目のコンプレックスについて|カバー方法までご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

目のコンプレックスについて紹介します

目の周りを手で隠している女性第一印象の多くは目元だと言われています。日本人は特に外見を気にしますので、欧米人などに多い大きな目元に憧れを抱きます。 それゆえ、自分自身の目にコンプレックスを抱く日本人は多いです。そこで、今回はそんな目のコンプレックスについて紹介していきたいと思います。

目のコンプレックス

一重

日本人の約7割とも言われている一重まぶたは特にコンプレックスとなることが多いです。一重まぶたが美しいとされてきた時代もありましたが、現在の目元のトレンドは幅広の二重まぶたです。 また、きつい印象を持たれることも多く、一重まぶたの女性の多くはメイクや整形によって二重まぶたにしています。

奥二重

アジア人に多い奥二重まぶたは、二重への憧れを持つ女性には特にコンプレックスとなります。アイプチやアイテープなどのアイメイクによって二重にする場合、元々の奥二重の線が邪魔をしてしまいます。また、アイラインが見えにくいなどの問題もあります。

二重幅が狭い

二重幅が広い大きな瞳がトレンドであるため、二重幅が狭いことがコンプレックスとなります。またアイラインを太く引いてしまうと、二重幅がより狭く見えてしまうこともあります。 奥二重と同じように、メイクによって二重幅を広げる場合、元々の二重幅が邪魔をしてしまいます。

左右差

美人顔は左右対称と言われることから、目元の左右差がコンプレックスとなります。大きさだけでなく、位置や二重幅の違いもあります。 左右対称にするために、左右それぞれ違ったアイメイクをする必要がありますので、それを厄介に思う女性も多いです。

黒目が小さい

カラーコンタクトの普及により、黒目が小さいことがコンプレックスとなる女性が多くいます。 カラーコンタクトや黒目を大きく見せるコンタクトを常用することで、メイクは落としてもコンタクトは外せないといった女性も多く見られます。

まぶたの厚み

二重幅の広い大きな瞳がトレンドの今、瞼の厚みがコンプレックスとなります。 アイプチやアイテープなど、アイメイクによって二重をつくる女性が多くいます。しかし、瞼が分厚いとアイメイクでは二重を作ることができず、整形という選択肢しかなくなってしまいます。

涙袋

涙袋を強調する韓国人風メイクが流行しているため、涙袋が目立たないことがコンプレックスになる女性が多くいます。 反対に、涙袋が目立ちすぎると老けて見られることがあり、それがコンプレックスになる方もいます。

クマ

クマが目立つと疲れて見えたり、老けて見られることからコンプレックスとなります。 またクマには青みがかったクマ、色素沈着からおこる茶色味がかったクマなど様々あり、色によってメイク方法が違うため女性にとっては厄介です。

コンプレックスのカバー方法

メイクでカバーする

※二重 二重幅を広げるメイク方法として、アイプチやアイテープなどを使用し、物理的に二重幅をつくる、アイメイクで二重の陰影をつくり、二重をつくる方法があります。 ※涙袋 涙袋を強調するメイク方法として、アイメイクで陰影をつける方法があります。 ※クマ クマを隠すメイク方法では、青みのクマにはピンクのコントロールカラーなどといった、症状に合わせたコントロールカラーでカバーすることができます。 ※左右差 目元の位置に左右差がある場合には、目頭や目尻にアイラインを引くことでカバーするメイク方法があります。

美容整形

近年ではプチ整形と呼ばれる日帰り退院や数万円で受けられる美容整形も多くあり、二重形成や目頭切開といった施術が気軽に受けられるようになりました。 メイクではカバーしきれない分厚いまぶたも美容整形をすることできれいな二重まぶたにすることができます。

コンプレックスを改善して前向きな人生を!

草原でバッグを持っている女性目のコンプレックスがある場合、カバーすることを避けては通れません。 メイクでカバーすることも可能ですが、しっかりと改善させたいのであれば美容外科への受診も必要になってきます。

関連記事