ピーリングで起こりうる副作用とは|症状・原因・予防策を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ピーリングで起こる副作用って...?

顎に手をついて考えている女性 ピーリングには、角質や老廃物の除去・肌のターンオーバーの正常化・キメを整える・毛穴の引き締めなど、肌へ様々な効果が見込める方法です。 ピーリングは主に、自宅で行う方法と美容皮膚科などクリニックで行う方法などがありますが、どれもメリットだけでなく、副作用が起こることがあります。 起こる可能性があるという副作用は一体どんなものなのでしょうか。 今回はピーリングで起こりうる副作用の症状とその原因、予防策を紹介していきます。

ピーリングとは?

顔の輪郭と顎をマッサージされている女性 ピーリングは、酸の力を使って角質を剥がす効果が期待できる薬剤や、物理的な力で強制的に剥がしていく物理的なものを使って行われる角質ケアの一つです。 ピーリングを行うことで、古い角質を取り除いたり、肌を活性化させたりすることができると言われている方法です。 主にシワ・シミ・ニキビなどの肌トラブルの改善美肌ケアとして行われています。 ピーリングで肌表面に溜まった古い角質を取り除くことで、ターンオーバーの正常化・肌トラブルの改善に効果が期待できるでしょう。

自宅で行う方法と美容皮膚科で受けるピーリングの違い

自宅で行う方法でも、美容皮膚科で行う方法でも、特殊な薬剤や専用の器具を使ってピーリングを行います。 この2つの違いとしては、薬の濃度や、器具の出力などが異なってきます。自宅で行える方法は、誰でもできるものとして、一般の方でも取り扱いやすいものになっています。 一方、美容皮膚科などの医療機関では、高い効果を期待できるため、資格や知識がなければ取り扱いにくいような物が使用されます。 そのため、自宅で行う方法は、ピーリングを継続することでその効果が見込めますが、効果を感じられるまでには時間がかかってしまいます。 そこで、即効性と高い効果を望む場合には、美容皮膚科など医療機関でしか取り扱いできないピーリングを受けると良いかもしれません。

クリニックで行われているピーリングの種類

眠っている女性

薬剤(酸)で角質を溶かすもの

美容皮膚科などのクリニックで行われているピーリングには「ケミカルピーリング」という特殊な酸を使用することで角質を剥がしていくという方法があります。 使われる薬剤は主に、サリチル酸グリコール酸アルファヒドロキシ酸(AHAやフルーツ酸)です。 肌の状態に合わせた酸性の薬剤を使用し、肌の表面に蓄積された角質や老廃物を除去することで、肌のターンオーバーを正常化させることができるでしょう。

物理的な力(酸以外)で剥がすもの

酸のような薬剤以外の物理的な力で行うピーリングとしては、レーザーピーリングダイヤモンドピーリングクリスタルピーリングなどがあります。 物理的な力によるピーリングも、薬剤によるピーリングと基本的な仕組みは同じですが、どちらかというと、肌のキメ・引き締め・毛穴の開きなどを目的に行われることが多いようです。 また、これらの方法は肌質を選ばないという特徴もあります。

ピーリングの副作用

びっくりして驚いている顔 ピーリングは比較的安全性の高い施術と言われていますが、それでも副作用やデメリットは0ではありません。 ピーリング後の主な副作用としては、赤み・ヒリヒリ感・乾燥などです。 いずれも症状が落ち着くまでは、次の施術を受けることは避け、処方された薬や普段使っているボディクリームなどでアフターケアを行なってください。多くの場合、約2,3日で治ることが多いようです。 また、施術後は肌がデリケートになっているので、紫外線に直接当たらないように、日焼け止め・帽子・日傘・施術部位が隠れるような服装など対策を行いましょう。 肌荒れが起きた場合は、自己判断でケアをしたり、そのままの状態にしておくと、シミが残ってしまうこともに繋がりかねません。処方された薬を使用する他、早めに医療機関に相談してください。

ピーリングで副作用が起きる原因

頭を抱えて悩んでいる女性

使用頻度

ピーリングを頻繁に行なってしまうと、お肌を傷めてしまう可能性があります。 そのため、自宅で行う場合には、化粧品や器具に記載されている使用頻度を守って施術を行なってください。美容皮膚科など医療機関で受ける場合には、医師とよく相談し、スケジュールを決めていきましょう。

肌に合っていない

ピーリング自体が肌に合っていない人がいます。 例えば、乾燥肌・敏感肌のようなタイプの方、皮膚が薄い方も、逆に肌を傷つけてしまう恐れがあります。事前に医師としっかりと話し合って方法を決めてくださいね。

ピーリング後のケアが不十分である

ピーリングで副作用が起こる原因として、施術を受けた後のケアが原因となっている場合があります。 肌の保湿・触れるなどの刺激・紫外線対策といった点に配慮してアフターケアを行いましょう。

クリニックでのピーリングは副作用が起こる可能性が高い

頭を抱えて失敗や後悔を悩んでいる女性 医療機関であるクリニックでピーリングをすれば、副作用のリスクは低いのではないかと思ってしまう方も少なくありません。 しかし、高濃度なピーリング剤を使用したり、レーザーなど物理的なものでピーリングを行なったりするので、自宅で行うよりも肌に負担がかかり、赤み・ヒリヒリ感などの副作用が起きる可能性が高いです。 特に、初めて施術を受けるという方は副作用が起こりやすいので、術後のスケジュールを確認した上で施術を受けるようにしてくださいね。

ピーリングで副作用を引き起こさないために...

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

ターンオーバーが遅くなっている時に行う

ピーリングで副作用を起こさないために、ターンオーバーが遅くなっている時にピーリングを行うのが良いと言われています。 皮膚のターンオーバー時期に合わせて施術を行うと効果があり、約28日程度の期間を空けて次の施術を受けるとトラブルを少なくすることができるでしょう。

調子の悪い時はピーリングをしない

副作用をあまり引き起こさないために、身体の調子が悪い時などはピーリングをしない方が良いでしょう。 お肌はデリケートなので調子の悪い時にピーリングを受けると、お肌の状態を損なったり改善するのに時間がかかることがあります。 体調が悪い時は、肌がデリケートな状態になっていると言われています。そのタイミングでピーリングを受けてしまうと、普段よりも赤み・ヒリヒリ感などが増してしまうこともあるので注意してくださいね。

ピーリングは適切な方法で行うことが重要

顔のパックでスキンケアしている笑顔の女性 ピーリングといってもその方法は様々で、自宅で行えるものから美容皮膚科などのクリニックで行えるものまであります。 この方法が良いという自己判断ではなく、どの方法が今の肌の状態と合っているのかをしっかりと見てもらった上で、どのピーリングを行うか決めてくださいね。 また、適切な方法であっても、受ける時期や体調が優れない時によっては副作用を引き起こしてしまう可能性もあります。 ピーリングを受ける際は、そういった面を考えながら受けるようにしましょう。

関連記事