痩せる注射について|効果や成分、部位や相場費用など一挙公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

痩せる注射について紹介します

プールの前で椅子に座っている女性の後ろ姿美容整形では数多くの痩身方法がありますが、比較的手軽に行えると人気があるのが注射による施術です。 痩せる注射といってもいろいろな種類があります。それぞれの効果や特徴、メリットやデメリットをご紹介していきます。

痩せる注射(メソセラピー)のメリット

①手軽に受けることが可能

痩せる注射はメソセラピーとも呼ばれていますが、優れている部分は施術時間が短くダウンタイムも短めだということです。 極細の針で薬剤を注入するだけの10分ほどの施術で、入院する必要もありません。ダウンタイムもほとんどなく、すぐに日常生活に戻ることができます。メスを使用することもないので、体への負担やリスクが少ないのも特徴です。

②費用が安い

美容整形は自由診療なので費用が高くなりがちですが、メソセラピーの場合は費用が安く済む傾向があることがメリットです。 クリニックや使用する製剤によっても費用は異なりますが、安ければ1回数千円です。脂肪吸引の場合、数十万かかることがほとんどです。メソセラピーなら複数回、複数部位の施術を受けるとしても、はるかに安く済むといえます。

③ピンポイントで施術が可能

またメソセラピーのメリットとして、部分痩せが可能な点が挙げられます。 ダイエットする際には希望部位がなかなか痩せられないことがありますが、ピンポイントで施術が可能なのがメソセラピーです。 注入量や部位が注射によって調整できるので、細かい部位の痩身にも対応できます。また、一般的なダイエットでは痩せにくい、二の腕や顔などにも利用できることが多いです。

痩せる注射(メソセラピー)のデメリット

①効果ははっきりと感じられない場合がある

逆にデメリットとしては、効果がはっきりと感じられない場合があります。 メソセラピーは脂肪を溶かし、それを体外に排出する方法が多いのですが、排出されるまでに時間がかかったり、代謝が悪いとうまく排出できないことがあります。 そのため物理的に脂肪を取り除く脂肪吸引と比較すると、効果が実感できないということが起こりうるのです。

②複数回受ける必要がある

また、メソセラピーは使用する製剤によって1回の施術で効果が実感できないことが多いです。 脂肪量や施術部位によって複数回受ける必要があり、その場合クリニックに通う手間や時間、費用がかかってきます。脂肪吸引の場合は即効性があることがメリットですが、メソセラピーは回数を重ねる必要があるのがデメリットといえます。

代表的な「痩せる注射」の施術

BNLS注射

痩せる注射にもいろいろな種類があります。 「BNLS注射」は、植物から抽出した成分を主成分とした脂肪溶解駐車です。脂肪分解と肌の引き締め、リンパ循環の3つの働きにより血液やリンパの流れを改善し、溶かした脂肪や体に蓄積された老廃物の排出を促す効果が得られます。 3日ほどで効果を実感することができます。1週間程度の間隔で3回程度の施術を受けるのがおすすめです。筋肉の少ない顔に向いています。費用相場は5,000~15,000円ほどです。

MITI(マイティ)脂肪溶解注射

MITI(マイティ)脂肪溶解注射」の特徴は、脂肪細胞の細胞膜を溶解して脂肪細胞そのものを消滅させる成分を多く含んでいることです。 ほかの薬剤よりも効果が出やすいといえます。強力な脂肪溶解作用があると注入部位に腫れが生じる可能性が高くなりますが、抗炎症作用の成分も含んでいるので施術後の炎症が軽く済むのがメリットです。二の腕やウエスト、下腹部などに使用できます。費用相場は1ccおよそ3000円~6000円程ほどです。注入部位や量によって価格が変わります。

FAT X Solution(ファットエックスソリューション)

FAT X Solution(ファットエックスソリューション)」は、最近アメリカで承認された新しい施術です。 脂肪を小さくするだけでなく、脂肪細胞膜自体を破壊し脂肪細胞の数自体を減少させるのは従来のものと同様ですが、1回の施術で大きな効果が期待できるのが特徴です。 あご下のたるんだ脂肪を除去する薬剤を主成分としていますが、あごの脂肪だけでなく、二の腕や太ももなどボディ部分にも使用することができます。新しい施術方法で日本でできるところが少なく、10ccで15万円ほどと高額であることがデメリットです。

リポビーン

リポビーン」も痩せる注射の一つです。全身どこでも使用できることと、効果の高さが特徴です。 医療用として認可されているので、安全性も高い薬剤といえます。リポビーンは大豆に含まれるフォスファチジルコリンを主成分としています。 1回の施術でも高い効果が得られるので、複数回施術を受けなくても済むところがメリットとなっています。デメリットは、腫れやすいという点です。顔に注射すると1週間程度は顔が変わるほど腫れることがあります。 費用相場は1回1~2万円程度ですが、施術範囲によって異なってきます。

メソラインスリム

メソラインスリムは、脂肪細胞膜を水と乳化させて脂肪除去の促進を図り痩身に導くのが特徴です。 ホスファチジルコリンというアミノ酸の一種が主成分となっています。欧米で高脂血症などの治療に用いられてきた成分なので、安全性も高いです。 肥満を解消するだけでなく、動脈硬化や高血圧の予防につながるのもメリットです。頬やウエスト、二の腕、太ももなど、通常のダイエットでは痩せにくい部分におすすめです。費用相場は、1部位1~2万円ほどとなります。

カーボメッド(炭酸ガス注入)

カーボメッド(炭酸ガス注入)の仕組みは、炭酸ガスを皮下に注入することで二酸化炭素が増加、それによる血管新生と血流増加反応によって代謝を上げ、セルライトを吸収して脂肪を分解するというものです。 カーボメッドは炭酸ガスの注入なので、他の痩せる注射よりもアレルギーの心配がありません。安全性が高いといえます。比較的広い範囲で部分痩せをしたい場合に向いています。費用相場は、1回2~5万円ほどといわれています。

ボトックス注射

ボトックス注射は、小顔効果や美脚効果が得られる施術です。脂肪溶解ではなく、ボトックスは、筋肉を一時的に麻痺させて働きを弱める働きを持っています。 エラ部分にある咬筋という筋肉に注入することで筋肉の働きを弱め、筋肉を収縮させることで小顔に見せたり、ふくらはぎに注入して筋肉質なふくらはぎを細くすることができます。 数か月から半年ほど効果が持続するといわれています。費用相場は、ボトックス製剤の種類や部位、注入量によって変わります。エラボトックスの場合、1~2万円ほどです。

自分の希望や予算にあった施術を選ぶことが大切!

海で髪をかきあげている横顔の綺麗な女性このように、痩せる注射といってもいろいろな種類があり、それぞれに特徴やメリット、デメリットが異なります。 費用も大きく異なるので、自分の希望や予算にあった施術方法を選ぶことがおすすめです。また、信頼できる医師選びも重要となることを忘れないでください。

関連記事