プラセンタ注射の頻度について|費用や持続日数など知っておきたい情報特集

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

プラセンタ注射の頻度について紹介します

眉間にボトックスやヒアルロン酸などの注射を打っている女性プラセンタ注射は疾患の治療だけではなく、美容目的で受ける人も増えてきています。アンチエイジング効果や美白効果など、女性にとっては嬉しいメリットがたくさんあるプラセンタ注射ですが、どのぐらいの頻度で注射を受ければ良いのでしょうか。

そもそもプラセンタ注射とは?

プラセンタ注射薬は、日本国内の正常分娩で生まれた人の胎盤のみから作られた薬剤で、厚生労働省で医薬品として認可されているものです。 プラセンタの成分である成長因子には細胞の新陳代謝を促し、細胞の増進・促進を促す効果があります。そのため、少量でも高い効果を感じることができます。 プラセンタ注射は、更年期障害や生理不順などの女性特有の悩みの他、シミやシワなどの肌トラブル、うつ病や自律神経失調症など、さまざまな悩みの解消に効果的だと言われています。

効果が得られるまで、自身の肌の状態を確認しながら受け続ける必要がある

プラセンタ注射は、プラセンタエキスを体内に直接取り入れられる方法なので、サプリメントと比較しても効果が出るまでの期間は比較的短いことが多いようです。 しかし、すべての人にすぐに効果が出るわけではなく、個人差があります。美容目的で受ける人は即効性を期待してしまうかもしれませんが、年齢や肌質、生活習慣などによっても効果は左右されます。 一見効果がないように見えても体内にプラセンタの成長因子が取り入れられていることは確かです。自身の肌の状態を確認しながら効果を感じられるまで受け続けるようにしましょう。

プラセンタ注射の施術頻度

プラセンタ注射を受ける頻度ですが、常にプラセンタ成分が体内にある状態を維持するのが理想的なので、最初の月は週に3回程度は病院に通い1回2~3アンプルほど受けるのが理想的な頻度だと言われています。 特に初めの1ヵ月は、頻繁に病院に通って集中的に注射を打つことが推奨されています。2ヵ月目からは1~2アンプルを週に1回などと頻度を減らしていくと良いでしょう。継続が一番大切なので、効果が出た後も注射を受け続けることが大切です。

プラセンタ注射の1回の効果の持続日数

注射はサプリメントに比べて即効性があり、効果の現れ方は早いですがその分薄れてしまうのも早く、効果の持続期間は1アンプルで2日程度です。 短いと思われるかもしれませんが、プラセンタはアミノ酸からできているため、体に吸収されやすく、持続力は低いものになります。 ですので、常にプラセンタ成分が体内にある状態を継続するために、最初のうちは頻繁に病院に通って集中的に打つ必要があります。しかし、プラセンタ注射は回数を重ねるとともに持続時間が延びていくので、徐々に頻度を減らしていくことができます。

プラセンタ注射の1回の施術費用

プラセンタ注射には保険診療と自由診療の2種類があり、肝機能障害や更年期障害などの場合は保険が適用されるので安価に治療を受けることができます。 しかし、美容目的の場合は自由診療になるので医療機関が自由に価格を決めることができるため、価格にばらつきがあります。1アンプル1000円~3000円程度で、1回の施術につき2~3アンプルを使用するため、1回の施術費用は3000円~9000円程度となります。 格安の医療機関もありますが、プラセンタの量が少なかったり、純度が低い可能性があるので注意しましょう。

プラセンタ注射を受ける上で注意すべき点

プラセンタ注射薬に複数の薬剤を混合したカクテル注射には注意しましょう。 この方法は未認可の投与法で、血圧低下、ショック状態、呼吸困難などを引き起こす危険性があります。 混合させた他の薬剤との相互作用により思わぬ危険を招きかねません。美容クリニックではカクテル注射のメニューが紹介されているところも多いですが、安全性を考慮して治療の選択をしましょう。 また、担当医の技術や知識も治療成功のために必要なので、薬剤に関する知識や治療の実績などに注意して担当医を選ぶことも大切です。

クリニック選びは慎重に行うことが重要!

海で髪をかきあげている横顔の綺麗な女性プラセンタ注射の効果があらわれるまでの期間には個人差があり、大切なのは継続して受け続けることです。 始めは頻繁に注射を受け、徐々に頻度を減らしていくようにしましょう。美容目的の場合は価格はさまざまですすが、クリニックを選ぶ際には、価格だけではなく、安全性なども考慮して選択しましょう。

関連記事