高校生でも二重整形術は受けられるのかについて徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

高校生でも二重整形は受けられる?

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目一重まぶたの目は目が小さく見えたり、見る人にきつい印象を与えることもあります。そこできれいな二重を手に入れるために二重整形施術を受けたいと思っているけれど、中には高校生なので二重整形施術が受けられるのか不安という方も多いと思います。

二重整形とは

二重整形には大きく分けて埋没法と切開法の二種類の施術法があります。埋没法はメスを使わず二重に出来るので、費用も安く短時間で終わるのが特徴です。切開法はメスで切開後に縫合するので、麻酔も必要で費用も高額になりますが、長期間にわたりきれいな二重を持続させることが可能です。 また、二重のデザインも目尻に向かって二重の幅が広くなる末広型と、目頭から目尻にかけて同じ幅の並行型があり、それぞれ違った特徴を持ちどちらが似合うかは人それぞれによって違います。

高校生でも二重整形を受けることが出来る

ポイントや注意点を教えている女性医師二重にすることで目が大きく見えたり、見る人に明るい印象を与えたりメイク映えがするといった効果が期待出来るので、すぐにでも二重整形施術を受けたいと思っている高校生の方も多いと思います。 ほとんどの美容外科クリニックで高校生の二重整形施術も行っているのでその点は安心して良いでしょう。ただし、アルバイトなどで二重整形施術を受けるのに十分なお金を持っていても、高校生の場合はすぐに二重整形施術が受けられるわけではありません

高校生が二重整形を受ける際のポイント

親の同意書が必要

高校生が二重整形施術を受ける際に必ず必要になるのが親の同意書です。親の同意書が無い場合はカウンセリングも受けられないケースがほとんどです。 クリニックによっては親の同意書を提出した上に、親への電話確認が必要となるところもあります。同意書はホームページ上からダウンロード出来るクリニックも多いので、高校生の方が二重整形施術を受けたいと思ったら、まずは親に相談して同意書に記入捺印してもらう必要があります。

医療ローンを組むことが可能

たくさんの100ドル札二重整形は健康保険が適用されないため、メスを使わず手軽に受けられる埋没法であっても平均5~10万円程度かかってしまいます。 アルバイトなどで貯めたお金を持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、中にはお金は無いけれど二重にしたいと思っている高校生も多いのではないでしょうか。そういった場合は医療ローンを利用する方法があります。 高校生なのでもちろん自分で医療ローンを組むことは出来ませんが、親の同意があり親の名義で医療ローンが組めるクリニックが多いので安心です。

施術の時期やタイミングを見る必要がある

メスを使わない埋没法であっても1週間程度、切開法なら2週間程度のダウンタイムがあります。二重整形施術後にまぶたの腫れなどがあるため、高校生の場合はこうしたダウンタイムを意識して二重整形施術を受けるようにする必要があります。 おすすめなのが春休みや夏休み、冬休みといった長期の休みを利用して二重整形施術を受ける方法で、気になるダウンタイムをまわりの目を気にすることなく、自宅でゆっくり過ごすことが出来ます。

高校生が二重整形を受ける際は両親の同意と十分なカウンセリングが必要

高校生が二重整形施術を受ける場合は親の同意が必要なだけでなく、二重整形施術に関して不安や疑問を解消するためにも、施術前に行う医師とのカウンセリングが重要になって来ます。 クリニックによっては同意書だけでなくカウンセリングに親の同伴が必要なクリニックもあります。中には親の同意書があれば同伴は必要無いクリニックもありますが、そういったクリニックでも可能であれば親の同伴があった方が何かと安心かもしません。

さいごに

クリニックの女性医師二重整形施術の方法や二重のデザインには種類があり、自分が希望する方法やデザインが必ずしも自分に合っているとは限りません。高校生の方は納得行く二重にするためにも、信頼出来るクリニックを選び十分なカウンセリングを受けた上で、二重整形施術を受けることをおすすめします。 そして何よりも、未成年の間はしっかりとご両親と相談をして、同意を得た上で施術に望むようにしてくださいね。

関連記事