眼瞼下垂と一重の関係について|違いや治療法など気になる情報をご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

一重と眼瞼下垂の関係について紹介します

顎・顔のラインを手で押さえている女性生まれつきまぶたが腫れぼったいから自分は一重だと決めつけていませんか。もしかしたら、眼瞼下垂かもしれません。今回は、そんな眼瞼下垂と一重の関係について紹介していきます。

眼瞼下垂と一重の違いや判別方法

眼瞼下垂はいろいろな原因がありますが、まぶたを上げる力が弱い状態を言います。よって、二重の場合も眼瞼下垂になってしまうことがあります。 一重の人は生まれつきですし、まぶたに二重の人のようなシワがありません。 これらの違いは目がどれくらい開いているかで違います。眼瞼下垂の場合はまぶたが下がったりたるんでいるので、通常の状態でも黒目が隠れてしまいます。

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂は加齢や花粉症やアトピーなどでまぶたを強くこするなどして起こり、生まれつき眼瞼下垂であるケースも存在します。まぶたを上げたくてもまぶたを上げる筋力が弱いのであまり大きく開けられません。 軽度ならばあまり問題ありませんが、症状が進行してしまうと見た目だけではなく、視野が狭くなります。また、肩こりや頭痛などの症状が起こることもあります。おでこの力を使って目を開けようとするために、おでこに深いしわができる人も少なくありません。

眼瞼下垂の治療法

治療法は、切開して伸びている筋肉を短くする方法があります。メスを入れる位置は二重のラインになるので傷跡が目立つことはありません。 切開することに抵抗がある場合は、切らない治療方法も選択することが出来ます。まぶたの裏側から糸を使って筋肉をサポートする方法で、一重のままにしたいと思っているのならば、切らないほうが良いかもしれません。

審美面にこだわらないのであれば、保険診療も可能

眼瞼下垂を改善したいだけならば、保険診療できます。手術を受けても数万円程度で済むでしょう。 保険診療であっても、しっかりと目を大きく開けられるようになるので、肩こりや頭痛で悩まされている人も改善されます。 しかし、見た目にもこだわりたい場合、美容外科などの自由診療を受る必要があります。目を大きく開けられるようになることや、はっきりとした二重を手に入れることもできます。

合わせて二重にしたい場合は埋没法や切開法と同時に受けることも可能!

見た目も良くしようと思ったら、眼瞼下垂手術と同時に埋没法や切開法を同時に受けることもできます。 まぶたを上げる力を付けるのと一緒に二重を手に入れられるので、医師と相談してみてください。一重がコンプレックスになっているのならば、眼瞼下垂の症状と合わせて改善することが出来ます。

自分の状態を確認する場合は、美容外科に受診すべき!

手のひらを向けて禁止や注意を訴えているクリニックの医師先天性と後天性の眼瞼下垂があり、一重なのか眼瞼下垂なのかを自分で判断することが難しいこともあります。そうした不安を抱えている場合は、美容外科を受診することを推奨します

関連記事