Gショット手術について|施術方法や相場費用、リスクなど徹底特集

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

Gショット手術について紹介します

ボクシンググローブをつけている女性女性が不感症に悩んでいる場合に美容外科クリニックなどにおいて受けることができる治療にGショット手術がありますが、どんな内容の施術が行われるのか気になる人もいるでしょう。これから手術の方法、メリットやデメリットなどについて紹介していきます。

Gショット手術の方法

女性の性感帯であるGスポットを隆起させることで感度を高めるための手術で、膣の入り口から3cm程度のところにある指で触るとざらざらした感触がある部分に専用の器具を使ってヒアルロン酸を注入していきます。 静脈麻酔を使って施術が行われるので痛みを感じる心配もなく、施術は短時間で終わるので体への負担も少なくなっているため手術といってもそれほど身構える必要はなく、傷跡も残る心配がありませんし入院や通院の必要性もありません。 維持するためには、ヒアルロン酸が吸収されてしまう前に再施術を受ける必要性があります。

Gショット手術の目的

オーガズムを味わいたい

性行為の時にオーガズムを感じられない女性は割と多く、膣内の広さや形にGスポットの感度がかかわって不感症になっていることがあります。 感じることができないと性行為そのものが嫌になってしまうこともあるため、オーガズムを味わいたいとGショット手術に臨む女性も増えており、Gスポットが隆起することで接触する範囲や圧力に違いが生まれ感度が高まる期待が持てる施術です。

尿漏れを防ぐことが出来る

Gスポットがあるところは膀胱からつながる尿道の近くに存在するため、Gショット手術によりヒアルロン酸を入れて隆起させると尿道付近の筋肉も押されて形が変化します。 緩んでしまいがちな尿道がある程度変化しますし、ヒアルロン酸の細胞への働きも関連して尿漏れを防ぐことが出来るので、くしゃみをするだけでも尿漏れするようになった人などは改善できる可能性がある施術です。

Gショット手術のメリット

ダウンタイムがほとんどない

ヒアルロン酸の注入は時間がかからず、傷跡も針で刺した部分だけですし膣内ですから目立つものではありません。 出血することもほとんどありませんから、ダウンタイムがほとんどないことがGショット手術のメリットで、使用した麻酔が切れて吐き気などがなければすぐに帰宅することが可能です。 当日から普通の生活を行うことができる施術ですから仕事を休む必要もなく、空いている時間を利用して受けることもできます。

施術時間も短い

施術はヒアルロン酸をGスポットに注入するだけですから、早い人では10分ほどで、施術時間も短いのがGショット手術のメリットであり、どれくらい隆起させて膣を狭くするかによって異なります。 医師が施術に慣れていればそれだけ短時間で手術できますし、適切な注入量の判断にも優れているので満足度の高い施術が可能です。

Gショット手術のデメリット

吸収されるので、効果は一時的なものである

Gショット手術で使用されるヒアルロン酸は自然と体に吸収されるので効果は一時的なものであり、早ければ半年程度長くても1年程度経つと元の状態に戻る可能性が高くなります。 効果を持続させるためには再施術を受けなければならないデメリットがありますが、長持ちするヒアルロン酸にしてもらうことで施術回数をできるだけ減らしていくことは可能です。

Gショット手術の相場費用・最安値

クリニックによって使用するヒアルロン酸の種類に違いがあるため料金はまちまちですが、相場費用として130,000円から150,000円ほどになります。 最安値は、ヒアルロン酸が半年程度しか持たない種類で注入量も少ない場合は50,000円ほどで施術が可能なクリニックがあります。

Gショット手術を受ける上で気を付けるべきポイント

クリニック選びは慎重に行う必要

Gショット手術を受ける上で気を付けるべきポイントとして、知識や技術があまりないところで施術を受けると失敗して感度に変化が感じられず修正が必要になることや、量が多すぎて違和感がある性行為時に痛みが出るといったこともありますからクリニック選びは慎重に行う必要があります。 注入する位置に失敗すれば出血してしまい痛みが続く恐れもあるので、価格だけで選ばないようにしましょう。

クリニック・医師選びは慎重に行うことが大切です

花束を抱えて嬉しそうな女性感度が悪く性行為がストレスに感じていた人も、短時間の施術で問題を解決できるのがGショット手術です。 実績が少ないクリニックで施術を受けると失敗につながるリスクが高まりますし、維持するためには再施術が必要になるので信頼できるクリニックで受けましょう。

関連記事