おでこのへこみの原因や効果的な治療法について詳しく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

おでこのへこみについて

鏡をみて顔の肌にできたニキビやシミなどのできものを気にしている女性おでこのへこみがあると老けた印象になりますし、疲れたような印象を与えることもあります。化粧などをしても上手く隠せないため、女性は特に気になるものでしょう。しかし、原因を知っておくことで予防や対策ができます。

おでこのへこみやくぼみに悩む人は少なくない

おでこのへこみやというのは多くの人が悩んでいます。特に40代以降になると目立ちやすくなりますし、女性だけでなく男性でも悩むを抱えていることがあるでしょう。中には10代でもおでこの悩みを抱えている人がいます。

おでこがへこむ原因

①加齢によるもの

おでこがへこむ原因として加齢が挙げられます。誰でも年齢を重ねるごとに皮膚や筋肉がたるんでしまいますし、脂肪が痩せてしまいます。 そして、たるみを支えようとして眉毛を上げることにより、おでこにへこみができてしまうのです。また、年齢を重ねるごとに頭皮のたるみが発生しやすくなることも原因の一つです。これは加齢による症状なので避けることはできませんが、頭皮とおでこは一枚の皮で繋がっているため、頭皮のたるみもへこみに繋がってしまうのです。

②先天的な骨格によるもの

おでこがへこむ原因として先天的な骨格によるものがあります。つまり生まれつきへこみやすい人とそうでない人がいるということです。 骨格が原因と聞くと仕方ないと考える人もいるでしょう。しかし、最低限のスキンケアやトレーニングを行うことにより、ある程度改善できる場合ことも多いです。また、先天的に眼瞼下垂症の人はまぶたの開きが悪くなりますし、おでこの悩みに繋がってしまうことがあります。一重瞼や目が細い人などもへこみやすいので注意しましょう。

おでこのへこみの治療法

眉毛の上に注射を打っている女性

①脂肪注入(CRF注入)

おでこのへこみを改善したいという場合、脂肪注入(CRF注入)という治療法があります。これはおでこのへこみや目の下のくぼみ、ほうれい線、しわなどの解消に効果的な施術であり、気になる悩みを物理的に解消することができます。 自身の体から抽出した脂肪を使うため、安全性が高いことが特徴です。また、仕上がりが自然になることもメリットであり、一度生着した脂肪は半永久的な効果が得られるということです。デメリットとしては自身の脂肪を注入するため、事前に脂肪吸引が必要になるということが挙げられます。 他にも分解酵素がないので失敗した時に治すことが困難とされています。価格は部位によっても異なっていますが、1部位で30万円程度かかってきます。

②ヒアルロン酸注入

おでこのへこみはヒアルロン酸注入で改善することもできます。ヒアルロン酸を注入することにより、肌のハリを促す効果が期待できます。 施術直後から効果を実感できることや施術時間が短いこと、ダウンタイムがほとんどないことがメリットとして挙げられます。そのため忙しい人でも手軽に受けることができるでしょう。 また、注入をしてから薬剤の量が多すぎた場合や表面が凸凹してしまった場合、すぐに修正できることもポイントです。ヒアルロン酸は体内で生成される成分であり、アレルギー反応が発生しにくいことも大きなメリットです。ヒアルロン酸注入のデメリットとしては効果がずっと続くわけではないということが挙げられます。個人差はありますが、3ヶ月から半年程で効果が消えてしまうでしょう。費用は1ccあたり5万円~10万円が相場となっています。

③PRP注入

おでこのへこみが気になる場合、PRP注入という治療を受けることもできます。これは自身の血液から抽出した成分を注入し、皮膚の再生や若返りを目指すという治療法です。 PRP注入は高い効果が期待できますし、自身の皮膚を再生させて少しずつおでこのへこみを解消するため、周りの人に気づかれにくいというメリットがあります。また、自身の血液を使用するので副作用のリスクも低く、アレルギーが発生することはほとんどありません。メスなども使用しないので安全性が高いことが特徴です。 PRP注入のデメリットとしては効果がすぐに出るわけではないということが挙げられます。効果の出方には個人差もありますが、1~2ヶ月くらいで実感できるでしょう。費用については20~40万円程度が相場となります。

さいごに

顎をおさえている女性おでこのへこみはどんな人にでもできると言われています。加齢によって発生するから仕方ないと諦めてしまう人もいるかもしれません。しかし、原因に合わせた対策や治療を行うことにより、年齢を重ねても若々しい印象をキープできるようになるのです。

関連記事