二重あごの整形について|原因から対処法まで徹底特集

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

二重あごの整形について紹介します

顎をおさえている女性の口元二重あごになれば見た目に印象が悪いため、早めに対処するのがお勧めです。その対処法の1つとして挙げられる整形手術ですが、実はその種類にはいくつかの方法があります。まずはその内容について知っていくことから始めていきましょう。

二重あごの原因

①骨格

そもそもどうして二重あごの症状は引き起こされてしまうのでしょうか。 まず原因として挙げられるのが骨格による影響です。元々の骨格として、下あごが上あごに比べて小さく、奥に引っ込んだ状態だとこうした症状があらわれやすくなっていきます。

②皮下脂肪

こうした症状が引き起こされる原因として、皮下脂肪の存在が挙げられます。下あご部分に皮下脂肪が多くつきすぎれば、当然のことながら症状が引き起こされていくことになりますし、顔全体が大きく太った状態になっていきます。

③皮膚のたるみ

こうした症状は皮膚のたるみによって引き起こされることもあります。 加齢や紫外線、乾燥などによるダメージで肌機能が低下し、皮膚が徐々に垂れ下がった状態になっていきます。軽度であればあまり気にならない症状ですが、あまりに状態が顕著であれば注意が必要です。

④むくみ

顔にむくみがでてくることでも、こうした症状は引き起こされていきます。 顔全体に水分や老廃物がたまった状態になり、見た目に二重あごが助長されてしまうというわけです。血行不良やリンパの流れが滞ることでおこるこの症状、寝不足や飲酒などによって誘発されることもあるので注意していきましょう。

二重あごの改善方法の種類

①超音波やラジオ波による治療

二重あごの改善方法として、超音波やラジオ派による治療がおすすめです。 気になる部位に超音波をあてていくことで、肌機能を活性化して状態を改善していくことが出来ます。体に負担をかけることがないので、ダウンタイムも短く、体の中からより自然な形で効果を実感できます。

②脂肪溶解注射

症状の改善方法として、脂肪溶解注射が用いられることもあります。専用の液剤を患部に注入し、脂肪細胞を溶かしていくことができます。 脂肪が原因で症状が引き起こされている人には打ってつけですし、費用負担も比較的少ないので、気軽にチャレンジすることが可能です。

③脂肪吸引

二重あごの改善のために、直接脂肪細胞を取り除く脂肪吸引の治療が用いられることもあります。吸引する脂肪の量によっては見た目に変化が大きいのが特徴です。 また、リバウンドのリスクもほとんどないので、よっぽどのことがない限り半永久的な効果が期待できます。

二重あごの改善に有効な施術

アキュリフト

二重あごの改善におすすめな整形手術として、アキュリフトという方法もおすすめになってきます。 アキュリフトとは、最先端のレーザーを用いて脂肪細胞を直接溶解していく治療のことです。脂肪吸引と同じように、1回の治療で十分な効果が得られるという点が大きなメリットとなってきます。 ただ、その反面で施術の効果があらわれるまでに数か月程度の期間が必要になってきます。脂肪が徐々に溶解していく為、その分即効性は期待できないという事です。すぐにでも見た目に変化を付けていきたい、何度も病院に通うのは嫌だ、そんな人にとってはデメリットとなってしまうかもしれません。

スマートリポ(脂肪溶解レーザー)

二重あご整形の方法として、スマートリポという治療も用いられています。 このスマートリポとは、いわゆる脂肪溶解レーザーのことで、気になる脂肪のある部位に細いカニューレを挿入してそこから直接レーザーを照射していきます。確実にその部位の脂肪にダメージを加える事ができ、同時に体への負担も少ない、これが最大のメリットとして挙げられていきます。 ただ、その反面で取り除ける脂肪の量が限られているというデメリットが挙げられます。あくまで部分痩せのために用いる治療で、費用負担は1回あたり15万円程度、治療の際には注意していくようにしましょう。

ウルセラシステム

二重あご整形の方法として、ウルセラシステムという治療も用いられていきます。この治療では患部に超音波を集中的に照射することで、肌の機能を活性化していくことができます。皮膚細胞だけでなく筋肉組織の引き締めも可能になってくるため、より高い効果が期待できるわけです。 メリットは体への負担が少ないという点、ダウンタイムがほとんど必要ないという点が挙げられます。ただ、効果が数か月程度しか続かないため半永久的な効果を期待したいという人にとってはマイナスな要素となってきます。 費用負担は1回あたり30万円から40万円ほど、決して安いわけではないため、予算がある程度限られている人であれば注意が必要です。

BNLS注射

二重あご整形の方法として、BNLS注射が用いられることもあります。この治療では脂肪を溶解する液剤を患部に注入していきます。施術を受けてから数日でその効果を実感することができ、その効き目の早さがメリットとして挙げられていきます。 ただ、デメリットとして1回の施術では劇的な変化が得られにくいという点が挙げられます。大きく顔の形を変化させていきたいという場合には、注射の本数を増やす必要がありますし、場合によっては施術回数を増やさなければいけないこともあります。 費用は注射1本当たり1万円前後の金額が必要になってきます。本数が増えればそれだけ金額がプラスされることになるので、この点は注意しておきましょう。

MITI(マイティ)脂肪溶解注射

二重あご整形の1つとして、「MITI脂肪溶解注射」という方法も用いられています。この治療ではただ脂肪細胞を溶解するだけでなく、筋肉を引き締めたり皮膚細胞が炎症を起こすのを未然に防ぐことも可能になってきます。 こうしたプラスαの効果が期待できるという点、その分ダウンタイムが短くなるという点が大きなメリットとなるわけです。 ただ、その反面で脂肪吸引ほどの劇的な変化は得られないというデメリットも存在しています。治療の際にはこうした点も十分に理解しておくといいでしょう。費用は注射1本当たり1万円前後、この金額は他の脂肪溶解注射とそう大差はありません。

FAT X Solution(ファットエックスソリューション)

二重あご整形として、「FAT X Solution」という方法もあります。この治療では脂肪細胞を小さくするというよりも細胞自体を破壊して見た目を改善していくことができます。1回の治療でも十分な効果が得られ、リバウンドのリスクも少ないという点がメリットとなります。 ただ、デメリットとして日本での臨床データが少なく、治療を受けられる病院も限られているという点が挙げられます。誰でも手軽に受けられる治療というわけではないわけです。 この治療の費用負担について、注射1本当たり15万円ほどの金額が必要になってきます。決して安い金額ではないので、治療の際には注意していきましょう。

ライポマティック

二重あご整形の中には「ライポマティック」という方法もあります。この治療では超音波を使って脂肪細胞を振動させながら吸引作業を行っていきます。内出血などの副作用が少なく、脂肪細胞をより確実に取り除くことができるという点がメリットとなってきます。 ただ、日本でこの治療を行っている病院は少なく、費用負担が大きくなるという点がデメリットとなってきます。あごの治療であれば平均で30万円前後の金額が必要になってきます。利用する病院によっては料金が若干変わってくることもあるので、予算がある程度限られているという人は注意しておくようにしましょう。

ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)

二重あご整形の方法として、ベイザーリポという方法もおすすめになってきます。この治療では、脂肪吸引をする際にカニューレの先端からベイザー波という振動を出して脂肪細胞を刺激していきます。硬く凝り固まった脂肪細胞も柔らかくした状態で吸引することができるので、より効率的な作業が可能になるわけです。 施術による凹凸のリスクを軽減できる、脂肪をより多く吸引できる、これがメリットとなりますが、その反面で身体への負担が懸念されるケースもあります。費用負担も30万円前後と、決して安いというわけではないので、すべての人に勧められる治療とはいえないわけです。

ゼルティック(脂肪冷却痩身)

二重あごの改善におすすめの方法として、ゼルティックという治療もおすすめになってきます。この治療では、脂肪細胞を冷却することで破壊していくことが出来ます。破棄された脂肪細胞は代謝機能によって体外に排出されていくので、より自然な形で見た目を改善していくことができるというわけです。 メリットとしては体への負担が少ない点、ダウンタイムがほとんど必要ないという点が挙げられますが、その反面で効果を実感するまでに数か月程度の期間が必要になってきます。即効性は期待できないという点がデメリットとして挙げられるわけです。 費用負担は1回の施術で10万円前後、利用する病院によってこの金額は異なってきます。

自分にあった施術を選択することが重要!

顔の輪郭をおさえた女性二重あごを改善するための整形手術には、ここで挙げたようにいくつかの方法がありますが、まずは自分の症状・状態にはどの治療が合っているのかをチェックしていきましょう。必要に応じてカウンセリングなどで医師の意見を参考にするのもおすすめになってきます。

関連記事