ダーマローラーで毛穴の治療ができる?効果が出やすい方法や経過を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ダーマローラーでの毛穴治療について

女性の綺麗な肌を虫眼鏡で拡大している 毛穴トラブルを改善する方法には色々なものがありますが、クリニックで治療を受ける場合にはダーマローラーが効果的です。利用する場合には治療の仕組みは効果について詳しく知っておかなければなりませんので、詳細を見ていきます。

そもそもダーマローラー治療とは?

ダーマローラーとは、極細の医療用ステンレス針がたくさんついているローラーを肌の上で転がしていき、目に見えないくらいの小さな穴を無数に開けてわざと肌に炎症を起こさせて、治癒する際にコラーゲンが生成される仕組みを利用して肌を蘇らせる治療法です。 施術にはコラーゲンを外から注入する方法もありますが、ダーマローラーは施術を受ける人の肌自体を再生させてコンディションを改善する方法ですので、自然な効果が長持ちします。

「針の長さ」で効果や痛みなどが違う

ダーマローラーは針の長さによって得られる効果や痛み、ダウンタイムが異なります。0.2mmや0.5mmは肌にとても優しくて、毛穴の開きやたるみ、シミを改善することができます。痛みやダウンタイムはほとんどありません。 酷い毛穴のたるみやニキビ跡の凸凹を治したい時には1.0mm以上が必要であり、効果は高くなりますがその分やや刺激が強くなります。タウンタイムはほとんどありません。1.5mmの針を使用すると出血しますのでダウンタイムが長くなりますが、毛穴の開きに大きな効果を発揮します。

毛穴の開きには「1.0mm~2.0mm」の長さが効果的

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 ダーマローラーを利用して本格的な治療を得たい場合には、針の長さが1.0mm~2.0mmのものを利用すると毛穴の悩みを改善しやすくなります。多少の出血をしますので初めて受ける場合は驚いてしまうかもしれませんが、治癒する過程で生成されるコラーゲンの量はかなり多くなりますので、頑固な毛穴の悩みも改善できます。 肌が凸凹として平らでなくなっている部分も滑らかになって、近くで見てもキメが整って感じるようになります。

毛穴への効果と効果が出るまでの期間は個人差がある

同じ針の長さで治療を行った場合でも、施術を受ける人によって効果が出るまでの期間や効果の大きさに差が出ます。これは肌の回復力やターンオーバーの周期がそれぞれ異なるためであり、元々の肌コンディションがかなり低下していて回復力が落ちている場合には効果が小さいと感じる傾向にあります。 また、老化によってターンオーバーの周期が長くなっている場合には、施術を受けてから効果を実感するまでの期間が少し長くなります。

ダーマローラーの毛穴治療の施術経過

輪郭と肌が綺麗な女性 施術の効果をしっかりと感じたい時には、1ヶ月に1回のペース5回ほど通う必要があります。つまり、治療には5ヶ月ほどの期間を要することになりますが、5回通えば毛穴の開きが大きくなって窪んでいるように見える部分もキレイになります。特に肌ダメージが深くまで達している場合には5回程度の施術が必須です。 大抵はこのくらい通うと肌が改善されますが、ダメージの状態が深刻な場合にはもっと多くの回数の施術が必要になるケースもありますし、軽い症状なら2~3回で良いケースもあります。

ダーマローラーを使用する時のポイント

セルフケアではなくクリニックで治療を行うのが適切

笑顔のクリニックの男性医師セルフケアでダーマローラーを行う人もいますが、肌に傷をつけるわけですからリスクの高い美容法ですので安全性に不安が残ります。 大切な肌を健やかに保つためにはセルフケアに頼らずにクリニックで治療を受けることが重要であり、クリニックならその人に合わせた適切な治療を行ってくれますので効率もアップします。ダーマローラーは元々肌トラブルを抱えている場所を改善するために行う治療ですので、セルフケアに頼ってはいけません。

治療前後の肌のケアをしっかり行う

洗顔をしている笑顔の女性針を刺してわざと皮膚を傷つける施術ですので、受けた後はばい菌が入らないようにしっかりと洗顔を行って肌を清潔に保つことが大切です。衛生面に問題が生じると炎症が引き起こされることもあります。 また、ダーマローラーの後は肌が乾燥しやすくなっていますので、毎日のスキンケアでは保湿をきちんと行って潤いがなくならないようにします。保湿をすることで肌の炎症が鎮まって外的刺激に対する抵抗力の低下を防ぐことができます。

ダーマローラーで毛穴の悩みを改善しましょう

ピアスをして綺麗な輪郭をしている女性の横顔 針で細かな穴を開けて傷をつけることで回復力を高めるダーマローラーは、毛穴の悩みを改善してくれる方法です。セルフケアで行う方法もありますが、安全に取り入れるにはクリニックで専門的な治療を受ける必要があります。

関連記事