トラガスのピアスホールの開け方|方法・メリット・デメリットを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トラガスのピアスホールの開け方とは?

顎に手を置いて何かを考えている女性 トラガスは軟骨ピアスの一種で、耳の穴の前の突起部分に対してつけるピアスのことを指します。 一般的な部位であるとは言えませんが、ファッションの一部として楽しむ人も増えてきているようです。 今回はトラガスのピアスホールの開け方について、方法・メリット・デメリットを紹介していきます。

トラガスピアスのホールの開け方

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

セルフピアッシング

トラガスのピアスホールをセルフで開けるという場合、開け方はピアッサーを使う方法とニードルを使う方法があります。 きれいなホールを完成させたいという場合には、ニードルを使用するようにしましょう。 セルフで開ける時には、開けたい箇所に印をつけ、ニードルを指します。ピアスとの接続が難しいため、ニードルを貫通させる前に接続させるようにしましょう。 《メリット・デメリット》 トラガスのピアスをセルフで開けるメリットとしては、安く済ませることができるということが挙げられます。 一方でデメリットとしては、まっすぐに開けることが難しいということが挙げられるでしょう。これは開けながら状況を確認することが難しいということもあり、他の部位に比べて開ける時の難易度は高い部位であると言うことができそうです。

ピアススタジオ

トラガスをピアススタジオで開けるという場合、まず開けることが出来るかどうかを確認します。開けるのに十分なスペースがある場合には、ニードルを使用して開けていきます。 位置を決めるのに多少時間がかかることもありますが、開ける時間は一瞬です。そのため、開ける時の痛みも心配するほどではないという人が多いようです。 《費用》 ピアススタジオでトラガスにホールを開けるという場合の費用は、スタジオにもよりますが1万円前後というところが多いようです。 ファーストピアスをどのようなものにするのかによって費用は異なりますが、ホールへの負担を考慮して通常よりも軽い材質でできているものにした場合には、多少費用が高額になることもあります。 《メリット・デメリット》 スタジオでホールを開けるメリットとしては、適切な場所に開けることが可能性が高いとという点、まっすぐに開けることができる可能性があるという点です。 また、開けた後のケアについてのアドバイスをもらえるでしょう。 一方、デメリットとしては、自分で開ける場合に比べると費用が高くなるという点です。 さらに、スタジオによって技術力に差があるため、信頼できるところなのかを見極めることが必要でになってきます。

皮膚科・美容外科などの医療機関

皮膚科や美容外科などの医療機関でのトラガスの開け方は、ピアッサーの持ち込みか、ニードルを使う方法の2つに対応が分かれます。 いずれの方法にしても、医療機関では麻酔を使用してトラガスピアスを開けることができるため、特に痛みを感じやすい方は、皮膚科や美容外科などで開けた方が良いかもしれませんね。 《費用》 皮膚科や美容外科でトラガスピアスを開ける時の費用は約1万円〜2万円程度が多いようです。 ただし、医療機関によっては、施術費用の他に診察料や技術料、薬代などが発生する可能性があります。 費用が気になる場合は、クリニックに直接問い合わせをしてみましょう。 《メリット・デメリット》 医療機関でピアスホールを開けるメリットとしては、麻酔を使用することで痛みを大幅に軽減させることができる可能性があります。自分で開けたり、スタジオで開ける時には麻酔を使用することができないので、大きなメリットと言えます。 一方のデメリットとしては、全ての医療機関で施術を受けることができるわけではないという点です。 どこの医療機関でトラガスピアスの穴あけを対応しているのか確認しておきましょう。

トラガスピアスの開けた後のケアの方法

何かを思いついた女性 トラガスを開けたあとのケアとしては、特別なことを行う必要はありませんが、ピアスホールを清潔に保つということを意識してください。 切り傷などの消毒に使う消毒液は刺激が強いので、専用の消毒液を使用するか、用意できない場合は、入浴時によく泡立てた石鹸で優しく洗うにしましょう。

トラガスピアスのホールを開けた後の注意点

人差し指を立てて注意点を示している女性 普段、耳の穴に差し込むタイプのイヤホンを使用しているという場合、ホールに負担や刺激が加わる可能性があります。そのため、そのようなタイプのイヤホンを使用しているという場合には、使用を控えるか他のタイプのイヤホンを使用するようにしましょう。 また、服の脱ぎ着の時には、引っ掛けないように心掛けることが大切です。

トラガスピアスのホールを開けるなら医療機関で開けてもらいましょう

ピアスをして綺麗な輪郭をしている女性の横顔 トラガスにピアスホールを開けるのであれば、費用がかかりますが、衛生管理の行き届いた医療機関で受ける方が良いでしょう。 医療機関であれば、痛みを感じやすい方でもトラガスのピアスホールを開けることができそうです。 医療機関で開けることのデメリットもありますが、ピアスホールの穴あけごのトラブルを予防するためには、医療機関で受けた方が安心できそうです。

関連記事