ケミカルピーリングの適切な頻度・回数は?効果を高めるためのポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ケミカルピーリングの適切な頻度について

寝転んで肌の保湿やスキンケアをしている女性 ケミカルピーリングは肌に良い効果が期待できますが、使用頻度を間違えると逆効果になってしまうことがあります。自宅で行う方が効果が穏やかですし、回数も多くなるでしょう。クリニックなどで受ける場合は薬剤の種類によって頻度が変わってきます。

ケミカルピーリングの理想的な頻度は「2週間に1回ペース」

時計を指さしている女性 ケミカルピーリングの理想的な頻度は「2週間に1回程度」とされています。施術は1回では完了しませんし、何度か通って施術を受けることになります。また、最初は2週間に1回の頻度でも肌の状態を確認しながら少しずつ間隔を空けていくことになるでしょう。

ケミカルピーリングの施術完了までの回数は「6〜10回程度」

何度も通うとお金がかかってしまいますし、できるだけ少ない回数で完了させたいという人もいるかもしれません。しかし、クリニックのケミカルピーリングは肌への負担を抑えながら施術を行っています。 強すぎる薬剤を使うと肌への負担が大きくなりますし、ターンオーバーのことも考えると1回の施術で肌を綺麗にすることは難しいのです。なので、ケミカルピーリングで肌を綺麗にしたいという場合、「6~10回程度」の施術が必要と言われています。

1回の施術にかかる料金は「1万円程度」

何か考えている女性 ケミカルピーリングの料金は1回1万円程度となっています。料金についてはクリニックごとこに異なっていますし、カウンセリングの時にきちんと聞いておくと良いでしょう。ケミカルピーリングは自由診療であり、保険が適用されないので費用が高額になる傾向にあります。 少し高いと感じるかもしれませんが、肌トラブルで悩んでいるなら相談してみると良いでしょう。肌の状態によっても費用が異なってくることがありますし、しっかり確認しておくことが大切です。

ケミカルピーリングで得られる効果

ベンチに座って笑ってる女性

ニキビを治せる

ケミカルピーリングにはニキビを改善するという効果があります。ニキビは皮脂が毛穴に詰まることにより、炎症が起こって発生してしまう肌トラブルです。ピーリングによって角質や角栓を除去すれば毛穴の詰まりを解消することができます。 それによってニキビの治療や予防に繋がるということです。また、一度できるとなかなか消えないニキビ跡もケミカルピーリングで改善することができます。ニキビ跡はメラニン色素の沈着が原因ですが、この施術では古い角質と一緒にメラニン色素も除去できるのです。

肌が柔らかくできる

古い角質が積み重なっている場合、肌が硬くなっているので化粧水がなかなか染み込まなくなります。化粧水が浸透しないと肌が乾燥しやすくなりますし、さまざまな肌トラブルの原因になってしまうでしょう。 ケミカルピーリングには古い角質を除去することで肌を柔らかくするという効果があります。それによって化粧水などの浸透率を高めることができますし、保湿効果をアップさせることができるでしょう。若々しい肌が作られるようになりますし、乾燥が原因のしわも予防できます。

ケミカルピーリングの副作用とその対策

頭を抱えて悩んでいる女性医師

乾燥

ケミカルピーリングでは皮膚の細胞を人工的に剥がすことになります。そのため皮膚を守っている角質層も一時的に除去することになりますし、乾燥や刺激によるダメージを受けやすい状態となります。皮膚が再生されればバリア機能も元に戻るので問題ありません。 しかし、それまでの間は肌が乾燥しやすくなるので注意しましょう。肌の乾燥を防ぎたいという場合、紫外線を避けたり保湿ケアを行うことが大切です。外出の際にはきちんと日焼け止めを塗るようにしましょう。

赤み

ケミカルピーリングの副作用として肌の赤みという症状があります。施術では酸を含む薬剤で人工的に皮膚の細胞を剥がすことになるため、炎症や赤みなどが出やすくなります。クリニックでは事前に肌の状態を確認してくれますし、赤みが出ないように施術をしてくれることも多いです。 しかし、体質によって赤みが出やすいこともあります。赤みが出てしまうと気になるかもしれませんが、しばらくすれば治まることがほとんどです。また、クリニックで炎症止めの薬を処方してもらうこともできます。

ケミカルピーリングを自宅で行う際の注意点

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

頻繁に行わない

ピーリングは自宅で行うこともできます。自宅で行う場合は使用方法をしっかり確認しましょう。自宅のケアで使う薬剤はクリニックで使われているものより効果が穏やかと言われています。しかし、効果が出ないと理由であまり頻繁に行うのは良くありません。 自己判断でピーリングの回数を増やした場合、肌への負担が大きくなってしまうので注意しましょう。特に若い人は肌のターンオーバーが早いですし、きちんと頻度を守ることが大切です。

肌に合わない場合はすぐにやめる

自宅でピーリングを行う場合、肌との相性をきちんと確認しましょう。赤みなどの副作用が出た場合は肌に合わなかったことが考えられます。自宅のケアで使われる薬剤は安全性が高く、肌に優しいと言われています。 しかし、肌に合わない場合はすぐに使用をやめるようにしましょう。肌トラブルが心配な場合は事前にパッチテストを行い、肌との相性をチェックしておくのがおすすめです。面倒に感じるかもしれませんが、安全にピーリングを行うためには大切なことです。

より高い効果を得るために適切な頻度で行いましょう

髪をかきあげて爽やかな女性 ケミカルピーリングの効果を得るためには1回ではなく複数回の施術が必要とされています。施術の頻度は2週間に1回程度が理想であり、あまり行い過ぎると肌への負担が大きくなってしまうので注意しましょう。続けることで肌トラブルの改善に繋がります。

関連記事