二回目の埋没法について|痛みや抜糸の必要なケースなど徹底特集

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

二回目の埋没法について紹介します

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目埋没法の二重整形は、基本的には二回目も可能です。 そこで、今回はそんな二回目の埋没法を受ける上で知っておきたい情報についてご紹介していきたいと思います。

そもそも埋没法とは?

埋没法は特殊な糸を使用してまぶたの幅を整形する手術です。半永久的に二重をキープできるケースもありますが、三年から五年でとれてしまうことも珍しくありません。 また、初めての手術では二重が定着せずに元の形に戻ってしまうことがあるのです。 メスを使用する切開法とは異なり、埋没法は負担が少なく自然に仕上がるのですが、とれてしまうことが多いので二回目、三回目の手術を受けて二重をキープすることになる場合は少なくありません。

二回目の施術時の腫れや痛み

二回目の埋没法での二重手術の腫れや痛みは、一回目と変わらないことがほとんどです。 しかし、施術の技術の発展と共に、クリニック側の施術により軽減される場合があります。また、一回目の施術での経験から、どの程度の痛みが生じるか分かっていることで一回目より楽になったと感じることも多いようです。

一回目の施術時の抜糸は必要?

二回目の埋没法の二重整形を行うときに一回目の施術時の抜糸は基本的に必要ありません。 幅を変更する際も、一回目の糸を抜糸せずに手術を行います。前回の施術を受けてからの期間や、糸の状況にもよりますが基本的には一回目の糸に手を加えることなく二回目の埋没法二重整形を行います。特別な問題がなければ抜糸せずとも新しく受けた施術の幅をキープできます。

抜糸が必要なケース

糸が露出している

抜糸が必要なケースとして糸が露出してしまっている場合があります。 一回目に受けた埋没法の二重整形手術に使用した糸がまぶたの裏で切れてしまうなど露出してしまうことがあります。すると、眼球に負担を与えてしまうため抜糸が必要です。

目元の違和感がある

一回目の埋没法の際に使用した糸が眼球の方向に露出していると目元に違和感を受けます。目の中にまつげが入ったときのように違和感が持続している場合は、まぶたの中で切れた糸が露出している恐れがあります。 コンタクトレンズを使用している方は、レンズが切れている糸に擦れることで違和感が強くなります。

糸に細菌が付着して炎症を起こしている

糸に細菌が付着して炎症を起こしている場合は抜糸が必要です。 通常は埋没法に使用している糸が原因で炎症を起こすことは少ないのですが、糸が切れてしまっていたり、目をこするなどの行為が原因で糸に細菌が付着することも想定できます。

不安な点などがある場合は、早めにクリニックに相談することが重要!

顎に手をついて考えている女性埋没法は糸で数カ所止めるだけなので戻ってしまうこともありえます。その場合、二回目の施術だからといって痛みや腫れが強くなることはありません。 しかし、目元の違和感を感じる場合は、早めに医師へ相談することが大切です。

関連記事