手術跡を消す方法について|具体的なケア方法や修正方法などご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

手術跡を消す方法について紹介します

驚いてメガネを外している女性病気や怪我・事故などによって手術した後の傷を気にしている人は多く、いろいろなクリームなどを塗ってケアしている人がいるでしょう。手術跡を消す方法がいくつかあり、傷跡を改善したり元の状態にすることが可能です。

手術跡(縫合跡)について

軽い怪我などの場合は傷跡があまり残らないできれいに消えるものがありますが、手術跡の場合は残るケースがあります。 通常皮膚が再生するのは毛穴が残っているような皮膚層のレベルまでで、傷ができた皮膚の中に毛穴があると表皮細胞が真皮の上に出て正常な皮膚を増殖することが可能です。 毛穴が失われるような深い傷になると真皮の上に表皮細胞がないので正常な皮膚の増殖ができなくなり傷跡が残ることになり、場合によっては手術跡が残ることがあります。 ※手術跡は残ることがある 手術跡はしばらくすると消えるものと、体の部位によって消えにくい部分があります。皮膚の薄い部位は比較的元の状態に戻るのは速いですが、過度に動かすような肩や肘周囲、膝周囲などの傷はなかなか消えにくくなっています。 生まれつきの体質によってきれいに治る人や、なかなか治らない人もいて手術を受けた後のケアが重要になってくるでしょう。患部をなるべく安静に維持したり、テーピングなどを工夫することによって傷自体の治りを早めることができます。

手術跡を消す方法①市販の塗り薬を使用する

手術跡を消す方法として、市販の塗り薬を利用する方法があります。各メーカーからいろいろな種類が提供されていて、比較的リーズナブルな値段で購入することが可能です。 適量を適切に塗ることによって跡をきれいにすることができます。即効性はなく時間がかかりますが、副作用やリスクも少ないので安心・安全に利用することができるでしょう。

手術跡を消す方法②レーザーによる治療

手術跡を消す方法として、色素レーザーやヤグレーザーなどを用いて施術する方法があります。 さまざまな種類の傷跡の治療に対応することができ、治療効果が高く種類によっては手術でも改善が期待できないようなものにも効果があります。 治療は1ヵ月~3ヵ月に1回行い治療回数は1回~10回くらいかかるケースもあるでしょう。個人差があるので施術を受ける前にきちんと医師と相談し、スケジュールを組んでおくと効率良く施術を受けることが可能です。

施術費用相場

手術跡をレーザー治療で除去する場合の費用として、クリニックによって異なりますがだいたい1cmぐらいで3,000円~5,000円ぐらいで、1cm×1cmぐらいになると1万円~3万円ぐらいになるでしょう。

手術跡を消す方法③形成外科手術による修正・除去

手術跡を消すのに形成外科手術を受ける方法があります。傷跡の幅を狭くしたり目立ちにくくしていくことが可能です。 まず傷跡の周囲を計画的に切開したり切除していきます。跡が少しでも小さく狭くなるように形成外科的縫合を用いて真皮を縫い寄せることが可能です。 Z形成術などのいろいろな技術を利用し皮膚割線に近づけるよう縫合線を変化させていきます。傷後を小さくすることができたり、でこぼこした形状もきれいに修復することができるでしょう。

施術費用相場

手術跡を消すのに形成外科を利用した場合の費用は、クリニックにもよりますがだいたい1cmあたり20,000円~40,000円ぐらいで、1cm×1cmになると50,000円~100,000円ぐらいになるでしょう。

術後暫く経っても傷跡が消えないようならクリニックに相談すること!

笑顔のクリニックの男性医師術後しばらくたっても傷跡が消えないようならクリニックに相談する方法もあります。 医師と相談すると傷跡にあった適切な施術や治療方法などをアドバイスしてくれたり、施術を受ける際にカウンセリングが行われるので不安や悩みに関して相談することができるでしょう。レーザー治療などを受けることによって傷跡を改善することが可能です。

関連記事