奥二重を二重にする方法について|セルフケアや整形法、費用や経過を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
9
手で望遠鏡を作って覗いている子供よく見てみると二重なのに、パッと見た感じは一重ということであれば奥二重が考えられます。また二重の整形バレを危惧し、奥二重にしたいと言った方にもニーズがあるとされています。 そんな方達のためにセルフケアから美容整形まで奥二重に関する様々な方法を今回は紹介していきます。

奥二重とは

そもそも奥二重は、二重だけど二重幅がとても狭いために皮膚がかぶさって一重に見えてしまう状態です。部分的に二重のラインが見えていることもよくあります。 まぶたの皮膚が多すぎるためあまり良い印象を与えないかもしれません。もっと目が大きいはずなのに、あまり目が大きく見えなかったり、眠たそうな雰囲気になったりすることもあります。ずっと自分は一重だと思っていた人も少なくありませんし、整形を考える人も多いです。

奥二重と二重の違い

奥二重の人は実際には二重瞼なのですが、ラインの幅が狭いため睫毛の先が隠れています。 よって見た目は一重瞼に見えてしまいますが、これは日本人特有の目の形と言われています。しかし目尻の部分は二重幅がわずかに見えるため、一重瞼のように腫れぼったいような雰囲気は感じないのが大きな特徴です。

セルフケアでの奥二重改善方法

何かを思いついた女性

マッサージを行う

奥二重を二重にするための第一歩として、マッサージが効果的と言われています。 まず、直接まぶたに触らずに眉毛が動かないように両手で抑えてください。そして、目を大きく見開きます。この状態で5秒キープしたら、今度は眉毛を動かさないように目を閉じます。このまま5秒キープしましょう。眉毛を動かさないことが最大のポイントです。 これを毎日5セット繰り返すことで、まぶたのむくみやたるみを緩やかに改善することが可能とされています。

絆創膏を貼る

絆創膏を使うことで二重にすることは可能ですが、使い方に気を付ける必要があります。より綺麗な目元に仕上げるために何度も絆創膏を張っていると、皮膚が伸びきってしまう可能性も出てきます。よって絆創膏を使う際はなるべく細めに切って、粘着力が強いものを選ぶと良いとされています。 ・二重を作る場合のポイント まず目を大きく開いた状態で、目の上に指をあてます。その際に眉骨が当たる部分があるため、その周辺に絆創膏を当てると成功しやすいでしょう。一回目を閉じてみて、不自然でなければその位置が適しているという事です。

アイプチを使用する

ドラッグストアなどで売られているアイプチを使ってみることで二重になります。 最初にまぶたの油分や汚れを取っておき、二重の幅を決めてアイプチを塗ってください。完全に乾いてからプッシャーを使ってまぶたを折り込んで出来上がりです。 運動する時に使いたい人はウォータープルーフを使えば簡単に落ちません。アイラインを引きたいのならば、色が付いているタイプを使うだけで十分アイラインを引いているように見えます。

メザイクを使用する

最近ではメザイクをして二重瞼を保っている人も見受けられますが、アイプチとは違ってアレルギー症状が出にくいことから人気が出ています。 主に粘着繊維糸が使用されるため、皮膚が炎症で腫れあがるなどのケースも少ないと言われています。メザイクは糸を瞼に食い込ませて二重にすることで、瞼に癖がつきやすいのです。 メザイクの習慣を繰り返していると、一定の部分にしわができます。しわの部分がしっかり定まった場合は皮膚がめり込んで綺麗な目に仕上がります。

タオルを用いた温冷交換法

そして瞼の新陳代謝と血行をよくするタオルの温冷交換法もあります。瞼の脂肪は簡単には取り除くことはできませんが、少なくともむくみを除去することは可能です。 実際に奥二重の人は、むくみが多いために本来の二重瞼が一重のような状態になってしまっていることも少なくありません。 特に風呂上がりに冷たいタオルを瞼に置くことで、より血行がスムーズになると考えられます。しばらくして瞼が冷めると、次は温かいタオルを用意して目元に当てます。

美容整形での奥二重改善方法

手術をしている医師二人

埋没法

埋没法で奥二重から二重にできます。メリットはメスを使わないので、ダウンタイムが短くて済むことです。また、糸で止めて二重を作るだけなので、糸を切って元に戻すことができます。 デメリットは、戻そうと思っていないのに糸が切れて戻ることが考えられます。まぶたを強くこすらないように気を付けて生活しましょう。 ▽埋没法ついてさらに詳しい情報を知りたい方はこちら埋没法(二重形成)

②目尻切開

《効果・内容》

・費用相場・最安値

自由診療なので、かなり費用はばらつきがあります。だいたい5~10万円くらいで施術できることが多いです。 もっと安く施術できるクリニックもありますし、施術内容によっても費用が変わります。安いところは2万円台で受けられることもあります。

・ダウンタイム・経過

メスを入れないのでダウンタイムは比較的短くて済みます。 痛みや腫れは術後3日くらいまでがピークです。腫れに関しては1~2週間程度でかなり引きます。術後2ヵ月くらいすれば落ち着くので、それまでは安静にしてください。

切開法

平行型二重をしている大きな目まぶた全体を切開する方法と、部分的に切開する方法があります。傷跡が二重のラインに変わるため、傷跡が目立たなくて済みます。 メリットはまぶたが厚くても対応できる点や、半永久的な変化が期待できる点が挙げられます。一方、デメリットはメスを入れるためにダウンタイムが長くなることです。 ▽切開法ついてさらに詳しい情報を知りたい方はこちら切開による二重整形について詳しく解説|リスクや費用相場も

・相場費用・最安値

埋没法で整形するよりも切開法の方が費用は高くなります。クリニックによって費用はかなりばらつきはあるものの、20~30万円くらいかかります。

・ダウンタイム・経過

皮膚を切るのでダウンタイムが長くなります。術後1週間程度は強く腫れることもあります。 また、個人差はあるものの、2~4か月くらいは腫れや赤みが続くことが多いです。二重が落ち着くまでに長くなると1年くらい必要なこともあります。

自分の希望に沿う施術法を選ぶことが重要!

どちらを選ぶか悩んでいる白い服を着た女性奥二重の人は、メイクや手術などで綺麗な二重瞼を手にすることができます。それに加えて目元の血行を良くすることも重要で、マッサージやタオルを使った方法もむくみを取るために効果的です。 しかし、より大きな変化を実感したいのであれば、埋没法や切開法などを受けることで確かな二重になることがあります。しかし、施術を受ける場合は、総合的な判断や医師と相談した上で適切な施術を受けることが最も大切になってきます。

関連記事