ボトックス注射にかかる値段|部位別の相場と値段が異なる理由を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ボトックス注射の適正価格とは?

何かを思いついた女性 ボトックス注射を受けたいという場合、値段の相場をしっかり知っておくと良いでしょう。 施術の値段は部位によって変わってくることはもちろん、受けるクリニックによっても異なってきます。 今回は気になるボトックスの値段について紹介していきます。

ボトックス注射とは?

注射を持って注入しようとしている男性 ボトックス注射は、注射のみで、比較的簡単にしわたるみの改善、痩身ができるといわれている方法です。 ボトックス注射にはボツリヌス菌の毒素から抽出した成分が使われています。注射で使われる成分は安全性が高く、食中毒を起こす危険性ほとんどないといわれています。 しわやたるみ、筋肉の張っているところなど気になる箇所に注射することで、悩みを改善することができるでしょう。

ボトックス注射で得られる効果

クリニックで麻酔やヒアルロン酸などの注射を顔に打っている女性 ボトックス注射はもともと病気の治療のために行われていました。 斜視や痙攣、頭痛、肩こりなどに効果が期待できるということはもちろん、美容分野でも多く活用されています。 美容の分野ではしわたるみ小顔痩身などの効果が得られるとされています。 多汗症を治したい場合や花粉症の症状を軽減したいという人にもボトックス注射は使われいます。 ボトックス注射は特に表情によって発生するしわに対して、表情筋の働きを抑制することでしわを解消できるでしょう。

ボトックス注射の値段が異なる理由

人差し指を立てて注意点を示している女性 美容目的で受ける場合は自由診療になるため、クリニックが独自で料金を設定することができます。 そのため、費用に差が出てきてしまうでしょう。 また、使用する薬剤によっても値段が異なります。 薬剤にはいくつかメーカーがあり、高いものもあれば安いものもあります。 値段が安すぎる場合には、厚生労働省の認可を受けていない場合や、FDA(日本の厚生労働省にあたる機関)の認可を受けていない場合などがあります。 さらに、薄めて使用している場合もあるので、安すぎるボトックスには注意しなければなりません。

ボトックス注射の回数・頻度・値段

施術にかかる費用と予算を比較して悩んでいる女性 額・眉間・目尻のしわの改善の場合、注入量にもよりますが、1ヶ所1万5千円〜5万円が相場のようです。 しわに対するボトックス注射は、3ヶ月〜4ヶ月に1回の頻度が目安といわれています。ただし、注入を繰り返すことで、持続期間が延びることもあるようです。 エラの場合は5万円〜10万円、足の場合は10万円〜15万円が相場になるようです。 ワキの場合は5万円〜15万円とクリニックによって差が出てくるようです。

ボトックス注射の値段を抑える方法

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

モニター制度を利用する

ボトックス注射は比較的手軽に受けられる施術として人気の施術の一つです。 1回あたり数万円と安く、本格的な美容整形と比べるとリーズナブルに受けることができます。 しかし、効果を持続させるためには、何度も施術を繰り返す必要があり、その分値段が高額になってしまいますよね。そこで、値段を安く抑える方法として、クリニックで行われているモニター制度を利用することで、値段を抑えられるでしょう。 モニターに採用されれば通常よりも費用負担が少なくなるため、ボトックス注射が受けやすくなるでしょう。

クリニックの割引制度(会員価格・キャンペーン)を利用する

ボトックス注射の値段を安くしたいという場合、クリニックの割引制度をしっかり確認しましょう。 初回限定のキャンペーンクリニック独自の会員になれば特別価格で施術を受けられることもあります。 このような割引制度を利用したいという場合、クリニックの公式サイトをこまめにチェックすることがポイントです。

ボトックス注射は値段でクリニック・医師を決めてはいけない

笑顔のクリニックの男性医師 ボトックス注射を受ける場合、値段のことが気になってしまう人も多いでしょう。 しかし、値段の安さだけでクリニックを選ぶと失敗してしまうリスクが高くなります。 特に複数の院を展開しているクリニックでは、注射のみのボトックスのような施術は若い医師が担当するということが多い傾向にあります。 しかし、ボトックスは注入量を誤ったり、位置が少しずれてしまったりしただけでも違和感が出てしまうことも少なくありません。 また、極端に安いクリニックは、大きな容器から必要な分だけを取り出し、それを数日間使いまわすということも。開封から時間が経過したものは効果が弱まってしまうといわれているため、注意しなければなりません。 効果を高めるためには、1瓶を買い取る方式のクリニックを選ぶなどを確認して選ぶようにしてくださいね。

関連記事