レーザー脱毛はニキビがあっても大丈夫?ニキビがある場合に起きること

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーザー脱毛はニキビがあっても受けることができるの?

頰にできた赤いできものニキビやニキビ跡がある方にとっては、レーザー脱毛が受けられるのかどうか気になるところですよね。 症状・状態によっては可能な場合もありますが、レーザー脱毛を受ける場所によっては脱毛が受けられないということも。 今回は、レーザー脱毛を受ける前に知っておきたいニキビとの関係についてを紹介していきます。

ニキビがあっても状態によってレーザー脱毛を受けることが可能

笑顔のクリニックの男性医師基本的にはニキビ・ニキビ跡があってもレーザー脱毛を受けることはできると言われています。 ニキビの数が比較的少ない場合・炎症がおきていない場合などは、ほとんど受けられそうです。 しかし、ニキビの数が多い・炎症性のニキビがあるなどの症状・状態によっては施術を受けられないこともあるので注意しましょう。 また、施術自体は受けることが可能でも、トラブルなどを回避するために、保護シールやテープなどを上から貼ることもあるようです。その場合、その箇所のみ脱毛されないので注意が必要です。

レーザー脱毛が受けられないニキビ・ニキビ跡とは?

レーザー脱毛はニキビがあっても脱毛を受けられることが多いです。 しかし、赤く炎症を起こしている場合や化膿している場合などは熱によって症状が悪化してしまうこともあるので注意しましょう。

レーザー脱毛前にニキビが出来た場合の対処法

頭を抱えている女性施術前に自身で毛を剃って処理を終えた上でクリニックに向かいますが、その際に肌にダメージを与えた場合、ニキビが出来てしまう可能性があります。 そうした場合、まずはクリニックに行って、医師や看護師など施術を行ってくれる人に相談することが大切です。照射可能であれば通常通り施術が行われますし、難しい場合はニキビの状態に合わせた治療を行ってもらえる可能性も高いです。

レーザー脱毛をするとニキビが改善するの?

ニキビが改善される可能性は低い

基本的に「ニキビに効果的なレーザー」と「脱毛に効果的なレーザー」は別の種類であることが多いとされています。なので、基本的にはレーザー脱毛によってニキビ改善の効果を期待できる可能性は低いとされています。 しかし、中にはアレキサンドライトレーザーなどといった、脱毛と肌質同様の効果を得ることが出来る機器もあるので、合わせて改善したい場合は、そうした機器を揃えているクリニックを受診してみても良いかもしれません。

レーザー脱毛後は一時的にニキビが出来ることがある

驚いている女性レーザー照射後は、好転反応という症状によりニキビが増えてしまう可能性があります。基本的に良くなる前触れととらえてもいいので、下手に潰したりせずに、しっかりと保湿やUVケアを行うことが大切です。

一方でニキビ予防にも効果がある

レーザーの機器の中には、照射することで肌の引き締めを図ることが出来るものもあります。こうした肌質改善も期待できる場合、ニキビの予防にも非常に効果的と言われており、継続して行うことでニキビが出来てしまうといった症状が落ち着く可能性もあります。

レーザー脱毛ではニキビの他に毛嚢炎ができる可能性がある

レーザー脱毛を受けることによってニキビと似た「毛嚢炎」ができてしまうことがあります。毛嚢炎とは毛穴にある毛包にブドウ球菌が感染して炎症を起こす病気で、見た目はニキビに似て赤くブツブツしているのが特徴です。 脱毛を受けると肌の免疫力が低下するため、毛嚢炎が発生しやすくなってしまうようです。 すぐに症状が出るわけではなく、数日〜数週間後にあらわれることが多いでしょう。

ニキビ・ニキビ跡は早めに治してしまおう

笑顔の女性炎症を起こしていたり、化膿していたりするニキビ・ニキビ跡にレーザーを当ててしまうと、火傷のリスクが高まる・症状・状態が悪化するといった可能性があります。 そのため、ニキビ・ニキビ跡の状態が悪いとレーザー脱毛を受けられないこともあります。 ニキビ・ニキビ跡がひどい場合には、脱毛よりも前に肌の治療を行なってから脱毛を受けましょう。

関連記事