皮膚科で傷跡を消す方法は?形成外科との違いを解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

皮膚科で傷跡を消す方法とは?

あごに脂肪溶解注射やBNLSなどの注入施術を受けている女性怪我や手術などでは傷跡が残ってしまうこともあります。目立つ部分に残ったせいで人目が気になったりして、辛い思いをしている方もおられるでしょう。皮膚科では傷跡をしっかりと消すことが可能となっており、その方法などを詳しく説明していきます。

傷跡を消す治療を行なっている皮膚科・形成外科・美容皮膚科の違い

顎に手をついて考えている女性傷跡を消すための治療は複数の診療科で行われていますが、それぞれに特徴があるので、選ぶ際には気をつけましょう。 皮膚科は肌表面の病気やトラブルを解決することを目的としており、一般的な皮膚疾患を幅広くカバーしています。その延長で傷跡に効くような治療についても、取り扱うことが可能です。 形成外科も肌表面の疾患に対処しますが、どちらかと言うと腫瘤や先天性異常を取り除いたり、アザやほくろを除去するような手術を行います。より外科的な処置と言えるでしょう。 美容皮膚科(美容外科)は文字通り、美容整形などを行って美観を向上するためのものです。こちらは保険非適用な治療が多いので、治療費がかさむ場合が少なくありません。

傷跡の種類と具体的な治療方法

鏡をみて顔の肌にできたニキビやシミなどのできものを気にしている女性

皮膚科で治療ができる傷跡と消す方法

皮膚科では傷跡の処置について、クリニックや病院毎に差が出てくるので要注意です。選ぶ際には導入している機材や、どういう治療を行うかを確かめることが大切でしょう。 幅広く行えるのが塗り薬や飲み薬、注射などを使った治療になります。帝王切開などでまだ、傷が出来て間もない内から治療し始めることで、傷跡を上手に消したい時にも適しているのがこの診療科目です。 レーザーなどの機器を導入している場合であれば、より多彩なカバーできます。

形成外科で治療ができる傷跡と消す方法

形成外科では外科的手術を行えるのが特徴で、傷跡を切開して縫合し直すことで治療することができます。皮膚を移植したり欠損した体部を再形成することも可能です。他に骨折して歪になってしまった体の形を、正常化できるのもこの診療科目となります。 見た目の美しさにも配慮しながら治療していくので、切開手術の際にも跡が残りにくいように工夫しながら施術してくれるのも特徴です。縫合の際には肌表面ではなく、より深い箇所を縫い合わせる真皮縫合を使うなど、色々な手段が形成外科にはあります。

美容皮膚科(美容外科)で治療ができる傷跡と消す方法

美容皮膚科はレーザーなどの光学的治療機器を備えている場合が多く、傷跡修正ケロイド治療も行えるケースが良くあります。ピーリングを使って肌組織の入れ替わりを促し、傷跡を消していくことも可能です。 美容外科の方は治療範囲は形成外科とほぼ同様となります。疾患の治療ではなく、外観を美しくしたいと希望する一般の方への対応を重視していますが、傷跡修正が可能な場合も見当たるようです。リストカット痕の再切開と縫合で、目立たなくする治療などを行えるクリニックがあります。

傷跡を消すには早めに医療機関で治療を受ける事が大事

クリニックでレーザーや切開などの美容整形施術を行なっている医師傷跡はできるだけ早めに医療機関で診察を受け、適切な治療を考えたいものです。まだ治りきっていないような場合では、感染を防いだりすることで残りにくくなります。早めに治療すればその分は綺麗に治りやすいので、早めに相談しましょう。

関連記事