アトピーの人でも脱毛が可能?そんな疑問にお答えします

このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛はアトピーでも可能?そんな疑問にお答えします

壁に背中をつけて座っている女性肌が敏感で荒れやすいアトピーの人はムダ毛を自己処理するたびに肌が赤くなったり、ひりひりしたりと肌荒れを起こしてしまいバリア機能が低下してしまう傾向があります。 アトピーの人が肌荒れの原因になる自己処理をしなくてもよくなる脱毛ができるかどうかを紹介します。

アトピーでも脱毛することができる

施術に使う光は黒い色のメラニン色素とだけ反応して毛を作る働きがある細胞にダメージを与えることができるため、肌の他の部分には影響がなく安全性が高いため、できない場合もありますが安心して脱毛することができます。

アトピー肌で脱毛をすることができない場合

炎症が出ている

アトピー肌の人が脱毛をすることができない場合は、肌に炎症が起きている場合です。 施術に使う光は黒い色のメラニン色素とだけ反応するので肌の他の部分に影響はありませんが、毛根の部分で熱が生じて肌に熱がこもることがあるため、炎症を悪化させてしまう可能性があるために炎症が出ている時には施術を受けることができません。

色素沈着が強い

脱毛に使う光は黒い色のメラニン色素と反応して熱に変わる性質があるため、色素沈着が強くメラニン色素の量が多い部分には照射をすることができません。 肌の中にあるメラニン色素と光が反応して肌で熱を生じる可能性があり、肌が炎症を起こしたりやけどをする可能性があることが理由です。日焼けをしてメラニン色素が肌に増えているときも脱毛できません。

薬を塗っている状態

肌荒れや炎症がひどくて薬を塗っている場合には、光が毛根に届きにくくなったり、薬と光が反応してしまったりする可能性があるため脱毛をすることができない場合です。 薬を塗る必要がある肌状態の時は、脱毛をしない方が肌のために良いことも施術できない理由になります。肌の炎症や肌荒れがおさまって薬を塗る必要がなくなってから脱毛するようにしましょう。

アトピー肌の脱毛する場合には医療機関で受ける方がいい

肌荒れしやすく、炎症を起こしやすいアトピー肌の人は、ドクターの管理の下で出力などを調整したり、肌の状態を診察してもらったりしながら脱毛をすることができる医療機関で施術を受けることがおすすめです。 サロンでも脱毛をすることができますが、医師が診察をして脱毛できるかどうかを判断したり、炎症を起こした場合などの対応を適切に行ってくれる医療機関がおすすめです。

アトピー肌の脱毛後のアフターケア

保湿ケア

アトピー肌の人は普段から肌が乾燥しがちで、肌が自分自身を守るバリア機能が低下していることが多いので、毛根の部分で熱が発生する脱毛をした後には熱で肌が乾燥しやすくなります。 脱毛後は保湿ケアをしっかりと行うことで肌荒れを防ぎ、次の脱毛の時の痛み対策にもなります。

紫外線対策

刺激に弱いアトピー肌の人は、脱毛の施術を受けた後に肌が敏感になりやすく、紫外線の影響を受けやすい状態になっています。 肌を露出しない服を着たり、肌に優しく刺激が少ない日焼け止めクリームなどを併用してしっかりと紫外線対策をするようにしましょう。

アトピーの方で脱毛が気になる場合はまずクリニックに相談しましょう

両手で顔をおさえている女性肌が弱く、かみそり負けや肌荒れを起こしやすいアトピーの人は、ムダ毛の自己処理をしない方が肌に良いのですが、ムダ毛をそのまま伸ばしておくわけにはいかないので脱毛することがおすすめです。 脱毛をする場合には、肌質や毛質を医師が診察してから施術をしてくれるクリニックに相談することをおすすめします。 クリニックでは医師の管理の下で安全に施術をしてくれ、肌トラブルが起きた場合にはすぐに医師が適切に処置をしたり、薬を処方してくれたりするので安心です。

関連記事