ヒアルロン酸注射は痛い?施術箇所によっては麻酔を使用することも!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ヒアルロン酸注射による痛みについて

注射器を持ったクリニックの女性医師 メスを入れないプチ整形に用いられるヒアルロン注射ですが、受けてみると痛いと感じる方もいるようです。ただ注射部位によって痛みを感じる度合いや、生理学的特徴も異なります。本稿ではヒアルロン注射が痛いか否かを検討していきます。

施術箇所別のヒアルロン酸注射による痛み

目の下や頰に注射をしようとしている女性

涙袋の場合

それでは施術部位に応じてヒアルロン酸注射の痛みについて考えていきましょう。涙袋を大きくして目の印象を変える場合にヒアルロン酸注射が行われることがあります。なかには麻酔入りの注射液が使用されることもあるようですが、人によっては瞬時に目にしみるような痛みを覚える場合もあります。 そのため痛い症状に弱い自覚がある場合には、麻酔薬入りのジェルなどで事前麻酔を行っておくのが賢明です。ダウンタイムはほとんどありませんが、術後数日程度は若干腫れる場合があるようです。

ほうれい線の場合

ほうれい線は加齢による皮膚のたるみはもちろん、顔の動作によっては比較的弱年齢の方でも気になる部分のためヒアルロン酸注射が良く実施されるパーツの一つです。ただ口の裏側に接している部分でもあるので痛みを感じやすい部位と言えます。事前麻酔なしに注射を行うと強く痛みを感じる場合もあるようです。 そこで施術前に笑気麻酔なども行うことがあるようです。ダウンタイムとしてはまれにヒアルロン酸による血流障害や内出血が出る場合はあります。

鼻の場合

手軽な隆鼻術として、鼻にヒアルロン酸注射を実施することも高い人気を誇っています。ただし鼻に注射するヒアルロン酸は鼻梁に高さを保持する必要があるので、粘度の高い薬液が注入されることになります。そのおかげで他の部位に比べても痛い印象を持つ方が多いようです。 そこで痛みを最小限に抑えるため事前に麻酔を行い、鼻の全体のバランスを見ながらヒアルロン酸が注入されていきます。ダウンタイムの懸念はほとんどありませんが、使用するヒアルロン酸によっては鼻が横に太くなる場合があります。

あごの場合

横顔にすると鼻先・唇先・あご先を結んだ線が一直線上にならぶEラインを形作るのが理想とされています。しかし日本人はあご先が引っ込んでいることが多いので、あご先にボリュームを持たせ。Eラインを形成することを目的にヒアルロン酸注射が実施されます。 鼻と同様にしっかりボリューム感を持たせるために長期持続型のヒアルロン酸が用いられているようです。ダウンタイムの心配はほとんどありませんが、注入後数時間は不安定なため施術部位を圧迫する行為などは控えるべきでしょう。

唇の場合

唇にふくらみを持たせたり、あひる口にするためにヒアルロン酸注射が実施されています。ただし唇は皮膚ではなく粘膜のため、神経組織が豊富な部位という特徴を持ちます。そこで注射を行うと強い痛みを伴うので、事前に麻酔を行うことが多いようです。 また長期持続性のヒアルロン酸を注入すると形がいびつになる恐れがあるので、効果持続期間も4ヶ月程度と短めです。ダウンタイムとして唇は血行が豊富なため内出血などを伴うことがあります。

頬の場合

頬は真皮層のヒアルロン酸などの保湿物質の減少により、皮膚にたるみが生じるためふっくらとした頬にする目的でヒアルロン酸注射が行われています。頬全体のバランスを見ながら注射を行うので、広い範囲に注入をおこなうと痛みが強くなる傾向があります。 そこで麻酔を併用することが痛みを軽くし、施術中の負担も軽減されるでしょう。ヒアルロン酸注入量も比較的多くなるので、内出血などのダウンタイムの可能性があります。クリニックによってはダウンタイムのための薬を処方している場合もあるようです。

ヒアルロン酸注射による痛みは「個人差や施術箇所での違い」がある

顔面におけるヒアルロン酸注射は、美容整形では普及している施術の一つです。しかし注入するヒアルロン酸が単なる液体ではなく、施術箇所にふくらみを持たせることを目的にしているため注入の際に痛い印象を持つ方も多いようです。 例えば顎先のように比較的痛覚が鈍感な部位から、繊細な唇周辺とでは当然痛みの度合いは異なってきます。そのため痛み対策は施術部位に応じて検討するのが妥当です。また注射については苦手意識も関係するので個人差も大きいといえます。

ヒアルロン酸注射による痛みやダウンタイムはゼロではない

両手で顔をおさえている女性 ヒアルロン酸注射は比較的リーズナブルな費用で、顔にメスを入れることも無く施術後すぐに効果を実感できることから高い人気を得ています。たしかに一般的な美容整形手術ほどに痛み等のダウンタイムのリスクは軽減されていますが、ゼロではありません。 しかも顔の各パーツによっては、それなりの痛みや腫れを覚悟しなければならない場合もあります。そのため事前のカウンセリングの際には痛みなどのダウンタイムによるデメリットも十分理解して、術後も医師の指示を遵守する必要があります。

リスクやデメリットなども理解した上で施術を受けましょう

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 ヒアルロン酸注射はプチ整形の代表格として、各パーツを対象に行われています。ダウンタイムも軽く施術後すぐに帰宅できますが、痛みや内出血のリスクは常にあります。また部位によっては効果の持続期間に差異が出たりします。そのためヒアルロン酸注射のメリット・デメリットを十分理解して施術を受けてください。

関連記事