眼瞼下垂の軽度について|注意点や保険診療、自由診療との相違点などご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

軽度の眼瞼下垂について紹介します

首を傾げている女性まぶたを持ち上げる筋肉の力が弱く、十分に目を開くことができないのが眼瞼下垂です。症状のあらわれ方は個人差が大きく、軽度から重度まであります。 軽度の場合は自費治療になることが多いですが、保険が適用されることもあります。ここでは軽度の眼瞼下垂の治療について説明していきます。

軽度の眼瞼下垂でも保険適用になる場合がある

眼瞼下垂の治療に保険を適用するかどうかは、医師の判断にゆだねられます。日常生活に支障をきたすほど明らかに重度の眼瞼下垂の場合は保健が適用されますが、軽度の症状であっても医師によっては保険治療を受けられる可能性があるわけです。 保険診療になるか自費診療になるかでは治療費が大きく異なります。最初に訪れたクリニックで治療に保険が適用できないと判断された場合も、他のクリニックを訪れてカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

審美的にこだわりたいのであれば、美容皮膚科などで自由診療が良い

健康保険を適用して眼瞼下垂の治療を行う場合は、あくまで目の開きを改善して日常生活上の不便を取り除くことのみを目的とします。そのため、治療後の目の状態など、審美性は考慮されません。 眼瞼下垂の治療とともに大きく美しい目元を構築したいと考えているならば、美容皮膚科などの美容系クリニックを受診しましょう。たるみを取り除くだけでなく、二重にするなどぱっちりした大きな目を作ることが可能です。ただしこの場合は保険は適用されず、自費での治療となります。

クリニック選びは慎重に行う必要がある!

人差し指を立てて注意点を示している女性眼瞼下垂の手術は1、2時間程度で終わり、大きなものではありません。しかし、術後に左右の差が出たり、目が大きくなりすぎて不自然に見えたり、逆にほとんど変わらなかったりといった失敗が起こることがあります。 眼瞼下垂の手術は高い技術が求められますので、症状が軽度だからといって油断せず、充分な経験と実績のあるクリニックを探すことが大切です。また実績だけで決めるのではなく、カウンセリング時に親身になって説明してくれるなど、信頼できると感じた医師を選ぶといいでしょう。

関連記事