輪郭整形で起こりうる後遺症とは|症状・状態の例と後遺症のリスクを下げる方法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

輪郭整形で起こりうる後遺症とは?

顔に包帯やサングラスをしている女性 輪郭整形といってもその方法は様々で、ボトックス注射や脂肪溶解注射などの注入系の施術から、エラ削りやあご削り、脂肪吸引など外科的な施術まであります。 もちろん、大掛かりな施術ほど、後遺症などのリスクが起こる可能性は高くなりますが、手軽な注入系の施術でもそのリスクは0ではありません。 今回は、輪郭形成で起こりうる後遺症とそれが起こりやすい施術を紹介します。

輪郭整形で起こりうる一時的な後遺症

頭を抱えて悩んでいる女性

しびれ・麻痺

輪郭整形施術を受けた場合、いくつか後遺症を引き起こす可能性があります。 起こりうる一時的なリスクとして、しびれ麻痺などです。 施術する際に神経にダメージを与えてしまったことなどの原因が考えられ、骨削りや脂肪吸引などで引き起こすケースが多いようです。

痛み・腫れ

輪郭整形において起こりうる一時的な後遺症として、痛み腫れなどがあります。 これも神経やその周りの組織にダメージを与えてしまうことなどが原因と言われています。 ダウンタイム中は痛み・腫れを伴うことが多いです。個人差によっては症状が落ち着くまでに時間がかかる可能性もあるということを理解しておきましょう。 注射による方法でも手術による方法でも一時的に痛みや腫れが伴うので、事前に休みを取るなどの準備が必要です。

食事・会話がしにくい

輪郭整形において一時的に食事や会話がしにくくなることがあります。 痛み・腫れ・知覚異常が原因とされています。 骨を移動させたり削ったりする輪郭整形で起こりやすいようです。

落ち着くまでにかかる期間

一時的な後遺症が落ち着くまでに掛かる期間は施術内容によって異なります。注入治療の場合は3日~1週間程度とダウンタイムは短いですが、大掛かりな輪郭形成になるとダウンタイムは少し長めになり、腫れなどが引くのに2週間~1ヶ月程度かかるでしょう。 特に、骨を移動させたり削ったりする輪郭整形は、個人差によっては回復までに3ヶ月〜1年程度かかることもあると理解しておいた方が良いです。

輪郭整形で起こりうる永久的な後遺症

皮膚のたるみ・ひきつれ

輪郭整形は、個人差によっては皮膚のたるみひきつれなどの症状が、永久的な後遺症として残ってしまう可能性があります。 これは、施術前までにあった骨や脂肪がなくなったことで、皮膚に余裕ができてしまうことでたるんでしまうでしょう。 また、ひきつれは、脂肪の取り過ぎなどが原因と考えられます。 いずれも、特にエラ削り脂肪吸引などで起こりやすいと言われています。

ゆがみ・バランスの崩れ

輪郭整形で起こりうる永久的なリスクとして、ゆがみバランスの崩れなどがあります。 通常はゆがんだりバランスが崩れたりしないようにしながら施術が進められて行きますが、左右差があるのにも関わらず、左右同じ量の骨削り(骨切り)や脂肪吸引をしてしまうなど、医師の美的センスによる影響大きく、こういった後遺症が出てしまう可能性も0ではありません。

不自然な凹凸が目立つ

特に不自然な凹凸が目立ちやすい後遺症が起こりやすいと言われているのは、脂肪吸引です。 他の施術で起こる可能可能性もありますが、不均一な脂肪の吸引でこのような副作用が起こってしまうこともあります。

骨の強度の低下

輪郭整形で起こりうる永久的な後遺症には、骨の強度の低下があります。 エラ削り・あご削り・頬骨削りなどで骨を削り過ぎてしまうことが原因で起こってしまうでしょう。 強度が低下してしまうと、疲れやすくなったり怪我をしやすくなったりするので、注意しなければなりません。

歯に隙間ができる

特に、出っ歯の修正や受け口の修正などの輪郭形成によって起こる可能性があります。 これらの輪郭形成では、歯を抜歯したり骨を切ったりして、状態に合わせて上あごや下あごを移動させます。この抜歯の際に歯と歯の間に隙間ができてしまうでしょう。 事前にリスクについてしっかりと説明を受けておいてくださいね。

しびれ・麻痺

しびれ・麻痺は一時的な後遺症でも紹介しましたが、神経に触れてしまったり傷つけてしまったりすると、一時的ではなく永久的に残ってしまうこともあります。 もちろん、経験の浅い未熟な医師であればあるほどそのリスクは高まりますが、専門性・技術力の高い医師のもとで受けたとしても、その確率は0ではないため、慎重な医師選びが必要です。

輪郭整形で永久的な後遺症を残さないためにできること

ポイントや注意点を教えている女性医師

やりすぎない

輪郭整形において永久的な後遺症を残さないため、施術をやり過ぎないことが大切です。 しかし、納得が行かず、輪郭形成を頻繁に繰り返し行なってしまう方も少なくありません。 繰り返し行うことで、後遺症が残ってしまうリスクが高まるので、しっかりとカウンセリングを行い、大きな施術の場合は特に綿密なカウンセリングを行うことが重要です。

後遺症・リスクを十分に理解する

自分が希望する施術に対して、あまり良く知らずに受けてしまうと、こんなはずではなかったと後悔する方も少なくありません。 事前に受ける施術にはどのような後遺症が残る可能性があるのか、どのようなリスクを伴うかを十分に理解した上で施術を受けることがポイントです。

輪郭整形は専門性・技術力の高い医師のもとで受けよう

笑顔のクリニックの男性医師 輪郭整形といってもその方法は様々で、比較的手軽に受けられる注入系による施術から、骨を切ったり削ったりする大掛かりな施術まであります。 いずれの施術も後遺症などのリスクが0というわけではありません。 特に経験の浅い未熟なドクターほど、そのリスクが高まる傾向です。 事前にクリニック・医師の経歴、実績、評判などをしっかりと調べましょう。 また金額があまりにも安すぎる場合には、何らかの問題がある可能性も考えられるので、費用ではなく適正な価格で且つ、信頼できるクリニックを選ぶように心がけてくださいね。

関連記事