まぶたの皮膚について|特徴やケア方法など知っておきたい情報をご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

まぶたの皮膚について紹介します

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目まぶたの皮膚は顔の皮膚の中でも最も薄く、ちょっとしたことでダメージを受けてしまいます。 特にこの部分がたるんでいると老けた印象になってしまいますし、悩みを解消したいという人も多いでしょう。その原因や対処法を知っておくのがおすすめです。

まぶたの皮膚は薄く、また保水能力も低い

顔の皮膚は体よりもデリケートということを知っている人は多いでしょう。特にまぶたの皮膚は薄く、外部からの刺激にとても敏感です。 また、この部分は皮脂腺が少なく保水能力も低いため、乾燥しやすいという特徴があります。さらに、もともと刺激を受けやすく、たるみやくぼみなどの悩みが起こりやすい部分と言われています。

まぶたの皮膚の悩み

アイプチのやりすぎなどで皮膚がたるんでしまう

アイプチなど二重まぶた形成化粧品を使い過ぎた場合、まぶたの皮膚がたるんでしまうことがあります。 これはまぶたの皮膚を接着するというものであり、目を閉じる時に貼り合わせた部分は伸びません。そのため他の部分の皮膚が引っ張られてしまいますし、過剰な負担がかかってしまうということです。 このような場合にマッサージを行った場合、さらにたるみが悪化してしまうので注意しましょう。

脂肪によって、垂れてきてしまう

脂肪はダイエットの大敵ですが、実は体だけでなく顔にもついてしまうことがあります。 顔の中でもまぶたに脂肪がついた場合、垂れてしまって目が小さく見えてしまうことがあるのです。 目というのは人に最も見られやすい部分であり、目元に脂肪がついてたるんでしまった場合、老けた印象になってしまうこともあります。そのため脂肪を落とした方が良いでしょう。

ハリがなくなり、加齢によるたるみやくぼみ

まぶたのたるみの悩みは加齢に伴って発生することがほとんどです。筋力は年齢を重ねるごとに落ちてしまいますが、目の周りの筋力も衰えてしまうのです。 また、加齢によって肌のコラーゲンが減少することも原因とされています。コラーゲンが減少すると肌のハリが無くなってしまいますし、たるみやくぼみが目立ちやすくなるのです。

まぶたの改善につながる方法

保湿

まぶたの悩みを改善したいという場合、きちんと保湿ケアを行うようにしましょう。バリア機能がしっかり保たれていれば外部の刺激から皮膚を守ることができます。 洗顔後はきちんと保湿することはもちろん、刺激の少ない保湿剤を選ぶこともポイントです。また、まぶたの保湿を行う際には目元用のクリームを使っても良いでしょう。

マッサージ

目元の筋肉は頭皮と繋がっており、頭皮をリフトアップすることでまぶたの皮膚を引き締めることに繋がります。頭皮をリフトアップさせたいという場合、マッサージを行うと良いでしょう。 髪の毛の生え際を親指以外の指で掴んで持ち上げ、そのまま20秒キープします。次に耳の上の頭皮を待ち上げて20秒キープし、眉毛を動かさずにゆっくりと20回瞬きをしましょう。

代表的な美容整形施術

サーマクールアイ

まぶたの悩みを解消したいという場合、サーマクールアイという治療を受ける方法があります。これは目元専用のサーマクールであり、眼球のある部位でも安全に施術できるように開発されています。 高周波を照射してコラーゲン生成を促すという施術であり、目元の悩みを解消する効果が期待できます。自身の再生能力によって新しいコラーゲンが生成されるため、効果が長く続くことがメリットです。 デメリットとしては肌の赤みが出てしまうことがあります。費用の相場は10万円となっており、ダウンタイムはないとされています。

埋没法

まぶたの悩みを解消したいなら埋没法を受けるという方法もあります。これは切ってたるみを改善するわけではありませんが、見た目をすっきりさせる効果が期待できます。 切る手術は不安だけれど、手軽な方法で悩みを解消したいという人に向いています。 施術時間が短いことや入院の必要がないなどのメリットがあります。デメリットとしては違和感が出てしまうことや元に戻ってしまうことなどが挙げられます。費用の相場は10万円となっています。ダウンタイムは個人差がありますが、2~3日程度がピークです。

眼瞼下垂手術

眼瞼下垂とは目元の筋力が落ちてしまい、まぶたが下がってしまっている状態のことです。このようなまぶたの悩みを解消した場合、眼瞼下垂手術を受けるのがおすすめです。 この施術のメリットは目が本来の大きさに戻り、目元の印象をアップさせられるということです。しかし、切開を伴うので痛みや腫れなどのデメリットも挙げられます。 費用の相場は自由診療だと50~70万円ですが、場合によっては保険が適用されることもあります。ダウンタイムは1週間程度となっています。

根本的に改善させるのであれば、美容整形を受ける必要がある

目を閉じている女性の目元まぶたの悩みを根本的に改善したいという場合、美容整形を受ける必要があります。 マッサージなどはなかなか効果が出ないこともありますが、美容整形なら即効性があります。最近ではダウンタイムが短い方法や傷跡が目立たない方法なども登場しています。 しかし、目元の皮膚は薄くてデリケートですし、丁寧に施術をしてくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

関連記事