小陰唇の黒ずみについて|原因や治療方法、メリットデメリットをご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

小陰唇の黒ずみについて紹介します

びっくりして驚いている顔小陰唇の黒ずみは一見、見落とされがちな症状ではありますが、見た目に印象が悪くなるため人によってはコンプレックスになっていきます。 こうした症状は美容皮膚科で治療していくことが出来ます。具体的にどんな方法が用いられていくことになるのでしょうか?

黒ずみの正体は【色素沈着】

そもそも、小陰唇の黒ずみはどうして引き起こされていくのでしょうか?その原因として挙げられるのが色素沈着の症状です。 小陰唇に下着のすれなど摩擦による負担がかかることでメラニン色素の生成が促され、結果的に黒ずみの症状があらわれるというわけです。

小陰唇の黒ずみが起こる原因

ホルモンバランスの乱れ

女性の場合、とりわけちょっとしたストレスや毎月のように訪れる生理でホルモンのバランスが乱れやすくなっていきます。ホルモンバランスの乱れに肌機能が低下して、それが症状へと繋がっていくわけです。

下着などの刺激

小陰唇の黒ずみが起こるのは、患部への刺激が原因になっていきます。日常生活の中であれば下着の擦れ、体形的な問題での擦れなどが挙げられます。日々の摩擦による刺激が蓄積されれば当然肌の色も変化していく事になります。

小陰唇の黒ずみ治療:内服薬

まずおすすめになってくるのが内服薬による治療です。 主にトラネキサム酸やビタミン剤などが治療に用いられますが、こうした成分は患部の出血や炎症を抑えたり肌の美白効果を高めたりする効果があります。 患部で炎症が起こっているのであればトラネキサム酸が、見た目をより改善していく為にはビタミン剤が使用されるというわけです。

内服薬のメリット・デメリット

内服薬のメリットは何といっても患者への負担が少なく、必要な成分を確実に摂取できるという点です。 体の中から自然と効果があらわれることになるので、日常生活への支障もほとんどありません。 ただ、その反面で効果を実感できるまでにある程度の期間が必要になってくるという点がデメリットとなります。即効性を期待する人にとっては不向きな方法となることもあるわけです。

小陰唇の黒ずみ治療:外用薬

外用薬の場合、ハイドロキノンやトレチノインなどの薬が用いられることになります。ハイドロキノンにはメラニンの生成を抑える効果があり、トレチノインには肌の代謝を活性化する効果があります。この二つをうまく組み合わせることで症状をいち早く改善していく事が可能になります。

外用薬のメリット・デメリット

外用薬のメリットはより確実に美容成分を患部に浸透させることができるという点です。 その分効果があらわれやすく見た目の変化も実感しやすくなります。ただ、その反面でこの外用薬には稀にアレルギー反応が起こることもあります。 元々アレルギー体質であるという人にとってはデメリットとなる面も出てくることになるので注意していくといいでしょう。

小陰唇の黒ずみ治療:小陰唇の医療用ピーリング剤

小陰唇の症状を改善していく為の方法として、医療用ピーリング剤を用いるケースも挙げられます。 肌の表面を薄く削っていくことで古い角質を取り除き肌をワントーン明るくすることが出来ます。比較的皮膚がデリケートな部位であっても、医療機関で行われる治療であればある程度安心して臨むことができます。

小陰唇の医療用ピーリング剤のメリット・デメリット

医療用ピーリング剤を使用するメリット、それは施術自体は非常に簡単で負担が少ないという点です。1回の施術でも十分な効果が得られますが、人によっては施術を繰り返すことでさらに見た目を改善していく事が可能です。 ただ、この治療後には肌が非常に敏感になっているので紫外線や乾燥によるダメージを受けやすくなっています。こうした点が時にデメリットとなってくるので注意していきましょう。

小陰唇の黒ずみ治療:レーザー治療

小陰唇の症状を改善する方法の中にはレーザーを用いるものもあります。メラニン色素にのみ反応する特殊なレーザー光を患部に当てていくことで施術は進められますが、施術自体は簡単で体にかかる負担も最小限に抑えられています。 色素沈着を起こした細胞が破壊され、肌の代謝が促されていく、多少時間はかかることになりますが、こうした流れで黒ずみを解消していくことができます。 場合によっては施術を何度が繰り返すこともありますが、費用負担もさほど大きくはないのでそこまで心配する必要はありません。

レーザー治療のメリット・デメリット

こうしたレーザーによる小陰唇の治療について、メリットは何といっても体への負担が少ないという事です。 傷跡が患部に残る心配もありませんし、施術中に痛みを感じる事はほとんどありません。もしも心配であれば麻酔を施したリマシンのパワーを調整することも可能です。 ただ、その反面で効果があらわれるまでに時間がかかるという点でデメリットとして挙げられることになります。

小陰唇の黒ずみ治療:小陰唇縮小

小陰唇の症状を改善していく為に、小陰唇縮小の手術を受けるのもおすすめになってきます。 この治療では、黒くなってしまった小陰唇の一部を切除することで見た目を改善していきます。小陰唇の色だけでなくその形や大きさも一緒に変えることが出来るので、手っ取り早く効果を実感していきたいという人にもおすすめの方法となってきます。

小陰唇縮小のメリット・デメリット

小陰唇縮小術のメリットは先にも挙げたように、一度に色や形、大きさに変化を持たせることができるという点です。 ただ、デメリットとしてはダウンタイムが他の治療に比べて長くなってしまう点、費用負担がその分多くなってしまうという点が挙げられていきます。予算がある程度限られているという人であれば不向きな方法となってくることもあります。

改善したい場合は、しっかりとした医療機関で受診することが大切です!

微笑んでいる女性小陰唇の見た目が悪くてコンプレックスに感じている場合には、ここで挙げたような治療がお勧めになってきます。 どの治療を選択するのかはそれぞれの好みや予算によっても異なってきますが、まずは医療機関で症状について相談してみることから始めていくといいでしょう。

関連記事