輪郭整形のダウンタイムについて|施術別に詳しく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

輪郭形成のダウンタイムについて

顎に手をついて考えている女性輪郭に悩んでいてメイクなどを工夫している人が多くいますが、輪郭形成を行うことによって半永久的にフェイスラインを維持することができます。さまざまな輪郭整形施術がありますが、それぞれダウンタイムが異なるので施術する前に確認すると良いでしょう。

施術別の輪郭形成によるダウンタイム解説

首を手でおさえている女性

脂肪溶解注射による輪郭整形のダウンタイムについて

脂肪溶解注射による輪郭整形は気になる部位の脂肪細胞膜を破壊することによって、部分痩せを実現することができます。人体に害のない成分を使っているので安心で、ダウンタイムはほとんどなく3日ぐらいで腫れなどの症状がなくなるでしょう。 《脂肪溶解注射のダウンタイムで起こりうる症状・状態》 脂肪溶解注射による輪郭整形において起こりうる症状として腫れなどがあります。注射する箇所が腫れることがありますが、次第にましになっていきます。何度か施術を繰り返すことによって効果を確実に実感することができるでしょう。

エラボトックス注射による輪郭整形のダウンタイムについて

エラボトックス注射による輪郭整形はエラが張っている原因の筋肉を縮小させることによって、小顔効果を得ることができる施術です。エラの筋肉が発達している人に効果的で、ダウンタイムはほとんどなく3日ぐらいで腫れなどの症状が落ち着くでしょう。 《エラボトックス注射のダウンタイムで起こりうる症状・状態》 エラボトックス注射のダウンタイムにおいて腫れや内出血などの症状が予想されます。数日間腫れなどの症状が見られることがありますが次第にましになるでしょう。症状が酷い場合は医師と相談すると対処してくれます。

顔の脂肪吸引による輪郭整形のダウンタイムについて

顔の脂肪吸引による輪郭整形は超音波などの熱を利用して、脂肪細胞を吸引することによって小顔にすることができます。ダウンタイムは1週間~2週間ぐらいで痛みはあまり感じないでしょう。施術した後マスクでカバーすると外出することもでき仕事にも行くことができます。1ヵ月ぐらいするときちんと仕上げるようになり、すっきりとしたフェイスラインを実感することが可能です。 《顔の脂肪吸引のダウンタイムで起こりうる症状・状態》顔の脂肪吸引には腫れやむくみなどが現れることがあります。腫れなどはしばらく続きますが次第にましになっていき、腫れやむくみが残っている間は食事や歯磨きがしにくいでしょう。むくみがしばらく続くことがありますがマスクを着用することで隠すことができたり、1ヵ月ぐらいするときれいなフェイスラインを手にすることができます。

頬骨削りによる輪郭整形のダウンタイムについて

頬骨が前に出ている部位を切ったり削ったり内側にずらすことによって、前に飛び出たフェイスラインを小顔に整えることが可能です。骨を固定するにはチタンプレートやワイヤーなどを使用していて、美しい仕上がりにすることができます。頬骨削りによる輪郭整形のダウンタイムは1週間~3週間ぐらいで、腫れや内出血・むくみなどがあります。 《頬骨削りのダウンタイムで起こりうる症状・状態》頬骨削りのダウンタイムに関して起こりうる症状や状態には腫れや内出血・むくみなどがあります。3週間ぐらいすると元の状態に戻ることができ、むくみがしばらく続くことがありますが半年もするときれいな仕上がりになるでしょう。 赤みは薄茶色から白っぽい線に変化し改善していき、傷が硬くなることがありますが次第に改善されます。

えら削りによる輪郭整形のダウンタイムについて

えら削りは口の中を切開し下顎のエラ骨を切ったり削ったりする施術です。削り取る範囲によって顎下や耳の後ろにある皮膚を数mm切開することもあるでしょう。ダウンタイムは1週間~3週間ぐらいで、次第に症状はましになっていきます。施術した後は傷を直接触ったりこすったり、当たらないように注意する必要があります。 《えら削りのダウンタイムで起こりうる症状・状態》えら削りによる輪郭整形で起こりうる症状として内出血や腫れ・むくみなどがあります。内出血や腫れなどは次第にましになりますが、むくみは数ヵ月続くことがあるでしょう。半年ぐらいするときれいな仕上がりになり、すっきりとしたフェイスラインを実感することができます。施術後食事は硬いものを避けたり、刺激物などもやめておいた方が良いでしょう。

あご削りによる輪郭整形のダウンタイムについて

あご削りによる輪郭整形は口の中から切開し、アゴの骨を切ったり削ることによってあごを小さくする施術です。ダウンタイムは1週間~3週間ぐらいでしばらくするとましになっていきます。歯磨きなどは施術してから翌日から行うことができますが、傷に直接当たらないよう注意する必要があるでしょう。口の中を清潔な状態に維持することが必要です。 《あご削りのダウンタイムで起こりうる症状・状態》あご削りのダウンタイムにおいて内出血やむくみ・腫れなどが予想されます。ピークは1週間ぐらいでしばらくすると症状は緩和されていきますが、腫れなどが長期間続くようなら医師と相談すると適切な処置を行ってくれるでしょう。施術してから何度か通院することになるので、悩みや不安などに関して医師と相談すると安心です。

Vライン形成による輪郭整形のダウンタイムについて

Vライン形成による輪郭整形は理想のEラインを形成することができ、アゴの形や大きさ、エラの位置や形などを整えることによって理想のVフェイスラインに仕上げることが可能です。ダウンタイムは2週間~4週間ぐらいで少し期間は長いですが、一度の施術で長期間効果を実感することができます。前からも横から見てもすっきりとしたフェイスラインを手に入れることが可能です。 《Vライン形成のダウンタイムで起こりうる症状・状態》Vライン形成において腫れや内出血・むくみなどが予想されます。1ヵ月ぐらいすると症状はかなり改善されるので、効果を実感することが可能です。腫れがある内は施術前よりも顔が大きくなったように感じますが、腫れがおさまってくると小顔効果を実感することができるでしょう。骨の形状や位置などを調整しながら理想のVラインに整えます。

さいごに

ポイントや注意点を教えている女性医師輪郭整形にはいろいろな施術があり、脂肪溶解注射やエラボトックス注射などがあります。骨格レベルを施術するとダウンタイムが長めになるので、医師とよく相談して施術内容はもちろん施術スケジュールをきちんと組んでおくと効率的です。

関連記事