ハイドロキノンはそばかすにどのような作用があるのか徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

そばかすとハイドロキノンの関係について紹介していきます

調合しているクリニックの医師ハイドロキシンは外用薬としてよく用いられる薬ですが、主に美白効果が高い薬としても知られています。では、実際に使用する際に注意点はあるのか、その詳しい効き目や仕組みについても今一度確認していきましょう。

そもそもハイドロキノンとは?

ハイドロキシンの特徴は肌内部でメラニン成分が生成されるのを抑制し、見た目にシミやそばかすを解消していく事ができるという点です。市販薬として購入する事は出来ませんが、医療機関を受診すれば治療の一環として処方してもらうことが可能です。 ただ、このハイドロキシンには副作用となる症状もあらわれます。代表的な症状としては患部の赤みがあげられますが、薬を使い始めて3日ほどでこの症状があらわれやすく、患部の肌が炎症を起こしていることで引き起こされています。

そばかすにハイドロキノンが効果ある理由

メラニンの黒色化を抑える

そばかすの症状にどうしてハイドロキノンが用いられるのか、それは先に挙げたようにメラニン成分の生成を抑制する働きがあるからです。 そして、この薬は同時に、細胞内でのメラニンの受け渡しを防ぐこともできます。つまり、すでにしみやそばかすが出来てしまった場合でもそれ以上の黒色化を予防することが可能という事です。 メラニンが集中することでそばかすの色合いも濃くなっていきますが、これをより確実に予防できる、この点は患者にとっても大きなメリットとなっていきます。

メラノサイトを減少させる

そばかす治療にハイドロキシンが用いられる理由として、メラニンの生成を促す細胞、メラノサイトを減少させることができるという点が挙げられます。 すでにできてしまったメラニン色素を減らすだけでなく、その成分を生成する細胞まで減らしていくのですから、これ以上の治療はありません。 既にできてしまったしみやそばかすなどの症状はもちろんですが、アトピーやアレルギーなどの肌質改善にもこの治療はおすすめになってきます。

酸化したメラニンを還元して色を薄くする

そばかすの治療に用いられるハイドロキノン、この成分はメラニンを酸化させて体外に排出するという作用もあります。 新しい肌細胞が生成されることになるので、結果的に肌全体の調子も改善されていきます。気になるそばかすの部位だけを取り除き健康な肌を維持することが出来る、こうした観点から、そばかすやシミはもちろんですが、その他の肌トラブルの治療にもこのハイドロキノンの薬は用いられることも少なくありません。

ハイドロキノンの副作用

白斑

副作用として最も代表的な症状が、白斑です。これは外用薬を使用した部位だけ、色素が抜け落ちたような状態になることで、他の部位に比べて真っ白な肌が目立つようになっていきます。

赤み

ハイドロキノンを使用した際の副作用として、患部の赤みが挙げられます。これはメラニンにダメージをあたえる際に肌に炎症が起こってしまう事で引き起こされています。 本来であれば炎症が起きずにメラニンだけを弱らせていく事が出来るのですが、肌質が弱い人、アレルギー体質の人にはこうした炎症が起こりやすくなっていきます。

炎症・かぶれ

こうしたそばかす治療の副作用として、患部の炎症やかぶれなどもあげられていきます。先にも挙げたように、肌に必要以上にダメージが加われば炎症やかぶれの症状を助長させてしまうことになります。 こうした症状が心配な人はあらかじめハイドロキノンの含有量の少ない外用薬を使うなど、前もって注意していくようにしましょう。

そばかすにハイドロキノンを使用する時の注意点

冷暗所に保存する

そばかす治療に用いるハイドロキノンですが、その保管方法に注意が必要です。というのも、この薬は光によって変質が起こりやすいためその刺激を避ける必要があります。

使用期限を守る

そばかす治療に用いられるハイドロキノンにはその使用期限にも注意が必要です。 この成分は酸化や劣化がおきやすいともいわれているため、あらかじめ設けられている使用期限はしっかり守るようにしましょう。期限が過ぎてしまうと十分な効果が得られなかったり、あるいは副作用の症状が顕著になる場合もあります。

紫外線対策をする

そばかす治療のためにハイドロキノンを使用した場合、紫外線による影響を受けやすくなっていきます。 通常よりも肌が日焼けをしやすい状態になっているので、日焼け止めや日よけの使用を徹底していくようにしましょう。

妊娠中や授乳中の方は使用しない方がいい

妊娠中や授乳中の人はハイドロキノンの使用は勧められません。 肌内部のメラニン細胞を破壊する効果のある薬ですから、それがお腹の中の胎児、母乳を飲んでいる乳児に影響すれば大変です。不用意なリスクを高めないように、妊娠中や授乳中は治療を控えるようにしましょう。

そばかすにハイドロキノンの使う時のポイント

清潔な状態の肌に塗る

ハイドロキノンを使用する際には、成分が変質するのを防ぐために、そして成分がメラニン細胞により浸透するように清潔な状態を心がけていきましょう。 入浴後など、肌表面の汚れや汗がとれている状態で使用するのがお勧めになってきます。

綿棒等を使用する

そばかす治療にハイドロキノンを用いる場合には手で触れずに綿棒などを使って患部に薬を塗っていきましょう。 非常に効果の強い薬なので、それに触れただけでも見た目に肌質が変化してしまう恐れがあります。治療を進めたい場所だけに塗っていくこと、これが大切です。

事前にパッチテストをする

この薬は人によってはアレルギーを起こす恐れも出てきます。重大な症状が引き起こされた場合には、肌に跡が残ったりトラブルが起こったりすることもあるので、事前のパッチテストは欠かせません。 あらかじめ体質に合っているのかどうかをチェックする事、これを徹底していきましょう。

使用する際は、注意事項をしっかりと守ったうえで使用することが重要!

手のひらを向けて禁止や注意を訴えているクリニックの医師そばかすの症状を改善していく為にはハイドロキノンという外用薬がお勧めですが、この薬には注意しなければいけない点もあります。治療の際にはその注意点もしっかり把握した上で、医師と相談の上薬を使用していくようにしましょう。

関連記事