目元というのが末広型の特徴です。 また、平行型と比べると二重の幅が狭いので控えめな印象となりますが、末広型の二重は日本人に最も多いタイプの二重の形なので、見る人に自然な印象を与えることが出来ます。

平行型

並行型は二重の幅が目頭から目尻まで平行になっている二重まぶたです。奥二重や末広型に比べて目が大きく見えてアイラインやアイシャドウなどのメイク映えがするのが特徴です。 見る人に大人っぽい印象を与えることが出来る並行型ですが二重の幅によってもイメージが変わり、幅の広い並行型はよりハーフっぽい印象になります。

二重の施術法

埋没法

埋没法は医療用の糸を使用してまぶたを留めることによって理想の二重にする施術法です。入院の必要も無く昼休みや仕事帰りでも気軽に施術が受けられるというメリットがありますが、まぶたが腫れぼったい人や目をこする癖がある人は元に戻りやすいというデメリットがあります。 クリニックによって費用は違いますが、相場は5~10万円程度でダウンタイムは3日~1週間程度となっており、メスを使わず短時間で理想の二重を手に入れられるのが特徴です。

切開法

切開法は麻酔を使用してまぶたにメスを入れて理想の二重を作る方法です。人工的に理想の二重を作るので二重の状態を長期間にわたってキープ出来るというメリットがあります。 その一方でダウンタイムが長くなるため仕事や学校に影響が出ることも考えられますし、埋没法に比べて費用が高いという点がデメリットとなっています。 クリニックによって違いますが相場は20~30万円程度でダウンタイムは1週間~2週間程度となっています。

顔のパーツのバランスを見たうえで判断することが重要

笑顔のクリニックの男性医師二重を希望する方の中には出来るだけ目を大きくしたい、ハーフのような幅の広い二重にしたいと考えている方も多いと思いますが、目だけでなく顔の他のパーツとのバランスも大事なので、希望する二重のデザインが自分にとって理想の二重とは限りません。 二重手術の場合は事前に医師によるカウンセリングがありますので、そこできちんと相談して決めることが重要です。また、自分に合う二重や施術法を正しく判断してくれるクリニック、医師選びが重要になります。

関連記事