ヒアルロン酸注射の内出血について|原因から対処法、予防法までご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ヒアルロン酸注射の内出血について紹介します

踊っている姿をライトで照らされている女性ヒアルロン酸注射は手軽な整形手術としても知られていますが、時に内出血のトラブルを引き起こすこともあります。具体的にどうしてこうした症状は引き起こされるのか、その原因と対処法について今一度チェックしていく事が大切です。

そもそもヒアルロン酸注射とは?

この治療では、体内に元々存在しているヒアルロン酸成分を肌の内部に直接注入していきます。 ヒアルロン酸成分の作用によって肌機能は活性化されていきますし、同時に肌にふくらみを持たせることが出来るため、様々な肌トラブルの解消に有効とされているわけです。 施術を受けたその場で効果を実感することができますし、顔の左右のバランスを取りながらその微調整も施術中に行っていく事が可能です。

ヒアルロン酸注射で内出血が起こる原因

そもそも、内出血は肌内部で起こった出血によって引き起こされています。血液が体の中で固まってしまい、それが皮膚の上からも見えてしまう状態ということです。 ヒアルロン酸成分を肌内部に注入するときに、細い注射針が使用されますが、この針で血管が傷つけられ出血が起これば、こうした症状が引き起こされていくことになります。 どれだけ医師の腕が良くても内出血のリスクは変わらない、この点は注意が必要になってきます。

内出血が起こりやすい部位と起こりにくい部位

ヒアルロン酸注射で内出血が起こりやすいのは、皮膚がやわらかく薄い部位です。 ヒアルロン酸成分を注入する際、出来るだけ肌の奥に成分が行き届くように配慮はなされますが、それでも医師の技術力不足によって皮膚のごく浅い部分に注射針が刺さることがあります。皮膚の浅い部分であればそれだけ内出血の色も濃くあらわれることになるため、注意が必要です。

内出血の日数と経過

内出血はヒアルロン酸注射の施術を受けてから数日がたったころに目立ち始めていきます。 体内の血液が吸収されていけば自然と症状は治まっていきますが、それまでには数日から2週間ほどの期間が必要になってきます。 色が濃ければ濃い程、範囲が広ければ広い程、症状が落ち着くまでに時間がかかることになるので、人によってはメイクや髪型でカバーしていく必要があります。

内出血が起きた時の対処方法

施術直後の場合は冷やす

内出血が起きてしまった場合、患部を冷やすことで症状の進行を食い止める事が出来ます。 特に、施術直後であれば患部に熱がこもって、出血が起こりやすくなっています。それ以上の出血が起これば内出血の症状も悪化していくため、まずは患部を保冷剤などでしっかり冷やして対処していきましょう。 出来るだけ長い時間冷やすことで、症状を緩和していくことも可能になります。

施術から時間が経っている場合は温める

症状がすでにあらわれてしまった場合、患部を冷やしてから数日が経ってからは患部を温めるのがお勧めです。蒸しタオルや温湿布を貼って患部に熱を集中させることで血行を促進していきます。 結果として肌内部にたまった血の塊が血液やリンパの流れに沿って排出されやすくなっていきます。即効性がある方法というわけではありませんが、継続して続けることである程度の効果が期待できます。 ※過度に血行をよくする行為や行動を控える トラブルが起きたときの対処法として、施術を受けた直後は激しい運動や長時間の入浴、サウナを避けることが大切になってきます。 血行を良くすることで患部の出血を促し、症状を悪化させてしまう恐れがあるためです。傷の炎症が残っている間、少なくとも施術当日や翌日はこうした血行を良くする行動を避けるのが無難になってきます。

メイクで隠す

既に症状があらわれてしまった場合にはメイクで患部の色合いをカバーしていくのがお勧めです。 赤っぽい色であれば寒色系を、青色の内出血になっていればオレンジ系のカラーを足していくことで綺麗にその跡を隠していく事が出来ます。

内出血の予防策

内出血が起こりにくい注射針を選択する

症状が起こりにくいとされる先端が丸い注射針を用いる方法です。 利用するクリニックによって多少の違いはあるものの、特殊な注射針を用いているクリニックも中にはあります。 こうしたクリニックを優先的に選ぶようにする、たったこれだけの事でも内出血のリスクを軽減していくことが可能です。

力まないようにリラックスして受ける

ヒアルロン酸注射でトラブルを引き起こさないために、施術中はリラックスするという事も大切です。 緊張して力んでしまえば、それだけ血管が拡張されてしまうため出血のリスクも高まっていきます。出来るだけ力を抜いてリラックスする、たったこれだけの事でも出血のリスクは軽減されて、結果として施術中のトラブルは回避できるわけです。

安さで選んではいけない

ヒアルロン酸注射の施術でトラブルを起こさないためにも、極端に値段の安いクリニックは避けるようにしましょう。 というのも、相場よりも極端に安いクリニックの場合、使用している薬剤の質が悪かったり、経験不足、技術力不足の医師が担当となる可能性が高くなったりします。 その分施術中のトラブルのリスクが高くなってしまうため、こうしたクリニックは避けるのが無難となってくるわけです。費用面ももちろん大切ですが、最初のクリニック選びの際には十分に注意していきましょう。

専門性・技術力のある医師を選ぶ

ヒアルロン酸注射の治療でトラブルを起こさないためにも、専門性・技術力のある医師を選ぶことが大切です。ある程度経験と実績のある医師であればそれだけ信頼して治療に臨むことが出来ますし、失敗のリスクも軽減していく事が出来ます。 形成外科出身の医師であること、美容外科での実績が多い事、こうした点を各クリニックのホームページなどで確認しておくのがおすすめです。クリニック選びの際にはこうした事前の情報収集が肝心になるという事です。

施術を受ける際は慎重な検討が大切です

座って本を読んでいる女性ヒアルロン酸注射の治療は手軽で効果の高い方法ではあるのですが、その分内出血のリスクが伴うという点に注意してかなければいけません。少しでもそのリスクを軽減していくためにも、利用するクリニック選びを慎重に行うなど工夫が必要になってきます。

関連記事