鼻の穴を小さくしたいなら|小鼻縮小術について詳しく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

鼻の穴を小さくする整形について

顔の輪郭や顎のラインが綺麗な笑っている女性の口元鼻の穴が大きいことに悩んでいる人は多く、コンプレックスに感じている人がいます。整形をすることによって鼻の穴を小さくすることができ、美しい鼻筋の通ったラインに整えることが可能です。鼻を整形するとすっきりとした顔立ちになり印象が良くなるでしょう。

鼻の穴が大きい原因

鼻の穴が大きい原因にはいくつかあり、例えば先天的なものや呼吸方法・鼻に詰め物をよくしている、などがあります。きれいなラインにしたり小さくするには美容整形がおすすめで、小さくするためにいろいろな種類の整形があります。比較的リーズナブルな価格なものから本格的な施術もあり、クリニックによってはキャンペーンやモニター制度を利用すると低価で利用することが可能です。

鼻の穴を小さくする整形術、小鼻縮小術について

鼻の穴を小さくする整形施術のひとつに小鼻縮小術があります。鼻の形を変えたいけれどメスを使った手術には抵抗がある人におすすめの施術で、糸を埋没させ両小鼻を縫い縮めることによって小鼻を小さくしたり丸みを減らすことが可能です。小鼻の膨らみを改善することができたり、笑った時の穴の広がりを目立たなくなるでしょう。効果は半永久的で、傷跡が目立たないことが特徴的です。

小鼻縮小術のダウンタイム

小鼻縮小術のダウンタイムはあまり長くなく1~3日ぐらいでしょう。施術時間は1時間ぐらいで、人によっては術後少し腫れがあったり内出血がありますがすぐに自然と解消されていきます。傷跡はほとんど残らないので周囲の人に気付かれることはあまりありません。 抜糸する必要もなく、定期的な通院も必要ないでしょう。メイクは当日から行うことができ、洗顔も行うことが可能ですが激しくこすらないよう注意が必要です。

小鼻縮小術のアフターケア

鼻の穴を小さくするのに小鼻縮小術は魅力的な施術ですが、いくつかアフターケアが必要です。施術当日からメイクすることはできますが、洗顔する際は激しく洗わないよう気をつけましょう。 入浴は問題ありませんが、シャワーをする場合は翌日から、またその際も術後3日ほどは首の下だけを洗うようにしましょう。あまり血行を良くしない方がよいので、しばらくの間は激しい運動やサウナなどは避けましょう。 紫外線に直接浴びるのは避けて、帽子をかぶったりマスクを着用しておくと安心です。

小鼻縮小術の失敗・リスクについて

鼻の穴を小さくする小鼻縮小術にはいくつか失敗例やリスクなどがあります。例えば内出血や腫れが長期間あったり、感染症などのかかるケースもあります。 効果を実感することができない人もいて、ダウンタイムが終了する頃になると小鼻になったことを実感することが可能です。鼻のバランスがおかしくなったり、人によっては傷跡が残ることもあるでしょう。もし何かあれば医師に相談すると適切な処置を行ってくれるので、事前にリスクやデメリットなどを確認しておくことをおすすめします。

小鼻縮小術の施術費用相場について

鼻の穴を小さくすることができる小鼻縮小術の費用は、クリニックによって異なりますが、だいたい30万円~50万円ぐらいでしょう。効果は半永久的で、定期的に通院することもないので効率良く理想の鼻を手にすることが可能です。 モニター制度やキャンペーンなどを利用すると通常料金より格安で施術を受けることができる場合もあります。事前に行われるカウンセリングにおいて施術内容はもちろん、施術費用についてもしっかり確認しておくと良いでしょう。

小鼻縮小術の施術をうける際は慎重なクリニック選びが重要

鼻の穴を小さくする小鼻縮小術の施術を受ける場合、クリニックを選びは慎重に行わなければなりません。インターネットなどを利用してクリニックの評判や口コミなどを調べてみたり、直接医師によるカウンセリングを受けてみていろいろ相談してみることをおすすめします。 施術に関する不安や悩みなどがあればカウンセリングにおいてじっくり相談し、丁寧な説明をしてくれるようなら信頼できるクリニックとして安心して施術を受けることが可能です。

さいごに

顔の輪郭をおさえた女性鼻の穴を小さくするのに小鼻縮小の施術を受ける方法があります。施術時間が短くダウンタイムも少なく、傷跡が目立ちにくいのが特徴的です。いろいろなリスクがあるので施術を受ける前に医師とよく相談しておくと、安心して施術を受けることができます。

関連記事