全切開法での二重の修正について|受ける前に知っておきたい基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

全切開による二重の修正で気をつけることとは?

人差し指を立てて注意点を示している女性 全切開法は、はっきりとした二重のラインを形成することが期待できる・平行型の二重を形成することができると言われています。 初めて二重整形を受ける場合は、比較的手軽にできる方法として埋没法を選択しますが、糸が取れてしまったり埋没法ではこれ以上の幅を広げられないといった場合に、全切開法で修正するという方も少なくありません。 また、全切開法を受け、デザインや仕上がりに納得いかない場合なども、再度切開法で修正する方もいます。 いずれの状況も、全切開で修正するにはリスクを伴います。 今回は全切開法で修正を受ける前に知っておきたい基礎知識を紹介します。

全切開法で幅を狭くする修正を行う方法

目頭に蒙古ひだがない奥二重の大きな目全切開法は半永久的に二重の形が維持できる・修正は必要ないと言われている方法ですが、希望したデザインや医師の技術力によっては修正を希望する方も少なくありません。 例えば、憧れている人の目のように幅を広げたが、自分には合わなかった・余計に眠たそうな印象になってしまった・幅を広げたためにラインがガタガタになってしまったなどということがあります。 埋没法の場合は糸を抜糸し掛け直すことで幅を狭くすることができるでしょう。 しかし、全切開法の場合は、切開したラインの下の皮膚を切除する必要があります。 それぞれの症状・状態によって異なっていますが、基本的に前回の手術でできた二重のラインを含めて皮膚を切除し、内部で癒着している場合にはそれも外し、必要に応じて脂肪やROOFを切除します。 その後、内部を縫合し、最後に皮膚同士を縫合して修正が行われます。

切開法による二重形成で幅を狭くすることができない可能性がある

頭を抱えて悩んでいる女性 幅を狭くできない例としては、前回の施術時に皮膚や脂肪を必要以上に切除している場合です。 この場合、修正の手術時に再び切除してしまうと、目を完全に閉じることができなくなる可能性があります。そのため、狭める範囲が制限されてしまうことも。 皮膚を切除せずに二重幅を狭めることも可能とはいわれていますが、希望するラインにならない・予定外の重瞼線ができる・目を閉じると凹凸が目立つなどというリスクがあります。 元に戻すことはもちろん、幅を狭くすることは新規の施術よりも難易度が高くなるということを理解しておきましょう。

全切開法で幅を広くする修正を行う方法

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目 切開法は埋没法よりもはっきりしたラインになることが多いという理由から、希望よりも少し幅の狭い二重を希望すると、後からもう少し幅を広げておけばよかったという方がいます。 幅が狭すぎた場合も、幅を広げるための手術が必要になるでしょう。 二重の幅を広げるためには、前回形成した二重のラインよりも高い位置を切開します。 その後、前回のラインが癒着している場合には癒着を外し、必要に応じて脂肪やROOFなどを除去し、内部処理を行なって縫合をすれば、幅を広げることが期待できそうです。

全切開法のダウンタイム

時計を指さしている女性 全切開法はメスを使って皮膚を切り取るという手術であり、半永久的な効果が見込めるというメリットがあります。 しかし、切開を伴うのでダウンタイムが長くなることを知っておきましょう。 施術中は麻酔を使うので痛みなどはほとんどありませんが、施術後には腫れ・赤みなどの症状が出てしまいます。 強い腫れは術後3日〜7日程度で落ち着くと言われていますが、その後も腫れ・むくみなどが1週間〜2週間程度続くようです。 傷跡の赤みなどは術後1ヶ月〜2ヶ月程度で落ち着くと言われています。 完成までには個人差がありますが、約3ヶ月〜6ヶ月程度の時間が必要なようです。

全切開法で形成した二重を埋没法で修正することは難しい

びっくりして驚いている顔 できるケースとできないケースがあるようです。 切開を行ったのにも関わらず、正しく手術が行われておらず、二重のラインが完全に取れてしまっている場合には、埋没法でも修正ができる可能性があるようです。 しかし、正しい方法で切開が行われていた場合、切開で形成した二重のラインよりも上の位置に埋没方を行うと、埋没法をする前と変わらないか、重瞼線になってしまうでしょう。 また、幅を狭くする場合でも、切開で形成した二重のラインが強く、ラインが崩れてしまったり、あまり変わらなかったりするようです。 いずれにせよ、症状・状態によって判断は異なりますが、切開法から埋没法で修正するケースはあまりないと考えても良いかもしれませんね。

全切開法による二重の修正術は医師選びが重要

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 全切開に限らず、埋没法などのプチ整形と言われている施術でも、専門性・技術力がなく、経験の浅いドクターであればあるほど、失敗・トラブルになる可能性が高いです。 特に修正の場合は新規の施術よりも難易度高くなります。 修正で失敗しないためには、専門性・技術力の高い医師選びが重要です。 これまでの経歴・資格・人柄・コミュニケーションなど、実際のカウンセリングを通して比較検討しながら慎重に探してくださいね。

関連記事