稗粒腫の治し方について|原因から具体的な治療法など徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

稗粒腫の治し方について紹介します

望遠鏡をのぞいている女性稗粒腫は顔にイボのようなしこりができてしまう症状です。 1つくらいならあまり気にならないかもしれませんが、たくさんできてしまうと目立ってしまいます。このようなトラブルの原因や治し方について知っておくと良いでしょう。

そもそも稗粒腫とは?

稗粒腫とは皮膚の表面付近にできる小さな白い塊です。大きさは直径1〜2mm程度であり、老廃物の塊が白く見えているということです。目の周囲や頬、額などに発生することが多く、痛みや痒みなどの症状はないことがほとんどです。 毛包の奥や皮脂腺に線維性タンパク質や皮膚の角質が蓄積して発生することが特徴です。炎症などもありませんが、触ると固く尖っているように感じます。悪化することはないため、そのまま放置しても問題ありません。

稗粒腫の原因

乾燥

稗粒腫の原因として肌の乾燥が挙げられます。目元の皮膚はもともと薄く、乾燥しやすいという特徴があります。 常に目元が乾燥している場合はきちんと保湿ケアを行いましょう。ちなみに、皮脂の分泌量が多いという理由で何度も洗顔しているという人もいるかもしれません。 しかし、肌にはある程度の皮脂が必要ですし、皮脂を取り過ぎることも乾燥の原因になります。また、肌が乾燥していると余計に皮脂の分泌量が増えるため、皮脂が毛穴に詰まって肌トラブルの原因となります。

ターンオーバーの乱れ

稗粒腫の原因としてターンオーバーの乱れというものが挙げられます。肌にはターンオーバーと呼ばれる生まれ変わりのサイクルがあり、常に新しい肌に生まれ変わっています。 稗粒腫は毛穴に角質が蓄積することで発生するものであり、ターンオーバーがしっかり行われていれば予防できると言われています。 ターンオーバーは28日周期とされていますが、加齢やストレスなどが原因で遅れてしまうこともあります。ターンオーバーが遅れると毛穴の角質が上手く排出されず、蓄積されてしまうということです。

体質

稗粒腫の原因はいろいろありますが、最も大きな原因は体質と言われています。 ニキビなどの肌トラブルならスキンケアに気を付けていれば発生することはありません。しかし、もともとの体質によっては特に原因がなくても稗粒腫が発生してしまうことがあるのです。 体質によって発生すると聞くと不安に感じてしまう人もいるでしょう。しかし、この肌トラブル自体は特に健康に悪影響を及ぼすものではありません。発生しても気にならない場合はそのままにしておけば良いでしょう。

稗粒腫の治し方①レーザー治療

稗粒腫の治し方としてレーザー治療があります。 これは特殊なレーザーを稗粒腫に当て、表面を削って穴を開けるという治療です。そして、その穴から中の老廃物や角質などを取り出すことになります。 レーザーを当てるだけなので短時間で済みますし、傷跡が残りにくいというメリットもあります。レーザー治療の場合は1~3回で完了することが多いです。しかし、1~2週間経ってから次の施術を行う必要があるため、1ヶ月程度の機関がかかってきます。

レーザー治療の費用相場・最安値・最高値

レーザー治療の場合、保険が適用されることがほとんどです。そのため費用面での負担は少なくて済みます。 しかし、中には自由診療になっているクリニックもあるため、事前にしっかり確認しておきましょう。保険が適用される場合、費用の相場は1ヶ所あたり5000円となっています。最安値は2000円、最高値は7000円程度です。

稗粒腫の治し方②針を使う圧出法

稗粒腫の治し方として針を使う圧出法があります。これは多くのクリニックで行われている治療であり、中に溜まっている角質を押し出すという方法です。 針で稗粒腫を浅く刺し、中身を押し出すことになります。針で刺す時や押し出す時に多少の痛みを感じることもありますが、事前に麻酔を使ってもらえることがあります。 痛みが不安な場合はきちんと伝えておきましょう。治療は1回で完了することが多いですが、処置後は抗生剤の軟膏を塗っておく必要があります。

針を使う圧出法の費用相場・最安値・最高値

針を使う圧出法は保険が適用される治療です。 そのため比較的リーズナブルな価格で治療を受けられるということです。1回目の診察でかかる費用は1200円が相場となっており、麻酔のテープを使った場合は少し値段が高くなります。 最安値は1000円、最高値は1500円程度です。また、化膿止めの軟膏を処方してもらった場合、その薬の料金もかかります。

自分で行えるケア①生活習慣を改善する

稗粒腫の治し方はいろいろありますが、自宅で行える治し方もあります。 生活習慣が乱れていると肌トラブルも発生しやすくなるので注意しましょう。特に食生活が乱れている人はリスクが高まりますし、普段から脂質や糖質を多く摂取している人は控えることがポイントです。 野菜中心に肉や魚などもバランスよく食べることにより、稗粒腫の予防に繋がるでしょう。ビタミンAやビタミンB6、ビタミンCなどの栄養素を摂取するのもおすすめです。ビタミンAには古くなった角質を排出する働きがありますし、ビタミンB6やビタミンCにはターンオーバーを促進する効果があります。 また、睡眠不足は肌のターンオーバーを乱れさせる原因になるので注意しましょう。十分な睡眠時間を確保することはもちろん、質の良い睡眠を取ることも重要です。

自分で行えるケア②スキンケアを適切に行う

稗粒腫は古い角質が溜まることで発生すると言われており、スキンケアで角質を溜まりにくくすることがポイントです。 角質を溜まりにくくしたいという場合、角質のケアや毛穴のケアをきちんと行いましょう。角質ケアには肌のターンオーバーを整える効果や老廃物の排出を促すなどの効果があります。 角質ケアに効果的な成分の入った洗顔料や美容液、ローションなどを使うと良いでしょう。毛穴ケアを行うことで毛穴を綺麗に保てるというメリットがあります。毛穴を綺麗にしたいなら洗顔がポイントであり、強く擦らずに優しく洗うようにしましょう。

自分で行えるケア③ピーリングを行う

稗粒腫を治したいという場合、自宅でピーリングを行うという方法もあります。 これは専用のピーリング化粧品を使った方法であり、このような商品は薬局やドラッグストアなどで手軽に手に入れることができます。ピーリング化粧品を使用することにより、古い角質を物理的に溶かすことができるでしょう。 肌のターンオーバーを整えることができますし、定期的に行うことで綺麗な肌を取り戻すことに繋がります。しかし、成分によっては刺激が強すぎることもあるので注意しましょう。

稗粒腫が気になったらクリニックに相談しましょう

顎に手をついて考えている女性稗粒腫は良性のしこりですし、放置しておいても健康に悪影響を及ぼすことはありません。 しかし、目の周りにたくさんできてしまったら気になるものですし、除去したいと感じてしまうこともあるでしょう。これは自宅のケアで改善できることもありますが、なかなか効果が出ない場合はクリニックの相談するのがおすすめです。 クリニックでは一人一人の体質や悩みに合わせた最適な治療を提案してくれます。また、ドクターが施術を行ってくれるので安心して任せることができます。

関連記事