眉間のしわについて|原因から対処法まで徹底特集

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

眉間のしわの原因と改善方法について紹介します

ニキビ・できもの・たるみができた額を指をさしている女性眉間にしわが入っていると、不機嫌そうに見えたり怖そうな人だと思われてしまうことがあります。原因は色々とありますが適切な改善法を取り入れることで薄くすることも可能ですので、自分に合った対処法を探すことが大切です。

眉間のしわの原因

クセ

眉間にしわができる原因で多いのが表情のクセです。物を見る時に力が入ってしまい、それがしわにつながってしまいます。 視力の悪い人が無理やり見ようとしたり、長時間のパソコンやスマートフォンの操作で目が疲れてしまうことも関係していますので、目を酷使することの多い人は表情にクセがないかを確認しなければなりません。

乾燥

肌には表皮層と真皮層がありますが、表皮層が乾くことも原因になります。顔は元々皮膚が薄いので乾燥リスクが高いのですが、特に目の周りは薄くなっていて自然な状態でも水分が失われやすい状態です。 眉間も例外ではなく皮膚中の水分を保持することが難しい部分ですので、乾燥しないようにスキンケアを充実させることが大切です。

コラーゲン不足

加齢と共に肌中の潤い成分であるコラーゲンが減っていくことでもしわになります。 水分が減りやすい場所は潤い成分の生成も上手く行われなくなりますので、眉間は弾力が失われやすい場所だと認識することが重要です。加齢だけでなく、肌ストレスが溜まったり他のトラブルによって引き起こされることもありますので注意が必要です。

就寝体勢

意外と気付かないことが多いのが、寝る時の体勢による影響です。寝やすい姿勢はそれぞれ異なりますが、うつ伏せに寝る人は肌が圧迫されてしまいますし、横向きでも顔の歪みの原因になってしわができやすくなります。 肌のことを考えると仰向けがもっとも良いとされていますので、できるだけ仰向けで寝る習慣を作ることが大切です。

視力不足

視力の悪い人は一般的に眉間にしわが入っていることが多いのですが、これは物を見る時に視点を合わせようとして目を細める表情をして眉間に負荷がかかるために起こります。 見づらいと感じていると力を抜こうとしても上手く抜くことができずに、絶えず力を入れて物を見るようになってしまいますので、視力不足の人は気をつけましょう。

眉間のしわの改善方法

マッサージ

改善したい時にはマッサージが有効です。ただでさえ眉間は皮膚の薄い部分ですので摩擦による刺激を避けるためにクリームなどを塗ってから行います。 程良い力で眉間部分を丁寧に揉みほぐすと固くなってしまった皮膚が段々と柔らかくなって、凝りも解すことができます。毎日1回マッサージを行うことを習慣にすると次第に薄くなります。

保湿

毎日のスキンケアでは保湿対策を徹底する必要があります。大事なのは高濃度の美容成分が含まれている美容液であり、エラスチンやコラーゲン、セラミドなどが含まれていると効果的なケアを行えます。 お風呂上がりの毛穴が開いた状態の肌に保湿化粧水をたっぷりとつけ、その上から更に保湿効果に優れた美容液をつけて、クリームや乳液で蓋をします。

ヒアルロン酸注入

美容皮膚科や美容外科で施術を受ける場合、ヒアルロン酸注入が有効です。注入すると凹んだしわを隆起させて改善させることができます。 安全性の高い方法であり、ダウンタイムもほとんどありませんので、手軽に行える対策として多くの人に利用されています。 持続性については3~12カ月ですので、定期的なメンテナンスが必要です。1回あたりの注入でかかる費用は2~5万円程度となっていて、利用する施設によって幅があります。

PRP注入法

最新医療の再生治療法であるPRP注入法が用いられることもあります。 自分の血小板を使って皮膚自体の再生力を高める方法であり、効果は2~3年ほどもちます。最初に注入してから効果を得られるまでの期間は1~2か月と少し長くなっていますので、この点には注意が必要です。 ダウンタイムは腫れが1~3日程度、内出血が1週間程度続くことがあります。最先端の治療法ですので費用は高めであり、20~40万円ほどかかるのが一般的です。

ボトックス

プチ整形として人気が高いボトックスも眉間のしわによく効きます。筋弛緩作用がありますのでしわを寄せる時の筋肉の動きを抑制し、しわが寄らないようにします。 1回施術を受けると3カ月~半年ほど効果が持続しますので、自分のタイミングでメンテナンスを行います。 注射で内出血を起こすこともありますが、2~3週間あれば綺麗になります。費用の相場は2万円~5万円ほどであり、繰り返し行うとなると負担が大きいと感じることがあります。

自分の症状に合った施術を選択することが重要!

頭にタオルを巻いて寝転んでいる女性の顔眉間に刻まれたしわを改善したい時には、まずはセルフケアでできることをやってみて、それでも効果がなければクリニックなどで専門の施術を受けることも可能です。治療法は様々ですので、しわの度合いや好みに合わせて選べます。

関連記事