IPL脱毛とは|受ける前に知っておきたい基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛ができるIPL脱毛って?

顎に手を置いて何かを考えている女性 IPL脱毛は、主にエステや脱毛サロンで行われている脱毛方法で、特殊な光を使って脱毛が行われます。 脱毛効果が期待できるというメリットがありますが、その一方で、施術を受けられない場合があることや他の脱毛方法と比べると効果が劣ってしまう場合があるなどのデメリットも。 今回は、IPL脱毛を受ける前に知っておきたい基礎知識を紹介します。

IPL脱毛とは?

何かを思いついた女性 ipl脱毛は、キセノンランプというランプを使用した脱毛の方法です。 このランプはフォトフェイシャルのようなエステやクリニックの美肌治療でも使われている光で、黒い色素に反応するという性質があります。 毛に対して照射すると、毛のメラニン色素に反応して熱エネルギーを発生します。 発生した熱で毛乳頭という毛の生える元になる細胞にアプローチすることで、毛が生えてくるのを抑える効果が期待できます。 IPL脱毛で効果を発揮するのは成長期の毛だけといわれており、毛の生え変わりに合わせて施術を繰り返します。

メリット

IPL脱毛のメリットは、波長の長い光を使っているので、太い毛に対しても効果を発揮できると言われている点です。 照射できる範囲が広いので、短時間で広範囲の施術も可能なようです。 IPL脱毛では、脱毛しながら美肌効果が得られる可能性があります。

デメリット

メリットが多いIPL脱毛ですが、デメリットもあります。 黒い色素に反応する光を使用しているので、極端な日焼けをしている肌やホクロ・黒ずみがある場合は施術ができないという点です。 ホクロのような部分的なものであれば、シールを貼って隠して施術することができますが、その部分の毛には効果がありません。 また、黒い色素が強ければ強いほど反応するので、背中や顔のような産毛に対しては効果が弱いというデメリットもあります。

IPL脱毛の痛み

びっくりして驚いている顔 IPL脱毛の痛みは、光を照射する際に感じます。 濃い毛の方が反応が強いので、その分痛く感じる傾向がありますが、多くの場合、輪ゴムではじかれたような痛みで済むでしょう。 光の熱エネルギーによるものなので、痛みというよりも熱いと感じる人もいます。 光による刺激は一瞬ですが、部位を変えて照射は続けられるので、短い痛みが断続的に続くというイメージです。

IPL脱毛の注意点

人差し指を立てて注意点を示している女性 施術を受けた後の肌は、光による刺激を受けて、いつもよりもデリケートな状態になっています。 そのため、美容液やボディクリームなどで保湿を心がけましょう。 また、特に曇りの日や冬などはケアを怠ってしまいがちですが、想像以上に紫外線は刺激が強いです。脱毛をしている期間は、日焼け止め・日傘・施術部位が隠れるような服装をするなど注意が必要です。 さらに、脱毛期間中に自己処理を行う場合は、毛根から抜いてしまうような毛抜きやワックスなどは毛の生え変わりのサイクルを乱れさせる原因に繋がるので、電気シェーバーで自己処理を行なってください。

IPL脱毛の回数・費用

施術にかかる費用と予算を比較して悩んでいる女性 IPL脱毛による脱毛は、部位や体質などによって異なりますが、平均で8〜12回の施術が必要と言われています。 ワキの場合は、数百円〜数千円で受けることもできるようです。 ・全身:約20万円〜30万円 ・全顔:約10万円〜15万円 ・腕全体:約10万円〜20万円 ・脚全体:約15万円〜20万円 ・VIO:約10万円〜20万円 ただし、契約回数では足りなかった場合は、さらに費用がかかる可能性があるので、完了後の追加施術に割引制度があるかどうかなども確認しておきましょう。

IPL脱毛以外の光脱毛(SSC方式)との違い

光脱毛の中にはIPL以外にもSSC方式で行う脱毛があります。 SSC方式では、クリプトンライトとムダ毛の抑毛効果が期待できるジェルを使い、脱毛が行われています。クリプトンライトはIPL脱毛で使うキセノンランプよりも刺激が少ない光と言われており、痛みが少ないという特徴があります。 光を照射するという基本の形は同じでも、脱毛方法は異なるので事前にしっかりと確認しておきましょう。

IPL脱毛は永久脱毛の効果はない

頭を抱えて悩んでいる女性 IPL脱毛をすれば、ムダ毛が1本もないツルツルの状態になると思っている人は多いです。 しかし、この方法は永久脱毛の効果はありません。 毛乳頭を破壊することができる医療レーザー脱毛よりも弱い出力なので、ダメージが再生されてしまえば、ムダ毛も再生されてしまいます。 そのため、ダメージを与える程度で効果がとどまってしまう光脱毛は、抑毛・減毛が目的といっても良いでしょう。 施術後にムダ毛が生えてきてしまっても失敗したというわけではないので、事前に理解しておきましょう。

IPL脱毛が向いている人

IPL脱毛では、安い費用でムダ毛の本数を少なくしたいという人に、比較的向いている方法でしょう。 毛乳頭は残ったままなので、ツルツルの状態を目指す人には向いていないでしょう。 また、医療レーザー脱毛の痛みに耐えられないという方も、IPL脱毛であれば脱毛が受けられるかもしれません。

IPL脱毛を受けられない人

IPL脱毛に使われるキセノンランプは黒い色に反応するために、極端な日焼け・施術を希望する部位に黒ずみや色素沈着がある場合には、施術が受けられなくなってしまうことも。 色素の程度によって施術ができるかどうかが変わってくるので、心配な場合はスタッフに相談してみましょう。

家庭用のIPL脱毛は効果が薄い

悩んでいる女性 IPL脱毛は、エステやサロンの他に、自宅でできる家庭用のIPL脱毛器も販売されています。 しかし、家庭用なので出力が弱く、一時的に毛が生えてこないことはあっても、継続しなければすぐに毛は再生されてしまいます。 効果は薄いので、機械を買えばすぐにツルツルになることじは難しいです。あくまで自己処理の一部として、過度な効果は期待しないようにしましょう。

IPL脱毛のメリット・デメリットを理解して受けよう

海の近くで水着を着ているスタイルのいい女性 iplの施術にはメリットだけでなくデメリットがあります。 仕組みや特徴を理解して、受けるようにしましょう。 また、施術の目的は毛をなくすことではなく、本数を減らすことであるということを理解しておいた方が良いです。

関連記事