末広型の二重にする方法とは|作り方・ポイントを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

末広型の二重にする方法とは?

顎に手を置いて何かを考えている女性 末広型は日本人に似合う自然な形の二重をいわれています。 可愛らしい印象を与えることが期待できますが、末広型二重を作るにはどんな方法があるのでしょうか。 今回はそんな気になる末広型の二重にする方法について紹介していきます。

末広型の二重とは?

目頭に蒙古ひだがない奥二重の大きな目 末広型の二重は、二重のラインが目頭側にある蒙古ひだという皮膚の中に入り込んでいるタイプの二重です。目尻にいくにつれて二重の幅が広がっていきます。 日本人を含む黄色人種の人に見られる形で、自然で馴染みやすい形といわれています。 可愛らしい印象を与えることができるでしょう。 蒙古ひだがある方が向いているでしょう。 また、普段あまりメイクをしない方や、派手なメイクをしない方なども末広型の方が良いかもしれません。

平行型の二重とは?

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目 平行型の二重は、二重のラインが目頭から目尻まで平行にラインがあるタイプの二重です。アーモンドアイとも呼ばれている形です。 このタイプは目頭に蒙古ひだがない分、眼球が露出する面積が大きくなるでしょう。 平行型の場合は幅の広い形と幅の狭い形の2種類があります。 幅の狭い平行型は控えめでありながら少し華やかさがあり、すっぴんの状態でも大きな目に見せることができそうです。 一方、幅の広い平行型の場合は、ハーフっぽい華やかな印象を与えられるでしょう。特に濃いメイクをする方に向いていることが多いです。 どちらもまぶたの症状・状態によっては、目を大きく見せることが期待できます。

末広型二重の作り方

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

マッサージ

手軽に行える方法としては、マッサージがあります。 特に一重まぶたの方はまぶたのむくみを取ることで、目尻付近にうっすらと二重のラインができやすくなるかもしれません。 目をつぶった状態で指を当てながらリンパマッサージを繰り返すことで腫れぼったさが解消されるでしょう。

アイプチ

メイクで二重を作る方法としては、手軽で扱いやすいアイプチで末広型の二重を作る方法です。 末広型の二重になるように、付属のプッシャーでラインを決め、アイプチを塗り、プッシャーで押し込むイメージでまぶたの皮膚を接着することで末広型の二重を作ることができるでしょう。 アイプチを行う場合は、アイプチをつける前にまぶたの皮膚を拭き取っておくことで二重のラインが取れにくくなります。また、あまりにも目尻側を広げてしまうと、不自然になったり取れやすくなったりしてしまうので、あくまでも自分にあった末広型の二重ラインを探すことがポイントです。

アイテープ

アイテープには2種類のタイプがあります。片面タイプと両面タイプです。 片面タイプの場合は、ラインの下にテープを貼ることで、そこが起点となり、上に瞼の皮膚がかぶさることで二重を形成します。 両面タイプの場合は、ラインの下にテープを貼り、プッシャーで押し込み、上の皮膚を接着させることで末広型二重を作ります。 ただし、テープなので粘着力が弱いとすぐに取れてしまいます。事前にしっかりとまぶたの油分を拭き取って起きましょう。 また、アイテープは目を閉じるとテープそのものが見えてしまったり、テープだけ光ってしまったりするので、上から肌馴染みのしやすいアイシャドウを塗るのがポイントです。

ダブルラインメイク

最近ではアイプチやアイテープを使わずにできる方法として、ダブルラインメイクが話題になっています。 アイラインやアイシャドウ、アイブロウなどを使って二重のラインを描き、ぼかすことで自然な二重を作ることが可能でしょう。 これは特に一重まぶたの方に向いていると言われていて、メイクで二重のラインを自由に決めることができます。 末広型の二重を作るためには、目尻付近のアイシャドウの濃さがポイントです。

埋没法

美容整形による方法として、比較的リーズナブルで短いダウンタイムで末広型が作れるのが「埋没法」です。 まぶたに糸を通して留め、その部分が起点となりくぼむことで、二重を形成します。 二重整形をはじめて受ける方はこの方法で行うことが多いでしょう。 施術時間とダウンタイムが短く、費用も比較的リーズナブルという点がメリットです。

切開法

二重整形には埋没法の他に、「切開法」という方法があります。 切開法には、部分切開(ミニ切開)という術式と二重のラインに沿って切開する全切開という術式があります。 どちらも切開を伴うので、埋没法よりも高い持続性が期待できます。しかし、切開の幅が広くなるのでダウンタイムが長い傾向にあります。 末広型の二重を作る場合にラインの上の脂肪やROOF、皮膚が分厚い場合には同時に除去することも。 これにより、希望する末広型の二重にすることができるでしょう。 特に、まぶたが分厚く腫れぼったいという方や、これまで埋没法を受けて取れてしまったという方が受けることが多い方法のようです。

平行型二重から末広型二重にする方法

ポイントや注意点を教えている女性医師

蒙古襞形成

平行型の二重から末広型にする方法は限られてきます。 もともと平行型二重の方や整形で平行型の二重にした方、目頭切開の修正などに行われる方法です。 目頭にある皮膚を切開し、下に引っ張ったり下に移動させたりすることで、末広型二重を作ることができるでしょう。 ただし、もともと目が離れている方などは、より目が離れて見えてしまうなどの可能性があるので注意しなければなりません。

切開法

切開法で目頭側の幅を狭めることは可能ですが、あまり行われている方法ではなく、技術力も求められます。 もともと蒙古ひだがあり、目頭側の二重の幅があまり広くなければ、二重のラインから下を切除して二重の幅を狭くして末広型二重を形成します。 一方、蒙古襞がない方や目頭側の二重幅が広い場合には、蒙古襞形成と二重の幅を狭くする切開穂が行われます。

末広型二重にこだわらずに自分にあった二重の形と幅を選ぼう

綺麗な二重をした女性の目元 一般的に日本人には末広型の二重が自然で似合うと言われていますが、どんな人にもそれが当てはまるとは限りません。 末広型二重にこだわらず、自分にあった二重の形と幅を決めることがきれいな二重を作るポイントです。

関連記事