鼻根を高くする美容整形って??メリットからデメリットまで

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

鼻根を高くする方法が知りたい!

横顔が綺麗な女性 鼻が低いことを気にしている人はセルフセルフマッサージで改善しようとしている人もいるでしょう。セルフケアでの解決もありますが、美容整形施術を受けることによって直ぐに鼻根を高くすることができ、根本的に解決することができます。今回は美容医療による鼻根を高くする方法についてご紹介します!

鼻根を自力で高くする・高くなったと言う方法は効果が感じられない?

鼻根を自力で高くする為にセルフマッサージを行う方法があります。しかしながら、ある程度改善することができても完全に鼻の形を整えることはできないでしょう。自力で高くしたり高くなったと言われているような方法はあまり効果が実感することができないものが多く、長期間にわたって行わなければいけないのでモチベーションを維持するのに難しいことがあります。

鼻根を高くするには、整形施術を受ける方がいい?

鼻根を高くするには美容整形施術を受けた方が確実に効果を得ることができるでしょう。メスで切らないような施術もあるので傷跡が残らず、短期間でノーズラインを整えることができます。その場合、施術時間が短くダウンタイムが短いので長期の休暇を取る必要もなく施術を受けることが出来ます。

鼻根を高くする整形方法について

①ヒアルロン酸注入

鼻根を高くする整形方法としてヒアルロン酸注入があります。ヒアルロン酸は人体に害のない成分でできていて、注射することによって鼻の形状を美しく仕上げることが可能です。比較的リーズナブルな金額で利用することができ、施術時間が短いのも特徴です。短期間で効果を実感することができるとされており、副作用もほとんどないようです。傷跡も目立たないので周囲の人にばれることもなく、理想の形状に整えることができるでしょう。

ヒアルロン酸注入のメリット

ヒアルロン酸注入のメリットは、ダウンタイムが短いので効率良く治療することができます。また、施術の傷跡も残らなかったり施術時間も短いので気軽に施術を受けることができるでしょう。定期的に注射することによって形状を維持することができます。

ヒアルロン酸注入のデメリット

ヒアルロン酸注入施術のデメリットとしてダウンタイム中に腫れや内出血などを発生する場合があります。また、鼻の形状を維持するために何度か通院する必要があったり、まれにですが感染症などを引き起こすこともあるでしょう。

ヒアルロン酸注入にかかる費用について

ヒアルロン酸注入にかかる費用はクリニックよって異なりますが、だいたい2万円~3万円ぐらいでしょう。他の施術に比べると良心的な価格で利用することが可能です。クリニックによっては、セット料金でお得に施術を受けることができるところもあります。

②自家組織移植

鼻根の整形方法に自家組織移植があります。自家組織移植は軟骨や筋膜・真皮などの自分の組織を利用する施術方法です。自家組織を使っているので安心・安全で、自然に仕上げることができきると言われています。軟骨を使って施術するケースが多く、軟骨を採取する場所として耳介軟骨や肋軟骨・鼻中隔軟骨などがあります。アレルギーを起こすこともないので、リスクを低くして施術を受けることが可能です。傷跡があまり目立たないので人気があります。

自家組織移植のメリット

自家組織移植のメリットとして、組織の定着が早くずれたり動いたりすることもありません。自分の組織を使っているので副作用も少なく、安全性が高いと言われている施術です。鼻先をスマートな形状にすることができ、理想のラインに整えることができます。

自家組織移植のデメリット

自家組織移植のデメリットとして、通常耳の後ろ側にある軟骨をとることが多く目立たない部位ですが傷跡が残ることがあります。肋軟骨からとることもありますが傷口が目立ったり、術後に胸が痛くなったりダウンタイムが長くなることがあるでしょう。

自家組織移植にかかる費用について

自家組織移植にかかる費用についてはだいたい20万円~30万円くらいでしょう。自分の組織をとるのでその分料金がヒアルロン酸注入よりも高値になります。

③プロテーゼ(人口軟骨)について

鼻根の整形方法としてプロテーゼ(人口軟骨)があります。プロテーゼを鼻に挿入することによって、美しい鼻筋にすることが可能だと言われています。プロテーゼのデザインはアレンジすることができるので、医師と相談しながら自分の理想のノーズラインに整えることができます。傷跡もあまり目立たないのようです。麻酔を行うので施術中は痛みを感じることはなく、比較的施術時間も短いので効率的に理想のラインに仕上げることができるでしょう。

プロテーゼ(人口軟骨)のメリット

プロテーゼ(人口軟骨)のメリットは自分の好きな形状にアレンジすることができます。また、ダウンタイムが短く、施術時間も比較的短いので効率的です。次の日仕事などに行くことができ、周囲の人に施術した跡を気付かれにくいでしょう。

プロテーゼ(人口軟骨)のデメリット

プロテーゼ(人口軟骨)のデメリットはプロテーゼがずれることがあります。また、ダウンタイム中に腫れや内出血などが発生することがあり、まれですが感染症などを引き起こすことがあります。デザインに失敗するとアンバランスな印象を与える可能性があるでしょう。

プロテーゼ(人口軟骨)にかかる費用について

プロテーゼ(人口軟骨)にかかる費用はクリニックによって異なりますが、だいたい15万円~30万円ぐらいです。キャンペーンなどを利用すると安く施術を受けることができます。長期間効果を得ることができるので便利です。

④鼻切幅寄せ

鼻根の整形方法において鼻切幅寄せがあります。鼻筋をすっきりすることができ、鼻の骨を切って寄せることによって鼻が大きいなどの印象を改善することが可能です。鼻の根元の骨を削ることによって鼻を細く見せることができ、特に顔の正面から見た時鼻の骨が横に広がっている人に向いている施術です。半永久的な効果が得ることができ、短期間で効率的に理想の鼻を手に入れることができます。顔とのバランスを見ながらデザインしていきます。

鼻切幅寄せのメリットについて

鼻切幅寄せのメリットに関して、太い存在感のある鼻を細くすることが可能です。曲がった鼻やわし鼻なども修正することができ、メスを入れて施術しますが鼻の中から行うので傷が目立ちにくいでしょう。効果は半永久的に続くことができます。 鼻切幅寄せのデメリットについて 鼻切幅寄せのデメリットとして、削ると強度がなくなったり安定しなくなります。切り過ぎると細くなり過ぎてしまいますが、あまり切らないと効果に不満を感じる人もいます。切った後に修正したいという場合、元に戻すことは難しいでしょう。

鼻切幅寄せにかかる費用について

鼻切幅寄せにかかる費用はクリニックによって違いますが、だいたい約50万~60万円ぐらいが目安です。やや高値になりますが、骨を切ることによって根本的な原因を解決することができるので利用する人は多くいます。

美容整形の施術を受ける際は自分状態に適した施術を選ぼう!

綺麗な二重をした女性の目元 鼻根を高くするためにさまざまな美容整形施術があります。ヒアルロン酸注入やプロテーゼなどの施術があり、医師と相談することによって自分の症状に合った施術を選択することが可能です。それぞれメリットとデメリットがあるので事前に確認したうえで施術を受けるようにしましょう。

関連記事