埋没法の修正を切開法で行う場合の施術内容や注意点を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
2
綺麗な二重をした女性の目元 埋没法は、糸で数箇所まぶたを固定する二重整形で、プチ整形とも呼ばれる人気の高い方法です。 一方、切開法は皮膚を切ることで、はっきりとした二重ラインの形成と半永久的な二重を維持できるといわれている方法です。 二重形成を受ける場合、ダウンタイムが短く手軽な方法として埋没法を受ける方も多いですが、その後糸が取れてしまったり、ラインが薄くなってきてしまったりした場合に、切開法で二重形成を受け直すという方も少なくありません。 今回は、埋没から切開へと切り替える場合のメリットと仕上がりのデザインについて、そして施術を受ける際の注意点を紹介します。 ▽「埋没法修正」の詳しい情報はこちら ┗【二重修正】埋没法はどうやって修正するの? 具体的な施術やかかる費用を紹介

切開法とは?

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目 切開法による二重形成では、希望のラインに沿って切開します。その後、必要があれば脂肪やROOFを取り出し、内部処理を行なって縫合されます。 切開法は切開を伴うため、半永久的に二重を維持することができるでしょう。 特に、ラインを強く出したい、幅の広い二重にしたい、平行型の二重にしたいなどの希望に沿った施術が可能という点がメリットです。 ただし、周りの人に二重整形を受けたことを知られたくない人には切開は向きません。 形成するラインについてはカウンセリング時にしっかりと相談してください。 ▽「切開法」の詳しい情報はこちら ┗全切開法

切開法のダウンタイム

切開法は埋没法とは異なり、まぶたを切ることになるのでダウンタイムは比較的に長くなります。 埋没で作ったラインを取り除き、さらに切開施術を行うため、腫れが引くまでの時間はさらに掛かる可能性もあります。 切開法による二重形成の場合は2週間程度のダウンタイムが必要と考えたほうがいいですが、個人差もあるので、自分のまぶたではどのくらいダウンタイムが必要かはカウンセリングで聞いてみてくださいね。

埋没法を受けてから切開法を受ける理由

顎に手をついて考えている女性 埋没法を受けてから切開法による二重形成を再び受けるケースでは、埋没法で作ったラインが取れてしまい、それを取れないようにしたいという理由からです。 特に埋没法を複数回繰り返している人が、切開法による二重形成を受ける方が多いようです。 埋没法から切開法に切り替えることで、ラインが取れる心配が必要なくなるでしょう。2回以上、埋没法のラインが取れた方は、切開法を検討してみても良いかもしれません。

埋没法から切開法で修正する場合のデザインの変化

目を閉じている女性の目元 埋没から切開に切り替えて二重形成をした場合、見た目が大きく変化するケースとあまり変わらないケースがあります。 切開法で作る二重ははっきりしたものになることが多いです。 大きな変化をしないケースは、埋没法で作った二重のラインが強くはっきりとした印象の形の場合です。深く彫り込むような形で埋没法を受けているのならば、埋没から切開で再手術をしても見た目は変わらない可能性があります。 一方で、自然な二重のラインを埋没法で作っていたのならば、大きな変化を感じてしまう可能性があります。

埋没法から切開法を受ける際に抜糸する理由

埋没から切開に切り替えて施術を受けるときに最も気をつけたいのは、埋没法で留めた糸の抜糸についてです。埋没法で二重整形を受けていることや、受けた回数をカウンセリングの際に伝えましょう。 抜糸をする理由としては、埋没法の糸を残したままにすると、希望した二重のラインが作れないなど仕上がりに影響してしまう可能性が考えられます。そのため、切開法を行う際には、同時に埋没法の糸の抜糸が行われるケースが多いです。 ただし、留めている点数や複雑な留め方をしている場合には、抜糸にも技術が必要です。それが問題なくできるのか事前に確認してから、埋没から切開に切り替えることが重要です。 そして、手法により糸を取り除くことで強い腫れを伴うこともあるため、ダウンタイムは長めに考えてスケジュールを調整する必要があります。

修正手術は難易度が高いためクリニック選びが重要

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目 埋没から切開に切り替えて施術を受けることには、メリットもデメリットもあります。しっかりと施術に対して理解をしてから、二重の整形を受けるようにしてください。 また修正手術は一般的に通常の施術よりも難易度が高くなります。修正を繰り返さないためにも技術力の高いクリニックを選ぶことが重要です。

関連記事