Eラインについて|美しい輪郭を作ることが可能な10の方法を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

Eラインについて紹介していきたいと思います

綺麗な横顔の女性の顔が3つ並んでいる一般的に美人と呼ばれる人に共通しているのが、Eラインが整っていると言われます。しかしEラインについて知識がない人も多いと思われます。今回はその作り方と魅力について具体的に説明していきます。

Eラインの概要

人の顔は正面からよりも横から見られる機会が多いです。正面は一面しかありませんが横顔には二面が存在するため、横顔は最も重要な部位であると分かります。 横から見て鼻先と顎先が一本のラインで繋がっている場合は、その人はEラインが整っていると言えます。個人差はありますが、基準は口元が引っ込んでいて顎がシュッと出ているかで分かります。西洋人はこのEラインが非常に綺麗に整っているため、正面や真横から見ても美しく見えるなどの魅力があります。

綺麗なEラインを作る方法:鼻を高くする

①マッサージ

整形をするのは抵抗がある場合、自分自身のマッサージで補うことができます。 目頭付近には蒙古襞という脂肪があるため、目の立体感がなくなって鼻も低く見えてしまいます。 しかし目頭のリンパマッサージを繰り返すことで、蒙古襞のハリが弱まり、目頭付近に立体感が生まれやすい状態ができます。もちろん一回やっただけでは効果はありませんが、継続することで徐々に目元の印象が変わってきます。

②鼻尖形成術

鼻の形によってはだんご鼻と呼ばれるものを解消することができるのが鼻尖形成術になります。 しかし鼻の細胞から解剖する過程を生じるため、技術がない医師によっては施術を断られるケースも少なくありません。 特にだんご鼻の原因が軟骨による場合は脂肪や軟部組織による場合と皮膚による場合によって効果も個人差が出てくる可能性もあります。

③鼻中隔延長術

鼻が高くても、先が上に上がっていると鼻の穴が全体的に強調されてしまいがちです。 そのため鼻の穴を下に見せることで、大人っぽい顔立ちに変化させることができます。主に両方の鼻の穴の中と鼻柱を切開することで鼻中隔を延長するために採取した軟骨を挿入して鼻中隔を下部に移します。 この施術は難易度が高いため、医師とのカウンセリングをしっかりと行う必要があります。

綺麗なEラインを作る方法:口元を引っ込める

①口元の筋肉を引き締めるエクササイズ

Eラインを結成するのは鼻も大事ですが、口元にも注目してみると良いです。 2000年前に定住していた縄文人は硬い肉を燻製にして食料を蓄えておく風習がありました。そのため硬いものを食べることで、口元の筋肉がしっかりと引き締まっていたと考えられます。 一方で現代人は硬いものを食べることが少なくなったため、口の筋力が衰えている傾向があります。一番良いエクササイズは噛む回数を増やすことが最適とされていますから、硬い物を食べるだけでも効果はあります。

②歯科矯正治療

歯科矯正治療を受けて口元を引っ込めるという施術も一般的になっています。 主に口元から歯が前方に出ている人にとって、この施術を受けることで横からの印象が改善すると言われています。歯の状態を変えるだけでもEラインが美しくなることから、多少の費用がかかっても積極的に考える人が増加しています。

③顎骨体移動治療

歯の他にも顎骨体移動治療の手段もあります。これは引っ込んでいる顎先を前方に出すために本来の顎の骨の位置を変えるという施術になるため、一見恐ろしい治療のように感じてしまいがちです。 それでも口腔治療技術は昔よりも発展しているため、最近では芸能人を中心に整形を試みる人も少なくありません。アジア人は顎先が引っ込んでいるためEラインが整いにくいのが難点ですが、顎を前方に出すだけで西洋人のような美しい顔を簡単に手にすることができます。

綺麗なEラインを作る方法:顎を細くする

①リンパマッサージ

顎が引っ込んでいる場合は筋肉も関係していますが、むくみの影響を考えられます。 むくみが激しい場合は水分の影響で顎先に立体感がなくなりやすいのです。特に冷え性の人は顔もむくみやすい可能性があるため、それを解消するためのリンパのマッサージが効果的です。 顎先を摘まむようにして左右上下に軽く動かすことで改善される場合があります。その際には皮膚に炎症が出てしまうと逆効果になるため、軽く摘まむことを繰り返すと良いでしょう。

②ヒアルロン酸注射

西洋人は顎先が出ていますが、アジア人は立体感がありません。それは顔の横幅も関係しています。 横幅が広い場合は顎の存在感が希薄になってしまうため、Eラインもはっきりと表れにくいのが特徴です。その際にはヒアルロン酸注射することで顎先をぷっくりと膨らませることができます。 よって顎先を綺麗に延長することができるため、誰でも魅力的なEラインを作り上げることができます。その人の顔にてきした量を注射するため、医師との相談を受ける必要があります。

③プロテーゼ挿入

理想的なあごのラインを作るのに最も適しているのがシリコンプロテーゼの挿入です。これは永久的な効果が実感したいと思う人にとってはかなり向いていると考えられます。 この手術では下唇の裏側2~3cm程を切開して、フェイスラインに合わせて最も理想的なあごの形にカットしたプロテーゼを骨の上に挿入します。 この施術の魅力は30分程度と短時間で完成できることにあります。また、口の中の粘膜は傷の治りが早いので、高齢になって治癒力がなくなってもお勧めできると言われています。

④顎短縮(骨切)

顎先は出ている方が魅力的ですが、逆に長すぎると違和感が生じることもあります。 中でも顎が極端にしゃくれているひとは、Eラインのバランスも崩れてしまう可能性も考えられます。よってオトガイの骨を切除予定幅で上下2本を水平方向に骨切りし、中間骨を切除すると同時に遠位の骨片を上方に固定します。 骨片移動を利用することで短縮と同時に前進や後退を行うことが可能になるのです。最近では女性に限らず男性もこの施術を考える人も多くなっています。

美容整形術をうける際は慎重なクリニック選びが重要!

顎に手を置いて何かを考えている女性美容整形術を受けるためには、どうしても医師の技術や費用に注目しがちです。しかし最も重要なのが施術前のカウンセリングの充実性であると言われています。 例え技術の面で評判があっても患者と医師とのコンタクトが少ない場合は、あまりお勧めのクリニックとは言い切れません。 また、顎や鼻は難しい部位で、医師も高い技術を求められるために、医師選びも慎重に行う必要があります。

関連記事