傷跡が残ってしまう場合の対処法について|原因や対処法などご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

傷跡が残ってしまう時の原因と対処法をご紹介します

クリニックでレーザーや切開などの美容整形施術を行なっている医師怪我や手術したことによって傷跡が残ったり皮膚に黒い部位ができてしまうことがあり、気にしている人がいます。黒い傷跡をきれいにする方法があり、症状に応じてさまざまな施術を選択することが可能です。施術を受けることによって元の状態にすることができるでしょう。

傷跡が残る原因

①傷が真皮にまで到達したこと

傷跡が残る原因には傷が真皮にまで到達してしまったことによって残ってしまうことがあります。 外側の皮膚から表皮・真皮・皮下組織と分かれていて、傷跡が残ってしまうのは真皮以下の深いレベルの位置において傷が到達した場合になります。 真皮以下の場合ターンオーバーがほとんど行われないので、修復される期間が年単位といった長い期間になるため後に残ってしまことが多いでしょう。傷の深さが重要な要素になります。

②皮膚の老化が影響している

傷跡が残る原因として皮膚の老化が影響しています。通常皮膚はターンオーバーを繰り返していて生え変わりを行いますが、老化の影響によってこのサイクルが遅くなることがあります。 皮膚の外側にある表皮の部分は数日~数週間ぐらいで頻繁に生え変わる仕組みになっており、傷ができたとしても新しい皮膚に生まれ変わるので傷跡が残りません。皮膚の老化や加齢の影響によって傷の治り方が遅くなったり再生しにくくなっているのです。

傷跡が残った場合の対処法

①市販の外用薬を使用する

対処法として市販の外用薬を利用する方法があります。各メーカーからいろいろな種類の塗り薬がリリースされているので、自分に合った薬を選択することが可能です。 塗り薬の場合リーズナブルな価格で購入することができたり、ドラッグストアなどに購入することができるので手軽でしょう。あまり即効性がないので、長期間塗らなくてはならなかったり毎日のケアが必要になります。黒い傷跡などはある程度改善することができるでしょう。

②ピーリング治療

傷跡が残った場合の対処法としてピーリング治療があります。ピーリング治療はお肌に特殊な薬剤を塗り、その効果によって傷跡はもちろん古い角質や毛穴などにある角栓などの老廃物も取り除くことができる治療です。 痛みはほとんどなく、ピーリングをすることによって黒い傷跡や古い角質、老廃物なども一旦リセットすることができるでしょう。お肌のターンオーバーをサポートすることができ、美容整形などとしてもよく利用されています。

③レーザー治療

傷跡が残る場合の対処としてレーザー治療があります。レーザー治療は非常に有効的で炭酸ガスレーザーやヤグレーザーなどを使って傷跡の段差を削ったり平坦にすることができるので、跡を残さずにきれいに治療することが可能です。 レーザーで削った部位は治るまで湿潤環境を維持しなければならないので、保湿クリームなどによってケアを行います。シミやそばかすなどにも利用することができ、美容整形として多くの人が利用しています。

④切除縫合術

傷跡が残った場合の対処法として切除縫合術があります。切除縫合術は傷痕を切除し縫い合わせる施術です。 ダウンタイムが長く落ち着くまで3か月~半年ぐらいかかりますが、きれいな仕上がりに整えることができます。個人差がありますが、赤みや硬さなどがあるのでテーピングを行うなどのアフターケアが必要です。 最初は赤らみがありますが、半年もするとかなりきれいな状態になり元の状態に改善することができます。足などの通常目立たない箇所を施術する人がいます。

傷跡が残ってしまっている場合は一度クリニックに相談することが重要!

クリニックの男性医師傷跡が身体に残ってしまって悩んでいる場合、一度クリニックに相談してみると良いでしょう。 自分の症状に合ったレーザー施術や切除縫合術などの施術をアドバイスしてくれたり、丁寧なカウンセリングを受けることが可能です。 施術する際リスクや不安に関してもよく相談しておき、施術内容や費用に関してよく確認しておくとよいでしょう。モニター制度やキャンペーンなどを利用すると、通常料金より安く体験することができます。

関連記事