シワの予防法について徹底解説|あなたのシワのタイプはどれ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

シワの予防法について

鏡をみて顔の肌にできたニキビやシミなどのできものを気にしている女性年齢を重ねれば重ねるほど、肌の乾燥がひどくなればなるほどシワの症状は悪化していきます。こうしたシワの症状があらわれる前にできる予防方法にはどんなものがあるのでしょうか?今一度チェックしていきましょう。

シワの種類を解説

ポイントや注意点を教えている女性医師

①乾燥によるシワ

そもそも、症状があらわれる原因として挙げられる要因にはどういったものがあるのでしょうか?まず挙げられるのが乾燥によるものです。肌表面はもちろんですが、肌内部の細胞の保水力が失われてしまうと見た目に肌のハリは損なわれていきます。そこから皮膚全体のたるみが起こり、シワの症状へと繋がっていくというわけです。乾燥の症状はこの他、あらゆる肌トラブルの要因にもなっていくため、とりわけ注意が必要になってきます。

②表情ジワ

シワの種類として、表情ジワのケースも挙げられていきます。表情ジワは笑ったり起こったり、表情を動かすことによって引き起こされてしまうシワのことをさしています。 このケースであれば年齢も関係なく症状が引き起こされてしまうわけですが、時に乾燥や紫外線などの影響で症状が悪化してしまうこともあるので注意が必要になってきます。 症状を改善していくために表情筋を使わないというわけにもいきませんし、まずは乾燥を予防することで対処していくしか方法は在りません。

③真皮ジワ

症状の種類の中には真皮ジワというケースも挙げられます。真皮ジワは肌表面のトラブルというよりも、肌のより奥深く、真皮層の細胞のトラブルによって引き起こされています。この部位の細胞が乾燥しがちになったり、機能が十分に果たされなくなるとコラーゲン成分が十分に生成されなくなってしまいます。 このケースも見た目に肌のハリが損なわれていくことになるので、シワの症状も顕著にあらわれていきます。この症状は早め早めに対処していくことが大切になってきます。

一度出来てしまうと改善が困難なシワ

頭を抱えて驚いている女性ここで挙げた3つのタイプのシワはすべて予防が可能になってきます。ただ、一度症状があらわれてしまうと、表情ジワや真皮ジワは対処が難しくなっていきます。あまりに症状が顕著な場合には医療機関での治療が必要になってきますが、まずはそうなる前に対処していくことが大切です。 自分で出来るセルフケアでの予防法も中にはあるので、まずはそういった手軽なものからはじめていくようにしましょう。

シワの予防法

①エイジングケアの基本、保湿をしっかり行う

エイジングケアの基本として、肌の乾燥を防ぐことが大切になってきます。保湿成分が豊富に入った化粧品を用いたり、入浴後や外出後など、肌が乾燥しやすいタイミングで保湿ケアを徹底したりと対処していきましょう。 たったこれだけの事でも、見た目に肌の状態は改善していくことが出来ますし、肌の乾燥、老化の症状を食い止めていくことが可能です。まずは自分の肌に合った化粧品をさがしていくことからはじめていくといいでしょう。

②紫外線対策を怠らない

症状を予防するための方法として、紫外線対策も大切になってきます。日々の生活の中で、知らず知らずのうちに紫外線によるダメージは蓄積されていきます。外出の際には日焼け止めクリームを使ったり日よけを用いたりするなどして、紫外線対策を徹底していきましょう。 簡単な事ではありますが、これだけのことでも肌への負担を軽減していくことが出来ます。紫外線によるダメージによって肌機能が損なわれてしまう、あるいは乾燥が促されてしまうという問題点を未然に解消することができるというわけです。

③健康的な生活習慣

症状を引き起こさないためのポイントとして、健康的な生活習慣も欠かせません。日々のストレスは知らず知らずのうちに体に蓄積されていきます。それが肌状態にもあらわれることもあるので、まずは生活の中でのストレスを軽減していくことが大切になっていくわけです。 バランスの取れた食事をとって毎日決まった時間に睡眠をとるようにする、その他、適度な運動やストレス発散などポイントはいくつかあげられます。いきなりすべてを実行するのは難しいでしょうが、少しずつ生活習慣を改善していきましょう

④血流を良くするためのマッサージ

症状があらわれるのを防ぐために、血行を良くするマッサージを施していくのもお勧めです。顔を流れる血管、リンパにそって優しく肌表面を撫でるようにしてマッサージをしていくのがベストです。この時、極端にマッサージの力を強くしてしまうと内出血が残ってしまうこともあるので注意していくようにしましょう。 マッサージの際にオイルやクリームを使って滑りを良くしていくのもお勧めです。血行やリンパの流れを良くするだけでなく、同時にスキンケアも可能になってくるわけです。

⑤肌へ不要な刺激を与えない

シワの症状を予防するために、肌への不要な刺激を避けるということもポイントになってきます。洗顔の際には皮膚をこすりすぎないように注意する事、洗顔料をしっかり泡立ててその泡を使って優しく汚れを落としていく事が大切です。 とりわけ、皮膚が薄くて敏感な目の周りはちょっとの刺激でもダメージが蓄積されてしまいます。こうした部位は出来るだけ肌をこすらないように気をつけていきましょう。これだけの事でも肌への負担は最小限に抑える事が出来ます

すでに出来てしまったシワへの治療法を紹介

横顔が綺麗な女性 乾燥によって引き起こされるシワの症状は、先に挙げたような日々のセルフケアで十分に対処していくことができます。 ただ、その他の要因で引き起こされてしまう真皮ジワ、表情ジワに関してはセルフケアでは十分に対処できない場合もあるので注意が必要です。 こうしたセルフケアでは対処しきれない症状に関しては、より本格的な治療が出来る医療機関での対処がお勧めになってきます。

①ヒアルロン酸注入

医療機関でできる症状の予防方法として、ヒアルロン酸注入の方法があげられます。肌の内部に直接ヒアルロン酸成分を注入することで肌の機能を活性化していくことができます。 また、施術を受けたその場で肌を膨らませていくことが出来るので、肌のハリ不足、皮膚のたるみの症状が顕著な場合にはおすすめになってきます。 施術費用は1回あたり1万円前後、ダウンタイムはほとんど必要ありません。ただ、効果の持続期間は数か月程度しか持たない為、施術を繰り返して行う必要が出てきます。

②シワボトックス

症状を予防するためにはシワボトックスの治療もおすすめになってきます。筋肉の収縮を抑制する薬剤を患部に注入することでシワを直接改善していくことが出来ます。費用負担は1回あたり2万円前後、利用する病院によってこの金額は変わってくることになるので、注意していくようにしましょう。 この治療は体への負担が最小限に抑えられているためダウンタイムはほとんどありませんが、持続期間が数か月しか続かないという問題点があります。治療の際には注意していくようにしましょう。

③レーザー照射

症状を改善していく為にはレーザーによる治療もおすすめになってきます。代表的な治療にはフラクショナルレーザーが挙げられますが、この施術では特殊なレーザー光を点状に照射していきます。肌内部にまで刺激を加えるで肌全体を引き締めていくことが可能になり、シワの解消していくことが出来ます。 費用負担は1回あたり3万円前後、ダウンタイムとして1週間ほどの期間が必要になってきます。1回の施術で劇的な変化が得られるわけではありませんが、複数回施術を繰り返すことで十分な効果を実感していくことが出来ます

④フェイスリフト

症状を改善していく為の方法として、フェイスリフトの治療もおすすめになってきます。フェイスリフトは頬の皮膚を直接引き上げていくことで見た目を改善していくことができます。皮膚を引き上げるには、切開法や糸を使った方法が用いられていきますが、このどちらもより長い期間の効果が期待できます。 費用負担は切開法で30万円前後、糸を使った方法であれば20万円程度の金額が必要です。ダウンタイムはどちらの1週間から数週間ほどですが、人によってこの期間は異なってくることになります。

さいごに

クリニックの女性医師シワの症状はそのタイプによって予防方法が変わってくることになります。まずは自分の症状はどのタイプに当てはまるのか、今一度チェックしていくことから始めていきましょう。そこから自分の症状にあった予防方法を試していくことが大切です。

関連記事