プラセンタ注射の効果はいつから?そんな疑問にお答えします

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

プラセンタ注射の効果はいつから?そんな疑問にお答えします

注射を持って注入しようとしている男性プラセンタ注射には疾患の治療以外にも美白や美肌、アンチエイジングなどさまざまな効果があるので、美容目的で施術を受けたいと考えている人も多いと思います。プラセンタ注射を受けた場合、効果はいつから出てどれくらい持続するのでしょうか。

そもそもプラセンタ注射とは?

プラセンタ注射とはプラセンタ注射薬を注射する治療法のことで、メルスモンとラエンネックの2種類の薬剤があります。メルスモンの場合は皮下注射のみ、ラエンネックは皮下注射もしくは筋肉注射と、薬剤によって使用方法が少し変わります。 プラセンタの成分には成長因子があり、この成長因子が新陳代謝を促して細胞を活性化するので少量でも高い効果が期待できます。 主に慢性肝疾患治療や更年期障害などの治療のために使われてきましたが、最近ではシミやシワ、たるみの解消など、美容目的としても多く利用されています。

プラセンタ注射の効果はいつから感じることが出来るか

プラセンタ注射の効果はいつから感じられるようになるのでしょうか。 美容目的の場合特にいつから効果が出るのかという点が気になる人は多いと思います。プラセンタ注射には即効性があると言われています。 具体的にいつから効果を実感できるかというと、2,3後といったところです。大体注射をしてから2,3後くらいにはで肌のハリやつやを実感する人が多いようです。 そのため、同窓会や結婚式などの特別なイベントの前にすぐにきれいになれる方法として、プラセンタ注射を選択する人もいるようです。

持続時間

即効性のあるプラセンタ注射ですが、一度したからと言って永久に効果が持続するものではありません。持続するのは2~3日程度だと言われています。 びっくりするほど短いと感じられるかもしれませんが、プラセンタ由来のアミノ酸は体へ吸収されやすいので、持続力もそれほどありません。 注射をして顔のシミやシワが解消されたとしても、新たなトラブルは発生するので、美肌を保つためには、常にプラセンタが体内にある状態をキープする必要があります。効果を継続させたい場合は、定期的に注射を打つようにしましょう。

効果を継続的に感じたい場合は、頻繁に打ち続ける必要がある

効果を持続したい場合は、最初の1ヵ月は週に1~2回と、頻繁に注射を受ける必要があります。 プラセンタ注射は継続していると効果の持続時間が長スパンにわたってなっていくようなので、しばらくすれば2週間に1回のペースでもよくなります。 体の中にダイレクトにプラセンタを入れて、細胞へ働きかけを行うため、注射をするたびに体中の細胞が若返って元気になっていきます。 細胞が若返ると肌の機能が回復し、プラセンタ注射の効果も長期間にわたって続くようになるので、定期的に継続して打つことが大切です。

プラセンタ注射の1回の施術費用

美容目的でプラセンタ注射を打つ場合は自由診療になり、保険が適用されないので、医療機関によって価格の設定はさまざまです。 1回の施術につき、2~3アンプルを使用しますが、1アンプル1000円~3000円が大体の相場となります。そのため、1回の施術費用は2000円~9000円が目安となります。 1回の施術が1000円といった低価格のメニューを提供しているクリニックもありますが、プラセンタの量が少なかったり、純度が低い可能性があるので、注意しましょう。

プラセンタ注射を受ける上での注意点

プラセンタは血液中に注入するとショック症状が出る可能性があるため、筋肉注射か皮下注射ということになっています。 しかし、注意が必要なのがビタミン剤などを加えたカクテル注射です。この場合、静脈注射や点滴という方法をとっている場合が多く、ショック症状などの副作用を起こしてしまう危険性があります。 このように、手軽な注射と言ってもリスクはあるので、担当医の知識や技術は十分かという点についても確認が必要です。

予めしっかりと確認したうえで施術に臨むことが重要!

調合しているクリニックの医師プラセンタ注射は施術後2,3日程で効果を実感できますが、持続時間が短いので定期的に注射を打つ必要があります。 自由診療の場合、価格は様々ですが安いものは質が良くない可能性があります。また、注射を受ける際はカクテル注射ではないか、担当医の技術は十分かといった点についても十分確認するようにしましょう。

関連記事