二重整形と同時に分厚いまぶたを改善するには|方法・メリット・デメリットを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

分厚いまぶたを解消し二重にするには?

目を閉じている女性の目元 腫れぼったい分厚いまぶたは、埋没法や切開法などの二重整形を受けても、希望通りのデザインにならなかったり、二重が取れてしまったりということが起こります。 二重整形を受けると同時に上眼瞼脱脂ROOF切除を受けることで、分厚いまぶたを解消することができるでしょう。 今回は、上眼瞼脱脂とROOF切除、それぞれのメリット・デメリットについて紹介していきます。

分厚いまぶたは幅の広い平行型二重を作ることが難しいかも...

びっくりして驚いている顔 分厚いまぶたの場合には幅の広い平行型二重にすることが難しいと言われています。 特に、目頭の先にある蒙古襞の張りが強い場合は、二重であっても末広型になる傾向が強いです。 また、平行型の二重を作ったとしても、分厚いまぶたのせいで取れやすくなってしまうこともあるので、自然な二重にしたいという場合には、末広型の二重を選んだ方が良いかもしれませんね。

分厚いまぶたを改善する方法

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

上眼瞼脱脂(上まぶたの脂肪取り)

美容整形で二重を作る場合、埋没法切開法という方法で行われます。 分厚いまぶたの場合には、希望通りの二重形成が難しい場合は、これらの二重整形と同時に、上まぶたの脂肪取りを行う場合があります。 アジア人は西洋人と比べて彫りが浅く、加えてまぶたの脂肪が分厚いという特徴を持っています。 そのため、脂肪を除去することで自然な二重を手にすることができやすくなるでしょう。 この方法は切開をしますが、全切開法よりも範囲が狭いため、ダウンタイムも比較的短めな傾向です。 《メリット・デメリット》 上眼瞼脱脂のメリットとしては、切開をして脂肪を直接除去するので、分厚い瞼をすっきりとさせることができるでしょう。それにより埋没法や切開法で作った二重のラインも消えにくくなることが期待できます。 一方で、分厚いまぶたの原因が脂肪ではなくROOFや皮膚である可能性も考えられます。脱脂をしたからといって必ずしもすっきりとしたまぶたを作れるというわけではありません。 また、脱脂の際に切開を行うため、二重になれるのではないかと思ってしまう方も少なくありませんが、上眼瞼脱脂だけで一重まぶたから二重まぶたになれる可能性は低いので注意しましょう。

ROOF切除(隔膜前脂肪切除)

まぶたにはROOFと呼ばれる皮下脂肪が存在します。 最近ではこのROOFを取り除くことで、厚ぼったいまぶたを解消することができるでしょう。 まぶたの脂肪を取るという意味では上眼瞼脱脂と同じ施術になりますが、ROOF切除の場合は隔膜前脂肪、眼窩脂肪よりも手前にある脂肪を切除する施術のことを指しています。 《メリット・デメリット》 通常の上眼瞼脱脂で眼窩脂肪を取り除くだけでは、分厚いまぶたを解消することは難しく、ROOFを取り除くことで、すっきりとした目元になれると言われています。 一方、あまりに脂肪を薄くしすぎても、逆にくぼみが発生する可能性が出てきてしまいます。このような場合は、二重ではなく三重になってしまうなど、老けてみえる可能性も出でくるので注意しなければなりません。

まぶたの脂肪取りが必要かどうかは専門性・技術力のある医師に見極めてもらおう

笑顔のクリニックの男性医師 分厚いまぶたをすっきりとしたまぶたにするためには、上眼瞼脱脂やROOF切除を行うことで改善が見込めます。 しかし、目の症状・状態に合わせてこれらの施術を行わなければ、分厚いまぶたが改善されなかったり、くぼみ目になってしまったりなど、リスクを伴います。 自己判断でどちらの方法が適切かどうかを判断することは難しいので、まずは、技術力・専門性の高い医師に相談することからはじめてみてくださいね。

関連記事