顎についた脂肪の落とし方について|原因と改善方法を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

顎の脂肪をなくすにはどんな方法があるの?

首を傾げている女性 顎の脂肪は、性別や年齢に関わらず気になってしまう方が多いのではないでしょうか。 ここに脂肪がついていると、顔全体が大きく見えたり、老けた印象を与えてしまったりといったことがあります。 まずは、顎に脂肪がついてしまう原因を知り、自分にあった方法で顎の脂肪を減らす方法を探して見てくださいね。

顎に脂肪がついてしまう原因・習慣

びっくりして驚いている顔

あごの筋力の低下

顔にはさまざまな筋肉がありますが、顎周辺にも筋肉がついています。 この筋肉が衰えると肉や皮膚を上手く支えられなくなる顔がむくみやすくなるなどの原因となります。 また、普段あまり表情を変えない場合も筋力が低下し、顎が大きくなってしまうことがあります。

姿勢の悪さ

普段から姿勢が悪い場合は顎の筋肉の動きを妨げてしまうと言われています。 猫背の人はもちろん、パソコンやスマートフォンをよく操作する人も注意が必要です。 また、顎関節の歪みによって噛み合わせが悪い人なども脂肪がつきやすくなります。

肥満・皮下脂肪

顎に脂肪がついてしまう原因として肥満があります。肥満になって皮下脂肪が蓄積した場合、むくみやセルライトに繋がってしまいます。 肥満になるのは普段の食生活や運動などに問題があるため、生活習慣を見直してみましょう。

骨格

生まれつき顎に脂肪がつきやすい骨格の人もいます。 もともと下顎が小さい人や顎が引っ込んでいる人などは注意が必要です。 このような骨格だと脂肪が蓄積しやすくなる、皮膚がたるみやすいという特徴があります。

顎の脂肪を解消する方法

人差し指を立てて注意点を示している女性

食事の改善・咀嚼回数を増やす

顎を引き締めたいという場合、食事の改善をすることがポイントです。 普段柔らかいものばかり食べている場合、咀嚼の回数が少なくなるので口周りの筋肉が衰えてしまいます。顎が大きくなってしまうこともあるため、1口30回を目標に噛むようにしましょう。

マッサージ・エクササイズ・ストレッチ

顎を引き締めたいという場合、マッサージやエクササイズを行うのも良いでしょう。 特にリンパマッサージは即効性があると言われています。 リンパの流れが悪いと顔の周辺に老廃物が蓄積しやすくなります。 そのため首筋の辺りを刺激して老廃物の排出を促しましょう

姿勢を改善する

姿勢が悪い場合や骨盤の位置がずれていると顔周辺の筋肉が衰え、顎がたるみやすくなります。 また、猫背を放置しておくと肥満の原因にも繋がってしまうので、できるだけ姿勢を正すようにしましょう。

脂肪溶解注射(メソセラピー)を受ける

脂肪溶解注射(メソセラピー)は、顎の部分に脂肪が少ない人皮膚が薄い人などに向いています。 こういった方はは手術をすると皮膚が凸凹になる可能性があるため注射の方が良いと言われています。 脂肪溶解注射(メソセラピー)では、ダイエットとは違い、脂肪細胞自体を減らす効果が期待できます。この治療が体質に合っている場合、半永久的な効果が見込めるでしょう。 《回数・頻度・費用相場》 施術にかかる時間は10分程度であり、トータルで3〜5回程度の施術を行うことが多いようです。 部位・注入量によって異なりますが、1回あたりの相場は1~10万円となっており、部位や回数によってはあまり安い治療ではありません。少しでも費用を抑えたい場合はセット料金などを確認してみましょう。

BNLS注射

BNLS注射は痩せたい部位にポイントで薬剤を注射することにより、引き締め効果が期待できます。 分解された脂肪は尿などと一緒に排出されていくと言われています。注射のみの施術ですが、リバウンドの心配が少ないようです。 薬剤は植物由来の成分が配合されているため、副作用のリスクなどはほとんどないと言われています。 《回数・頻度・費用相場》 BNLS注射は1回の施術でも効果を期待できると言われていますが、3〜5回の施術を受ければさらに効果が期待できるでしょう。 治療頻度は1〜2週間に1回程度が目安のようです。費用の相場は注入量や部位にもよりますが、1回で1〜3万円となっています。

ウルセラなどのレーザー・高周波治療

サーマクールなどのレーザー・高周波治療器は外側から照射する方法です。 これは体内でレーザーが熱エネルギーに変換されるため、顎をすっきりさせることに繋がります。手術や注射は不安だけど、見た目の印象を変えたいと考えている人に向いているでしょう。 使うレーザーや高周波によっては複数回施術を受ける必要があるものもあれば、1回でも高い効果が見込めることもあるようです。照射系の施術では、ダウンタイムが短いことが特徴です。 《回数・頻度・費用相場》 ウルセラなどレーザー・高周波治療器を使った施術は、使用するものによって、持続期間・回数・頻度が異なってきます。 ウルセラの場合は、1回で効果が見込めると言われており、術後1ヶ月後から徐々に効果があらわれるようです。持続期間は半年〜1年程度になることが多く、これを目安に受けると効果を維持できるかもしれません。 ショット数などによって異なりますが、顎下の脂肪に対しては、1回あたり10万円〜30万円が相場になります。

脂肪吸引

脂肪吸引は肥満によって顎が大きくなっている場合に、高い効果が見込める施術です。 脂肪が気になる顎下に対して、直接カニューレ(管)を挿入して脂肪細胞を取り除いていきます。 根本的な部分から悩みを解消したいという方に向いているでしょう。 施術後は小さな傷ができますが、あまり目立たないと言われています。 ダウンタイムは1〜2週間程度となっており、この期間は強い腫れ・痛み・内出血などが発生します。 《回数・頻度・費用相場》 この施術は1回の施術で高い効果が期待できる手術です。 脂肪があまり取れていないなどの失敗がない限りは何度も受ける必要はないでしょう。 費用はクリニックごとに異なっていますが、相場は20~40万円となっています。

顎の脂肪は自分にあった方法で減らそう

輪郭と肌が綺麗な女性 顎の脂肪を減らすことで、全体的に痩せたような印象や若返った印象を与えることができるでしょう。 脂肪を減らす方法は様々ですが、セルフでできるものから美容整形で改善する方法まであります。 どの方法が良いかは費用やスケジュールなどを考えながら、自分にあった方法を探してみることからはじめてみてくださいね。

関連記事