腫れない二重整形はないって本当?理由・腫れを抑える方法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

腫れない二重整形はないの?

びっくりして驚いている顔 二重整形の方法はいくつかありますが、クリニックでは「腫れない二重整形」と謳われている施術もあります。しかし、腫れない二重整形はないとないと考えておいた方が良いでしょう。 今回は腫れない二重整形がない理由と、腫れを抑える方法について紹介していきます。

二重整形で「全く腫れない」ということはない

失敗や後悔をして頭を抱えて悩んでいる女性 そもそも、腫れない二重整形はあるのでしょうか? 実際のところ、体の負担を軽減する方法はあったとしても、ダメージをゼロにする方法はありません。 二重整形は少なからず瞼部分の健康な肌を傷つけることになるので、「腫れない」「痛みがない」ということはまずないと考えてくださいね。 また、二重整形はプチ整形と言われる”埋没法”であっても、リスクが伴うことを覚えておくようにしましょう。

二重整形の方法

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

埋没法

二重整形の方法の中でも比較的有名なのが、埋没法です。 埋没法では、上瞼の一部を手術用の糸を使って縫い付けていきます。糸で止めるだけの施術ですが、目元をぱっちりさせていくことができるでしょう。 この糸が取れたり緩んだりしない限りは効果の持続が期待できます。糸のついた針を通すだけなので、傷跡もほどんど残ることがないというのがメリットと言えます。 《ダウンタイム》 埋没法は比較的身体への負担が少ないと言われていますが、施術当日〜3日程度は強い腫れが伴います。 希望のデザインや体質によっても強い腫れが落ち着くまでの期間は異なりますが、約1週間程度と考えておいた方が良いです。 強い腫れが落ち着いたあとも、腫れ・むくみ・内出血が残ることがあります。約1ヶ月程度で落ち着いていくでしょう。完成までには約1ヶ月〜3ヶ月が必要と考えておくと良いかもしれませんね。

部分切開(ミニ切開)

二重整形の方法として、部分切開(ミニ切開)という方法もあります。 上瞼の一部を小さく切開して縫合することで、二重の跡を付けていきます。 埋没法のように、体内に糸を埋め込む方法ではないため、糸で眼球を傷つけてしまうなどのリスクは少なく済むでしょう。 部分切開(ミニ切開)は全切開よりも切開する範囲が狭いため、ダウンタイムが短い傾向です。 《ダウンタイム》 切開の広さにもよりますが、強い腫れは約1週間程度続くことがあるようです。 強い腫れが収まった後も腫れ・むくみ・内出血が残る場合も多いですが、約1ヶ月程度もすると、あまり気にならなくなるでしょう。 抜歯が必要な場合には、4日目〜7日目頃に通院が必要です。

全切開法

二重整形の方法として、全切開法という方法もあります。 二重整形の方法の中でもとりわけ高い効果と持続期間が見込める方法です。 希望のラインに沿って切開をし、縫合していきます。まぶたが極端に重い・腫れぼったいという場合には、切開のタイミングで、脂肪やROOF、皮膚を切除します。 全切開法は部分切開よりも切開の範囲が大きいので、その分、ダウンタイムが長いです。 また、まぶたの状態によっては部分切開では埋没法のように術後数年でラインが薄くなったり消えてしまったりすることが多いため、持続期間という点でも、全切開の方が優れているでしょう。 《ダウンタイム》 全切開の場合、埋没方や切開法を比べて身体への負担が特に大きいため、腫れや痛みが強くあらわれます。 術後4日目〜7日目頃に抜歯が行われます。 強い腫れは術後1週間〜2週間程度続きます。その後も腫れ・むくみ・内出血が落ち着くまでは時間が必要ですが、約1ヶ月〜3ヶ月程度の時間が過ぎれば、落ち着いていることが多いようです。 完成までには約半年程度かかると考えておきましょう。

術後の腫れが異なる理由

術後の腫れが異なる理由は、体質的な問題もありますが、それ以外にも手術の内容などにも関係してきます。 希望する二重の幅が広ければ広いほど、腫れが出てしまうと言われています。 埋没法の場合は、使用される糸の種類糸の掛け方結ぶ強さによっても変わってくるでしょう。 また、二重整形を考えたことがある方は一度聞いたことがあると思いますが、施術中の「力み」でも、術後の腫れに影響が出てしまうので注意しなければなりません。

二重整形の腫れを抑える方法

クリニックの女性医師

埋没法を行う際に使われる針を極細のものにしてもらう

埋没法で二重整形を行う場合は、患部の腫れにも影響すると言われる、糸のついた針を極細のものにしてもらうことで、腫れを少しでも抑えることができるようです。 クリニックによっては、通常でそういった針を使用しているところもあれば、オプションになっているところもあります。 事前に使う針の種類も確認しておきましょう。

施術中に力まない

二重整形後の腫れを最小限に止めるには、施術中に力まないこともポイントです。 身体、特にまぶたに力が入ってしまうと、血管が拡張されて出血のリスクを高めてしまいます。 それによって術後の腫れ・内出血に影響してくるので注意しましょう。

施術から数日は冷やす

術後の腫れを少しでも抑えるには、アイシングを徹底しましょう。 二重整形直後の肌は軽く炎症を起こしている状態なので、保冷剤などで患部の周りをじっくりと冷やすことで、腫れを少しでも軽減させられそうです。

頭を心臓よりも高くして寝る

二重整形の腫れを抑えるには、術後の睡眠の仕方にも注意しなければなりません。 心臓よりも頭の位置が低くなると、頭の方に血が溜まり、腫れを引き起こしやすくしてしまいます。 そのため、約1ヶ月程度は、頭の位置を高くするなどの工夫をしてくださいね。

術後しばらくは安静にする

二重整形で腫れないようにするために、施術後は安静を心がけていきましょう。 ここで無理をしてしまうと傷の治りを遅くしてしまうことになり、その結果、腫れや痛みの症状が長引いてしまうでしょう。 パソコンやスマートフォンなど長時間目を酷使するようなことは控えてくださいね。

身体を温める行為・行動を控える

二重整形の術後、腫れないようにするためには体を温める行為をさけることが大切です。 激しい運動・サウナ・長時間の入浴など、血行が良くなりすぎると患部の出血を促し症状を悪化させてしまう恐れがあります。 少なくとも患部に腫れや痛みが残っている間は、こうした体を温める行為は避けるようにしていきましょう。

水分を多く摂りすぎない・味の濃いものや刺激物を控える

術後は水分を多く取りすぎたり、味の濃いものや刺激物を食べたりすることを控えることもポイントです。 これらは、むくみを助長させてしまう恐れがあります。 少しでも腫れを抑えたいという場合には、たとえ好物だったとしても、術後数週間は控える要員してくださいね。

二重整形後は腫れないような対策をしよう

睡眠をしている女性 二重整形にはいくつかの方法がありますが、腫れない手術というものは基本的にありません。 少しでも術後の腫れを軽減させるためには、施術内容の洗濯はもちろんですが、アフターケアや日常生活にも注意をしていきましょう。

関連記事